引越し

8月18日にPiso(Flat)の契約。
今回もFurnished(家具付き)の家です。

7月に探しに来た時は、前住人(多分フラットシェアしていたと思われる)たちの私物があふれていて、何が私たちに引き継がれるのかわからなかったのですが、大家さん(スペイン人のおばあちゃん)が、私たちが二人で住むことを考えて、多少アレンジをしてくれました。

例えば、ベッドを一つ撤去してそこを勉強部屋にしてくれたり、リビングにはサイドボードを新たに買ってくれたり、ベッド用のシーツも新しいのを揃えておいてくれたり(趣味はちょっと。。微妙だけれども、、)、タオルも少し用意してくれたりと、なかなか親切。
もちろん全部IKEAでしたけどね^^

その日は家の契約が済んだ後、外に出てしまったのだけど、あとから考えればこれが大失敗。。

この家のキッチンには今までの人が置いていったと思われる、どう見てもきれいとは言えない食器(欠けていたり洗ってないものも。。)やカトラリー、調理器具などがた~くさんありました。
でも私はあらゆるものを持ってきているから何一つそこから借りる必要はありません。
だからはっきり言ってジャマ!

当日も「これはいりません」って言ったのですが、「とりあえず必要ないのなら別にして置いておいて。スペースはたくさんあるし。。」と言われました。
スペースはたしかにたくさんあるけれど、私たちの荷物は本当に多いからなぁ。。

その不要な物を契約後に片付けておくべきだった。。

あとはお掃除が全然されていないことをもっとちゃんと認識しておくべきでした。


翌朝、時間通りに引越し屋さんが来てくれ、荷物がどんどん運び込まれてきました。
(前夜はまだホテルに泊まったので、私たちも引越し屋さんの時間に合わせて家に到着)

事前に何番の段ボールはキッチンへ、リビングへ、ベッドルームへ、、という指示表を記入して渡したし、段ボールの蓋のテープをすべてカッターで開けてくれていたので、利用者思いのとてもサービスの良い引越し屋さんだと思います。

私はキッチンにこもり、頑張って箱から食器を出していたけれど、それよりもまずは置くスペースの確保からしなければなりませんでした。
さらに欲を言えば、何をどこに置いて、、っていうのを普段の動線なども事前に頭に浮かべながらイメージしておけばよかった。。

ものすごいスピードでどんどん段ボールが到着するのとは対照的に、私の開封作業は全然進まない。。

時々引越し屋さんが「空いた段ボールはありますか?」って聞きに来てくれたのに、なかなか空かず、結局この日渡せた空き箱はほんの数箱でした。
ここでもっと箱を空けられていればスペースも確保できるし、通るのにも楽だったのに。。

しかも本当に暑くて暑くて。。
ちょっと動くだけでも汗がタラタラ。。
久しぶりに汗がかけるのはある意味嬉しいのだけど、でもやっぱり暑いのはツライ。。


何より驚いたのは洗濯機。
ホテル暮らしがしばらくつづいたので、汗をかいたTシャツを洗いたいっ!と思っていました。
(下着程度なら手洗いしてきましたが)

それでいざ洗濯機を開けてみると、洗剤を入れるポケットが古い洗剤の塊がベットリ。
そしてそのポケットを外して中を覗いてみると、、
オエ~っ。。
って、気絶しそうなほどのヒドイ状態。

もう何年も掃除していないのが明らかなほどカビだらけで、ちょっと吐きそう。。
こんなんで洗濯したらかえって病気になっちゃう、、。

あまりにショックでこの日洗濯はできず。。

全体的に、見えるところはまぁまぁなのですが、バスルームなどの水回りはやっぱりものすごい汚れていて、荷物の片付けよりも何よりもまず掃除っ!!

そうでなければ気持ち悪くて仕方ない。。><

翌朝から年末の大掃除の時以上のひどい汚れを黙々と一人掃除し始めました。

まずは洗濯機から!
お酢を有効利用しましたよ。
もちろん日本の米酢など良質なものではなく、数十セントで買える安いお酢で。

それからスケール(石灰)を落とすのにいい強力な洗剤を使って水道、バスルームなどをやり。。


数日後、ハっと気づいて、換気扇を外してみたら、、
ギャーっ!!!
これまた大変。。。

ドロドロのベタベタ。
一度や二度洗っただけでは全然きれいになりません。


もー、なんで他人が付けた汚れを私が掃除しなきゃならないの!?

ほとほと嫌になりました。。><


ロンドンでは家を出る時には必ずプロのクリーニングを入れます。
そうでないと、最終日のインベントリーチェックで合格をもらえないからです。

日本はどうだったかな?と思い返すと、
確かに自分でも一生懸命掃除をしたけれど、結局お掃除の業者を入れる、と言われ、それはもともと契約書にも記載されていて、敷金から差し引きます。ということでした。

だから日本でも新しく住む人は気持ちよく入れますよね。


そう考えるとこの国って。。。

2年後ここを出る時は、特に掃除しないで出てもいいってことよね!?
それで文句言われたらたまったもんじゃないわ。。

ただ、洗濯機の写真は撮ったものの、他は汚れを発見して即座に掃除を始めてしまったものだから、汚かったっていう証拠写真がないのよね。
それはほんとに失敗だったなぁ。。


そんなマイナスの状態から始まってしまった引越し作業、
毎日ものすごーく頑張ってるのに、一向に片付かず、、
夫は「スタバ行かない??」とか、しょっちゅう誘ってくるけれど、
全然行ける状態じゃないっ!!!

作業が進まないことにイライラしながら過ごす日々が続きました。

1週間経っても全然快適に過ごせるようにはならず、
2週間くらいしてやっとゴールが見え始めた、って感じでした。

引越し作業と同時に、住民登録をしに市役所へ行ったり、ビザの更新をすぐにやらないといけなかったので、そういう手続き系を同時進行しなくてはならなかったのも遅れた要因の一つです。(この手続き系がまた相当大変なんです。。><)

それから暑くてしかたがなかったのと、夫もいたからお昼ごはんとかも考えなくちゃならなかったり。。

まぁ、今となっては終わったからいいけど、、
とにかく大変でした。。

あと、荷物が多いのはやっぱり自分のためによくないっ!
ほんっとに大変。心底大変、って思いました。
118箱っていうのはどう考えたって多すぎます。

2年後の引越しに備え、荷物を減らしつつ、絶対に増やさないことを目標にします!!
[PR]

by miepoohsuke2 | 2011-09-19 01:47 | 日常(Daily Life)