Switzerland(Zermatt)

6月24日、1週間のシリコンバレートリップから夫がお昼頃帰ってきました。

IESE の仲間主催で、シリコンバレーの企業をいくつかまわり、かなり充実した毎日だったもよう。
でもバルセロナとシリコンバレーはあまりに遠すぎます。。
サンフランシスコからNYまで7時間くらい(?)、乗り継ぎに3時間くらいかかって、NYからバルセロナまで8時間くらい。

かなりお疲れの様子でした。。

それなのに、この日の夜から両親とともに夜行列車「エリプソス」でスイス旅行です。
かなり強行スケジュール。。^^;

本当は「夫が土曜日に帰宅し、日曜夜にスイスへ出発」のつもりだったのですが、時差のせいで土曜日着じゃなくて日曜日着になることを出発の日まで気づいていませんでした。。^^;


急いで仮眠を取ってもらい、7時半の電車に間に合うように夕方には家を出ました。


初めてのフランサ駅。
ここは国際列車が発着するようです。サンツ駅よりかっこいい♪
e0238838_10183083.jpg

列車が少し遅れていたので、駅構内のバルへ。
右奥のステージではギターの生演奏中で、いい雰囲気でした。
e0238838_10272093.jpg


エリプソス乗車。
遅れたせいでホームに乗客があふれてます。。^^;
e0238838_1029318.jpg


ここでエリプソスについてちょっと解説。

ELIPSOSはスペインの国際夜行列車。
バルセロナ発はスイスのチューリッヒの他、イタリアのミラノ、フランスのパリ行きがあり、
マドリッド発はパリ行きがあります。
料金はやっぱり飛行機より高いけど、電車好きにはこういう旅もいいかも^^
ただし、毎日運行しているわけではないのでご注意を!

せっかくなのでグランクラスにしました☆
グランクラスはトイレ・シャワー付、そして2食付きです。
2人部屋。
e0238838_1031781.jpg

(ベッドは食事中にセットされます。椅子が畳まれて後ろの壁が手前に倒れます。)

食堂車。
e0238838_10331052.jpg

プリフィクスの3コース。
飲み物にはワイン・水もついてきました。(もちろんビールも選べます)

電車の中で外の景色を楽しみながらゆっくり食事ができるのって楽しい☆

部屋に戻ると2段ベッドがセットされていて、私たちも寝る準備。
ベッドの広さは十分で、体も伸ばせるのでいいのですが、、何せ電車が揺れる揺れる。。^^;

座っているだけでは気にならない揺れも、体を横にしていると大波に乗っているんじゃないかっていう気分。
頭の方が下がったりして、夜中何度も目が覚めました。。
私だって寝不足気味になってしまったのに、出発前からかなりの寝不足だった夫は結構つらそうでした。。><


今回のスイス旅行はマッターホルンの見えるツェルマットがメインだったので、ジュネーブ下車でも十分だったのですが、ジュネーブに着く時間が早すぎるので、もう少し先のベルンにしました。

おかげで朝ごはんもゆっくりいただけました。
e0238838_10444341.jpg

e0238838_10453015.jpg


首都ベルンに7時50分頃到着。
小雨が降っていました。

まだ早いので、近くをちょっとだけ散歩。
荷物を預けるところはないので、スーツケースをゴロゴロと。。
(スイス国内には荷物を預ける場所、ロッカーはどこにもないとのこと。セキュリティーの理由でしょうね)

奥に川が見えます。
e0238838_10564769.jpg

e0238838_10575989.jpg



ツェルマットに向かう電車内。(2等車でも十分きれい)
e0238838_1115653.jpg


ツェルマット到着!
(駅前)
e0238838_11164344.jpg

自動車の乗り入れが禁止されているので、駅前には電気自動車のタクシーやホテルの送迎車が止まっていました。

ハイストリート。
e0238838_11192277.jpg


とりあえずお昼ご飯を食べようと入ったハイストリートにあるレストラン(ホテル内)、結構賑わっていたので入ってみましたが、値段が高い上、料理が最悪でした><
(↓写真右手のレストラン)
e0238838_1123336.jpg


駅前から送迎電気自動車に乗り込みホテルへ。
ホテル前から憧れのマッターホルンがっ☆★ テンションアップ↑↑↑↑↑
e0238838_1126401.jpg

e0238838_11281340.jpg

お部屋からも^^♪
e0238838_11285210.jpg


数年前グリンデルワルド村からアイガーを眺めたのも素晴らしかったけど、マッターホルンは山裾まで見える単体の山なので「ザ・山っ!」という感じで、その優美さにうっとりでした。

スイスにまた行きたい!!とずっと思っていたし、スイスに憧れていた両親と一緒に来ることができて、とても良い思い出になりました。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-08-27 11:41 | 旅行(Travel)