Semana Santa

4月2日(日)から"Semana Santa" (聖週間)が始まり、学校もそこから一週間休みでした。

"Semana Santa" (聖週間)とはキリストが復活する日(英語でEaster)の前の一週間をさします。
スペインでは特にSevilla(セビーヤ)で行われる行事が有名なようです。

磔にされたキリストを担いで歩く人といくつかの山車や音楽隊などが街中を行進するようですが、前半はキリストの受難、死を表すために、色合いも音楽も暗~いんです。しかも行進する人の格好が見た目恐ろしい。。
ローブを着て、頭には顔がすっぽり隠れる三角頭巾をかぶりそれが目だけが見えるようになっていて、はたから見るとギョッとします。(動画を見ただけですが。。。)
でも聖週間の最後には復活を表す祝福ムードになるみたい。

実際に見てないので詳しくはわかりません。。スミマセン。

バルセロナでもセビーヤほどの規模ではないにしても、同じような催しがあるようです。


そういうのを見に行くのも異文化を知る大切な時間だとも思いますが、、
私たちはそんな行事があることも当初は知らず、2月のうちに旅行計画を立ててしまいました。


今回の行き先は南イタリア。

去年はナポリからイスキア島へ渡ったのですが、今回はカプリ島。
「青の洞窟」が見たい!と思って。

それからアマルフィ海岸にも。
最後にはどうしても見たかった、ポンペイの遺跡にも行ってきました。

去年までは金~月までの4日間の休みでしたが、学校が一週間休みになったので、今年はちょっと長めの月曜~金曜の4泊5日の旅行にしました。

4月2日(月)はお昼過ぎに到着し、適当にお昼でも食べ、ゆっくりカプリ島に渡ろうかな、と思っていました。

がっ、、、

10時20分発のフライトなのに、その時間になっても搭乗口のカウンターに誰も現れない。。
乗客は列を作って待っているというのに。

何の案内もなく、ふと電光掲示板を見ると、出発が11時になってました。
「あらあら。。」と思って、またフラフラお店をのぞいて時間潰しをしていたけれど、何の動きもない。

また電光掲示板を見たら、出発が更に遅れて12時予定となっていました。


お昼は機内で食べるしかないなーと思って、サンドイッチを買い、搭乗。

搭乗が完了し、飛行機も動き出し、「2時間遅れくらい、、こんなこともあるよねー」って思いながら離陸するの待っていました。

が、、飛行機は止まってしまい、、、しば~らく待って、、機長からのアナウンス。
「フランスのストライキの影響で、この飛行機はいつ離陸できるかわからない」 と。


頭の中はハテナ???がいっぱい。
「ナゼ!?」

フランス行きの飛行機ならまだしも、行き先はイタリア。
ここはスペインだし。
何の関係が・・?!?

その後、飛行機が急に動き出したと思ったら、もともといた搭乗ゲート近くの場所へ戻ることになってしまいました。

そこでまた待機。

CAさんがお水を配ってくれました。
おなかもすいたので先ほど買ったサンドイッチを食べていたら、

「離陸は早くても午後4時になります」(その時から更に3時間後くらい)というアナウンス。

で、全員いったん飛行機を降りることになりました。


バスでターミナルビルまで戻り、、
やることがないので、またコーヒーを飲んで、ガラス越しに自分たちの飛行機をぼんやり眺めて。。
e0238838_3463814.jpg

他の飛行機がどんどん飛び立って行くのをうらめしく見てました。


この日、カプリ島のホテルを予約していたので、ホテルにメールをしました。
このままでは本当に飛行機が飛ぶのかどうか保証がないし、カプリ島に渡る最後のフェリーに乗れない可能性もあるし、ホテルの当日キャンセルはお金が全額かかるので、念のため早めに事情を知らせておこうと思って。

ホテルからの返答は速やかで、最終フェリーは午後8時発があるとのことがわかり一安心。


4時。
二度目の搭乗なので搭乗券とリストで名前をチェックしていたので、少し余計に時間がかかったけれど、概ねOK。

今度こそちゃんと飛んでよね!
e0238838_3491687.jpg


約6時間の遅れ。
でもこの日のうちにちゃんと着けたからよかった。
こんなこともあるよね。まぁ仕方ない。


ナポリに到着して、フェリーの港まではタクシーに乗りました。
去年もそうしたし、時間も余裕がなかったし。

運転手がメーターをつけたので、それでちょっと安心して「いくら?」ってわざわざ聞かなかったのだけど、
それが間違いだった。。

気づくと途中から運転手は肘を助手席にの方に乗せながら運転していて、私の場所からメーターが見えなくなってしまいました。

でも、こういう運転スタイルなのかなぁ~なんて気楽に考えていたけれど、それもいけなかった。


目的地に着いた時、「27ユーロ」って言ってきた。
相場はだいたい23~25ユーロだろうから、ちょっと高いなぁ~と思いながらもしょうがないな、と思いました。

小額のユーロ札がなくて、「おつりちょうだい」って20ユーロ札を2枚(計40ユーロ)渡すと、
先におつりを3ユーロ渡されて、残りの10ユーロを待っていたのにちっともくれないので、「あと10は?」と私が言うと、

「37ユーロだから。」
ってふっかけてきた。

そんなワケないじゃん!!
と、急にムカついてきて、「27でしょっ!!」
と返すと、シブシブ10ユーロをよこしながら、「じゃあその(手に持ってる)3ユーロはチップとしてちょうだい」
って言ってきた。

やり方が好きじゃないから、チップだなんて何事!?っていう怒りもあるけれど、そこは素直に3ユーロあげました。


フェリーは結局1時間半待ちで最終便に乗ることに。
一日ずっと待ちぼうけでした。

でもちゃんと乗れて無事にカプリ島に到着できたのでよかったです。


そうそう、すぐ近くに豪華客船が停泊していて、その後乗客が続々と戻ってきて出発して行きました。
素敵な雰囲気だったわ~♪
船は好きじゃないけれど、夜のうちに移動できるっていうのは時間の節約になっていいし、これだけ大きな船なら中でヒマを潰す場所もたくさんあるんだろうし、、いいかも☆
e0238838_423657.jpg



ホテルに着いたのは夜の9時。
チェックインを済ませてまずはレストランへ。

ここは普通に食事の時間が遅めのようなので、レストランも無事に入れました。
マヨルカでのようなことにならずよかったぁ~。

ホテルの人が教えてくれた近くのリーズナブルでおいしいレストランへ。
朝から色々あって疲れたけど、おいしいピザが食べれてホッとしました。
e0238838_48142.jpg

e0238838_484235.jpg

e0238838_49776.jpg


タクシーに乗る時の鉄則: 乗るときに必ず金額を確認すること!そして細かいお金を用意しておくこと!
皆さんもご注意を☆
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-05-02 04:24 | 旅行(Travel)