Andalucía2(Córdoba)

3月9日(旅行2日目)、グラナダから電車でコルドバに向かいました。

コルドバは何と言っても「メスキータ(カテドラル)」が有名です。
もともとはイスラム教のモスクですが、レコンキスタによりキリスト教がイスラムからこの地を奪還した際、大聖堂として改装されました。

イスラム教とキリスト教が共存していてとても興味深い建物です。
e0238838_2053479.jpg

e0238838_206248.jpg

e0238838_207638.jpg

e0238838_207533.jpg

この辺りからキリスト教の雰囲気が。
e0238838_2083650.jpg

e0238838_2091116.jpg

中庭。奥にあるのは「ミナレット」と呼ばれるイスラム寺院の尖塔。
e0238838_20105318.jpg


キリスト教により改修されたことを「改悪」という人もいるようです。イスラムの美しい建築が壊された、ということらしいのです。
確かに本来であれば中庭までもっと開放的だったはずの場所がすべて壁で埋められてしまい、中が異常に暗いように感じました。

ただ、悪くなった部分もあるかもしれませんが、イスラムとキリストが一緒に混ざって存在するという意味では珍しい貴重なもので見る価値があると思います。


昼食をとり、アラブ街へ。
「花の小路」。
e0238838_2012278.jpg

e0238838_20125135.jpg


コルドバの見どころはメスキータとアラブ街くらいなので、忙しい旅行の方も全部で3時間くらいあれば見てまわれると思います。


この後はセビーヤへ。

続く。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-05-08 20:17 | 旅行(Travel)