Marrakech-2

マラケシュ2日目。

朝ごはんはリアドで。
e0238838_19431141.jpg

左右のカラフルなミニタジン鍋のようなものの中には、ジャムやはちみつが入っています。

パンはたいていどこでも同じものが出てくるのですが、丸くて平たく(写真では四等分してあります)、表面にはザラザラした粉(セモリナ粉!?イングリッシュマフィンの表面のような)が付いていて、もっちりとしてほんのり甘くて、私は結構好きです。
町中のパンやさんでも同じパンが山積みでした。

前日に申し込んだツアーに参加するため、待ち合わせ場所の「フナ広場」へ。
朝なので、屋台もなくて広々としています。
e0238838_19513041.jpg


昨日紹介された担当者ともすぐに会え、一安心。
早めに出かけたし、出発時間は遅れたので、結構長い間待たされましたが、まぁそれは想定内。
待っている間、ツアーの関係者は仲間たちと何度もミントティーを飲んでいました♪

バスが到着していざ出発!
良く晴れてます。
e0238838_19562380.jpg

羊さん。
e0238838_19573386.jpg

アトラス山脈の方へ向かいます。
e0238838_19585410.jpg

ツアー内容は、アトラスの麓に住むベルベル族(先住民)の住居を見て、「アルガンオイル」を伝統的に作っている場所へ案内してもらい、途中お昼を食べて、最後に滝を見にハイキングする。というものです。

途中からガイドさんが乗ってきて、彼がいろいろ説明してくれましたが、英語とスペイン語を話していました。モロッコは歴史上フランス語も話されていますが、サービス業ではスペイン語も使われるんですね。(ま、お隣さんですもんね)

マドリッドから来た60歳の夫婦がいたのですが、、彼ら(特に奥さん)はモノ売りが近づいてきても完全にスペイン語しか話さないし、売る方もスペイン語を話すんですよねぇ。。

なぜそんなに皆さん語学が堪能なんだろう。。もちろん商売する、という目的があるからでしょうが、それにしてもすごいよなぁ~。。反面、やっぱりスペイン人は基本的にスペイン語しか話さないのねぇ。。


バスから降りると、ジャラジャラと首飾りをたくさん手に下げた物売りや、アメジスト(!?)のような石を持ってきて、買わないかと勧誘してきたり、またまた面倒だったのですが、彼らも買う可能性のありそうなターゲット=スペイン人の奥さん、に絞ったらしく、彼女にはとことんしつこく付いてましたが、私たちにはたま~に声をかけてくる程度で、ほんとラッキーでした。

スペイン人の奥さんはもともと明るい性格で、その交渉を楽しんでるようにも見えました。結局何か買わされていたけれど、かなり金額は下げたようです。
こういうのも旅のおもしろさですよね、きっと。私は得意じゃないので、したくてもなかなかできませんが。。

さて、ベルベル族の村に到着です。
e0238838_20285712.jpg

こういう塔はやっぱりどこにでもあるんですね。
e0238838_20291425.jpg

e0238838_20301672.jpg

現地の子どもが結構たくさんいましたが、就学前かな。(確か小学校は村にある、って言っていたような。。)
e0238838_20313063.jpg

左のお家に入ります。
e0238838_20335065.jpg

e0238838_20341097.jpg

これはハマム(お風呂)。裏側から入ります。
e0238838_20352713.jpg

裏側はこんな感じ。
e0238838_20374879.jpg

屋上へ。
奥に他のツアー客もいました。
e0238838_2038541.jpg

ミントティーを頂きます。
作り方をまず教えてもらいました。
e0238838_20394793.jpg

e0238838_2041933.jpg

e0238838_20404066.jpg


この後オプションで希望者のみ、ラクダ体験をさせてくれました。
確か15分程度で一人500円くらい。
スペイン人の奥さんが先頭です。彼女はとっても意欲的♪
e0238838_212463.jpg

まだ子どものラクダには一人乗り、大人のラクダには二人乗りで、私たちは二人一緒に大人のラクダに乗りました。大人のラクダは予想以上に大きくて、高いっ!!(足長いのね)
e0238838_2161459.jpg

普段、動物に触れる機会がないので、不思議な感覚でした。じんわりあったかいし、動きがもろに伝わるし。当たり前ですけど。。
e0238838_2165298.jpg

平面はいいのですが、下り坂はバランスが難しいです。前のめりになるので、しっかりつかまっていないと落ちそう!
e0238838_21133499.jpg

たった15分だから楽しんで終わりましたが、砂漠ツアーに参加した友人によると、長い時間ずっと乗るのはと結構疲れるそうです。

ラクダに乗れるなんて思ってもみなかったので、子どものようにワクワクしました。初めての体験ってやっぱり思い出になります♪

私たちが乗ったのはこの子。おつかれさまっ。ありがとう!
e0238838_2115568.jpg


これで前半終了。
つづく。。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-03-17 21:25 | 旅行(Travel)