Switzerland(Zermatt2)

6月26日、ツェルマット二日目。

登山鉄道に乗ってゴルナーグラート展望台へ。
旅のハイライト☆

がしかし。。

マッターホルンの上には厚い雲がどっしり居座ってます。。
(登山鉄道に乗りこんだ直後の車窓)
e0238838_16525287.jpg

駅に到着。既に標高3089m。
降りてから更に上へ歩いてのぼれます。
e0238838_1654372.jpg

セントバーナード犬がお出迎え。
プロのカメラマンが横にいるので、さりげなく素早く撮影^^
e0238838_16581071.jpg

ツェルマットの村は涼しい程度ですが、標高3100mまで上がるとなるとやっぱり寒いっ!
(父の手袋を借りれて助かった!!)


目の前の氷河には圧倒されましたっ!
e0238838_1721649.jpg

氷河って本当に「氷の河」なんだな、って納得^^

以前はきっとここも氷河だったんだろうなって思われるけど今は地面が見えてしまっているところがいくつかありました。温暖化のせいかな。
何年後かにまた眺めると違った風景に変わってしまうんでしょうね。


雲が切れる気配全くなし。小雨もパラついてました。。
e0238838_17184026.jpg

当然マッターホルンも下の部分しか見えず><
e0238838_17211612.jpg


カフェでコーヒーを飲んで暖まりながら、いつか晴れてくるんじゃないかと希望を持っていたけれど、どうも無理そうなので諦め。

登山鉄道で下山し、ベーカリーカフェでグラーシュを食べたら体が暖かくなってホッとしました♪
e0238838_1734129.jpg


この時点で夫は体調不良。(胃が刺すように痛い。。と)
午後はずっとホテルで寝てました。

私はホテルのプールで少し泳いだ後、母と駅前のハイストリートを歩きました。
しとしと雨。。><

ツェルマットで驚くことは日本人が多いこと!
あちらこちらで日本人のツアー団体客に出会います。
スイスはかなり人気なんですね~^^
ツェルマット村は日本人観光客のお陰でにぎわいを見せてる印象です。

お土産屋さんでも必ず遭遇するし、夕食に行ったチーズフォンデュのお店では30名ほどの日本人ツアー客が後からやってきました。

だいたいリタイアされた年代の方々で占められているようです。
70歳以上の方も☆
そうやって元気に歩けて、遠い海外まで意欲的に出かけられる老後はきっと充実して幸せなんだろうなぁ~と思いました。


夕食に入ったレストランはRosstallという名前で、日本のテレビ番組で紹介していたからと、両親の希望で行きました。駅から徒歩2~3分です。
ここのオーナーは長野オリンピックのカーリングでのメダリストだそうです^^
e0238838_2112693.jpg

団体のお客様が到着される前の静かなひととき。
e0238838_21132741.jpg

チーズフォンデュ♪
3人で2人前を注文しましたが、それでも食べきれずに残してしまいました。
チーズはやはり満腹感がありますね。
e0238838_2115180.jpg


そうそう、ホテルの入り口に小さなお花が置かれていました。
e0238838_21161484.jpg

これが「エーデルワイス」だそうです!

散々音楽の授業で歌った花だけど、実際に見たのは初めて。

翌日自生しているエーデルワイスがないか山道を歩きながら探してみましたが、見つかりませんでした。
残念。。


二日目はあいにくの雨模様でしたが、山の天気はもともとそういうもの。
それはそれでいい旅の記念となりました。

翌日はツェルマット最終日です。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-09-01 21:28 | 旅行(Travel)