Palau de Pedralbes (Museu Textil i D'lndumentaria)

つづきです。

テキスタイル・衣装博物館へ。

階段を上がって真っ先に目に飛び込んでくるのは、、

マネキンの体がいっぱい。。
いろんな「仕掛け」がありますね^^
e0238838_0312186.jpg


中へ進むと、衣装のスタイルの変遷がわかるように、16世紀から現代まで、時代ごとに展示してあります。

16世紀~。
e0238838_0355781.jpg

ウェストをめっちゃ引っ張ってる~(笑)
e0238838_0391040.jpg


18世紀。
e0238838_0431842.jpg

e0238838_05105.jpg


18~19世紀。
フランス革命により、衣装も変化をとげ、随分シンプルになったそうな。
貴族の象徴だったコルセットやハイヒールなどは、ナポレオンの指示で排除されたとのこと。

肌の露出が多くなり、体のラインが分かるようなデザイン。
e0238838_0542211.jpg

ウェストラインがかなり上に移動。
e0238838_055469.jpg


19~20世紀。
産業革命により、洋服生産のプロセスが大きく変化。
ブルジョア(中産)階級が5年ごとに流行りを変えていった。

e0238838_132883.jpg

e0238838_14298.jpg

e0238838_144345.jpg


手前のオレンジのがイッセイ・ミヤケだったかな。。^^;(忘れました。。)
ちなみに、奥のが奇抜でちょっとビックリ。。
e0238838_192918.jpg



女性の衣装と体についてのおもしろい説明がありましたのでご紹介♪

☆19世紀半ば(1845-1868)、"Bell Shaped Women"

ウェストを細くして、スカートを大きく膨らませたスタイル。これを着ると座ることもできなかったし、ドアを通りぬけることもできなかった。
e0238838_121425.jpg

断面図。
e0238838_1225759.jpg

このスタイル、普通ではありえないっ!
e0238838_1241283.jpg

ウェストの締めすぎで、健康に深刻な影響があったようです。
完全に変形してる。。><
(左が普通の体、右がコルセットによる締め付けられた体)
e0238838_1245386.jpg



☆20世紀。"No more corset!!"

コルセットをなくし、シンプルなデザインになり、下着は快適なものへと変わった。
e0238838_135462.jpg

ウエストラインは下の方へ。
e0238838_1355856.jpg

e0238838_1363242.jpg

e0238838_1372116.jpg


昔の人は大変なご苦労がありましたねぇ。。
今の時代は自由でよかった^^

展示を見るだけでもおもしろいし、絵付きの説明で分かりやすく楽しんで見学できました。


一度に3つの博物館を回るのはちょっと腰が痛くなるけれど、どうせなら見ておきたいですよね。
毎月第一日曜日と、平日も午後遅い時間なら入場が無料になるようです(ご確認ください)。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-04-22 01:49 | バルサ(Barcelona)