Flower arrangement

2月17日、バルセロナに来て初めてお花を買いに行きました。

お花を買いたいなぁ~とは常々思っていたものの、近所にお花屋さんがあまりないのと、質がよくなかったり、値段が高かったりで、ずっと買わずにいました。

でも今回はアレンジを作って、贈り物にしよう!と思い立ったので、重い腰がようやく上がりました。


そのきっかけになったのは、、

この家では、湯を出すのも、セントラルヒーティングも両方とも湯沸かし器が関わるのですが、どうも調子が悪くて、部屋によっては暖房が全然きかないし、お湯も時々出なくなったりで困っていました。

それがまたかなり頻繁になってきたので、大家さんに連絡し、大家さんの妹のカルメンがまた助けてくれました。

まずカルメン夫妻が、何が問題なのかを見に来ました。
時間は夜の10時頃。

我が家は最近寝る時間が早いので、10時っていうと「そろそろ寝る準備を。。」と思う時間帯。
でも彼らには多分夕食が済んだばかり、っていう感覚なんでしょうね。。


その後、業者を手配してくれ、業者二人とカルメンが来てくれました。
でもこの日はただ様子を見ただけで、特に修理は何もせず、「直接の原因はわからないけど、次回ラジエーターのパイプを交換しましょう」ということに。

その二人は全く英語がダメだったので、カルメンが間に入ってくれて本当に助かりました。
そしてカルメンが大家さんと直接つながるので、私から説明する必要もないし。

その数日後、部屋に大きな水たまりができていて、ラジエーターから水漏れしているのを発見し、しかもそれが二回も起きたので、急いでまたカルメンに連絡。

で、翌日修理の人が来てくれることになりました。

その際もカルメンは同行してくれ、作業が終わるまで1時間以上付きあってくれました。

その間、私とカルメンは英語とスペイン語を交えながらおしゃべりをしていたのですが、3週間ほど前にお母さんを亡くされたらしく、「時々悲しくて眠れないのよ。。」なんて話をしていました。
高齢で97歳だったそうです。

97歳なんてスゴイ!と思うし、大往生ですね~なんて、他人だから言いそうになるけど、やっぱり自分の親を亡くすのはいくつだって悲しいもの。
普段はかなり明るいカルメンですが、かわいそうで、切なくなってしまいました。


この日の作業のおかげで湯沸かし器の調子がよくなったのでそのお礼と、元気になってくれるといいな、と思い、お花をプレゼントすることを思いついたのです。


ネットで調べると街の中心部(セントロ)に24時間営業の大きなお花屋さんがあるとのこと。
NAVARROというお店です。
(ネットにも載っていますが、チュッパチャップスの花束が売っていました。チュッパチャップスはバルセロナが本拠地!)


着くと入口も2つあるし、奥が深くて大きい!
お店の前の歩道にもアレンジとか葉物などがたくさん置かれています。

お店に一歩入ると、植物のいい匂いがしました^^
たくさんあるし市場に来たみたいでテンションがあがります♪♪

ただ、、、

たっくさんの(全部売れるの??と思うくらい)アレンジや花束がズラ~っと並べられているのですが、、趣味がどうも。。。

色の組み合わせが何ともあか抜けないっていうか、ダサイっていうか。。^^;
はっきりした色の赤、黄色、ピンクというような色が全部混ざっていたり、一種類のお花だけで大きなアレンジが作られていて、「とにかく挿しました」、という印象だったり。

ただ、お値段は良心的だったように思います。


個別に一本ずつ選んでお花を買うと割高になるので、花束を買って、それをアレンジに使った方がいいかな、と思ったのですが、、
買えそうな花束がありませんでした><


悩みに悩んで選んだお花。
バラが一本2ユーロ(×3+スプレーバラ×2)、ラナンキュラスが束で4ユーロ、ルスカスも4ユーロ。
合計18ユーロ。
(フィラーを買うのを忘れました。。><)

ロンドンでお花を買う感覚が取れないので、ちょっと高いような気はするけど、、ん~、まぁこんなもんかな。

セロファンを巻いてラフィアで結んでくれたので、持ち帰る時は花束を抱えているようでなんだか嬉しい気分になりました^^
e0238838_0404865.jpg


お花に触れるのが久しぶりすぎて自信がなかったけど、何とか完成。
e0238838_0435469.jpg

e0238838_046491.jpg

黄色のバラの縁がほのかにサーモンピンク色だったので、スプレーバラをその色と合わせてみたのですが、黄色のバラが大きくて印象が強くて、ちょっと元気すぎるアレンジなってしまったような気がします^^;

カードを添えて。
e0238838_0471210.jpg


暗くなってから作り始めたので、出来上がったのは7時頃。
7時半くらいにカルメンの家に持って行きました。(階段を上がるだけです)

突然私が訪れたので驚いていたけれど、お花のプレゼントにとっても喜んでくれました。
もともと植物が好きで家にはたくさんの観葉植物があり、ベランダもシクラメンなどできれいにしてあります。

「中に入って入って」と促され、リビングやキッチンを見せてくれました。
どこもかしこも驚くほどピッカピカ。
それにセンスもいい!

カルメンはデザイン関係の仕事をしていることもあって、いろいろこだわって装飾してるんだと思われます。
それにしても掃除が行きとどいていて、自分の家と比較してとても反省。。。

「お茶でも飲んで行って」って誘ってくれ、すごく嬉しかったけど、これから夕飯の時間だったのでお断りしちゃいました。
では別の日に是非!ということに^^

自分の手元にはルスカスと多少のラナンキュラスしか残らなかったけど、やっぱりお花が家にあるのって気分が高揚します。
近くを通るたびに目が行って癒されるし。

これからはちょくちょくお花を買おう!
と決意したのでした^^♪
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-02-20 01:05 | 日常(Daily Life)