カテゴリ:日常(Daily Life)( 35 )

日本からの小包

先日姉が小包を送ってくれました。

周りで結構「届かないっ!!」っていう人が多いので、ヒヤヒヤしていましたが、無事に届きました。
ヨカッタ。

e0238838_20302834.jpg

「何か欲しいものある?」って聞かれたので、「じゃあ、ふりかけでも。。」
って言っただけなのに、こんなに。。
全部で4.2キロもありました。
送料も結構かかっちゃって。。^^;

でも愛情と思って、ありがたく頂きます♪

中にユニクロの袋があったので何だ!?と思って開けてみたら、
超かわいいTシャツがっ☆
e0238838_20334081.jpg

Orla Kiely と Laula Ashley とのコラボTシャツでした!!

先日、日本から戻ってくるちょうど前日にユニクロでOrla Kiely のスカーフをたまたま見つけたので、即買いしました。(お値段も990円だったし!)
その後Laula Ashley のTシャツのことはウワサで聞いていたけれど両方のTシャツが出ているとは!

さすがユニクロっ!!!

イギリスではなかなかこれを着る機会はないでしょうが(夏も寒いので)、スペインでは大活躍しそうで、今から楽しみです☆
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-03-18 20:39 | 日常(Daily Life)

Japón, un año después 一年後の日本

3月8日から11日までCasa Asiaで震災から一年のイベントが行われました。

(Casa Asiaは建物も素晴らしいです!)
[外観]
e0238838_17394896.jpg

[入口]
e0238838_17412678.jpg

[エントランスホール]
e0238838_17423037.jpg

e0238838_17431747.jpg


8日は国際シンポジウム。
招待された専門の方々しか入れませんでした。
陸前高田市の副市長さんもスカイプで登場されるとのことで、是非聴きたかったのですが。。

夕方からは一般向けに講演(パネルディスカッション方式)が開かれたのでそれを聴きに行きました。
聴衆はスペイン人がほとんどでしたが、パネラーは3人が日本人だったので、スペイン語と英語の同時通訳が入っていました。
私もイヤホンを借りれたのでスペイン語から英語に通訳されるのを聞きましたが、スペイン語も耳に入るし、テンポがずれて聞こえてくる英語に集中できず、なんだか聞きとりづらかったです。

日本人のパネラーは、海外の大学の教授2名と、NHKの女性の方1名でした。
NHKの女性の話す英語がとってもきれいで聞きとりやすく、また話しもまとまっているし、テンポもよくてとても素敵でした。

内容は、昼間に話し合われた内容をまとめてそれぞれが発表し、その後質疑応答、という形でした。
スペイン人からの質問はやっぱり原発関連が多かったです。(特に反感を持っている、とかそういう雰囲気ではなかったです)


10日(土)は地元カタラン​の子どもたち向けのイベントがあり、この日はボランティ​アとしてちょっとだけお手伝いさせてもらいました。

この日はCasaAsiaで働いている方が、スライドを使って地震にまつわる伝説や、陸​前高田氏でたね屋さんとして働く佐藤さんの話しを聞かせてくれました。

佐藤さんは日本人​が頑張る根底には「武士道」の精神がある、とおっしゃっています。
その話を聞いて、なるほど確かにそうかも。ってうなずきました。
(スペイン語での説明だったので、理解するのは無理でしたが、日本語で要約された紙があったので助かりました^^)

その後、本物の刀登場!
錬士、加川さんによる武士道精神​のお話と実際に刀を振って見せてくれました。
(ここはスペイン語オンリーだった為、内容わからず。。)

次に、バルセロナにある日本人小学校の児童による太鼓やピアニカなどの発​表、プロのピアニスト、バイオリニストによる演奏、最後​に日本語を学ぶ学生による歌、と 盛りだくさんでした。
e0238838_17441799.jpg


その後、別の部屋に移り、折り紙教室とメッセージ書きを​行いました。
e0238838_17543140.jpg

e0238838_17463084.jpg

e0238838_1747929.jpg


150人以上集まり、子どもも大人も真剣に聞いてくれて​いたように思います。

私の役割は受付でバッチや資料を手渡すのと募金集めでしたが、会場を後にする際、たくさんの方が募金に立ち寄ってくれました。

遠く離れた場所からもこうして思いを寄せてくれているこ​とに心から感謝します。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-03-16 17:55 | 日常(Daily Life)

部屋にもお花を飾りました

余ったラナンキュラスだけではもの足りないので、お花を追加しました。

バラ1本だと寂しいし、3本だと6ユーロかぁ。。
と、迷ったので間をとって2本。
偶数はよくないのだけど、2本を添えるようにすればいいかな、と思って。


それで早速花瓶に生けてみました。
e0238838_1441231.jpg


e0238838_1533250.jpg

やっぱりメインは奇数あったほうがいいですね。。^^;
ラナンキュラスもちゃんと咲いているのが2本だったし。。。

ただ一応、中央トップ、右、左下はバランスをとったつもり。。^^;


この日も前回と同じお店に行ったのですが、買う時に"Regalo?(プレゼント?)"と聞かれたので、
"Si!!"と答えてお花を預け、お会計を別の場所で済ませると、かわいくラッピングしてくれました。

グリーンも小花も足してくれて、それらしい花束になってる☆
(支払いはバラの分だけです)
e0238838_139569.jpg


でーもー、、
片方が思いっきり短く切られて、2本!!っていうのが強調されてる。。><

ん~、、まぁ仕方ない。。
今度は長さもリクエストしてみようかな。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-02-29 01:46 | 日常(Daily Life)

Flower arrangement

2月17日、バルセロナに来て初めてお花を買いに行きました。

お花を買いたいなぁ~とは常々思っていたものの、近所にお花屋さんがあまりないのと、質がよくなかったり、値段が高かったりで、ずっと買わずにいました。

でも今回はアレンジを作って、贈り物にしよう!と思い立ったので、重い腰がようやく上がりました。


そのきっかけになったのは、、

この家では、湯を出すのも、セントラルヒーティングも両方とも湯沸かし器が関わるのですが、どうも調子が悪くて、部屋によっては暖房が全然きかないし、お湯も時々出なくなったりで困っていました。

それがまたかなり頻繁になってきたので、大家さんに連絡し、大家さんの妹のカルメンがまた助けてくれました。

まずカルメン夫妻が、何が問題なのかを見に来ました。
時間は夜の10時頃。

我が家は最近寝る時間が早いので、10時っていうと「そろそろ寝る準備を。。」と思う時間帯。
でも彼らには多分夕食が済んだばかり、っていう感覚なんでしょうね。。


その後、業者を手配してくれ、業者二人とカルメンが来てくれました。
でもこの日はただ様子を見ただけで、特に修理は何もせず、「直接の原因はわからないけど、次回ラジエーターのパイプを交換しましょう」ということに。

その二人は全く英語がダメだったので、カルメンが間に入ってくれて本当に助かりました。
そしてカルメンが大家さんと直接つながるので、私から説明する必要もないし。

その数日後、部屋に大きな水たまりができていて、ラジエーターから水漏れしているのを発見し、しかもそれが二回も起きたので、急いでまたカルメンに連絡。

で、翌日修理の人が来てくれることになりました。

その際もカルメンは同行してくれ、作業が終わるまで1時間以上付きあってくれました。

その間、私とカルメンは英語とスペイン語を交えながらおしゃべりをしていたのですが、3週間ほど前にお母さんを亡くされたらしく、「時々悲しくて眠れないのよ。。」なんて話をしていました。
高齢で97歳だったそうです。

97歳なんてスゴイ!と思うし、大往生ですね~なんて、他人だから言いそうになるけど、やっぱり自分の親を亡くすのはいくつだって悲しいもの。
普段はかなり明るいカルメンですが、かわいそうで、切なくなってしまいました。


この日の作業のおかげで湯沸かし器の調子がよくなったのでそのお礼と、元気になってくれるといいな、と思い、お花をプレゼントすることを思いついたのです。


ネットで調べると街の中心部(セントロ)に24時間営業の大きなお花屋さんがあるとのこと。
NAVARROというお店です。
(ネットにも載っていますが、チュッパチャップスの花束が売っていました。チュッパチャップスはバルセロナが本拠地!)


着くと入口も2つあるし、奥が深くて大きい!
お店の前の歩道にもアレンジとか葉物などがたくさん置かれています。

お店に一歩入ると、植物のいい匂いがしました^^
たくさんあるし市場に来たみたいでテンションがあがります♪♪

ただ、、、

たっくさんの(全部売れるの??と思うくらい)アレンジや花束がズラ~っと並べられているのですが、、趣味がどうも。。。

色の組み合わせが何ともあか抜けないっていうか、ダサイっていうか。。^^;
はっきりした色の赤、黄色、ピンクというような色が全部混ざっていたり、一種類のお花だけで大きなアレンジが作られていて、「とにかく挿しました」、という印象だったり。

ただ、お値段は良心的だったように思います。


個別に一本ずつ選んでお花を買うと割高になるので、花束を買って、それをアレンジに使った方がいいかな、と思ったのですが、、
買えそうな花束がありませんでした><


悩みに悩んで選んだお花。
バラが一本2ユーロ(×3+スプレーバラ×2)、ラナンキュラスが束で4ユーロ、ルスカスも4ユーロ。
合計18ユーロ。
(フィラーを買うのを忘れました。。><)

ロンドンでお花を買う感覚が取れないので、ちょっと高いような気はするけど、、ん~、まぁこんなもんかな。

セロファンを巻いてラフィアで結んでくれたので、持ち帰る時は花束を抱えているようでなんだか嬉しい気分になりました^^
e0238838_0404865.jpg


お花に触れるのが久しぶりすぎて自信がなかったけど、何とか完成。
e0238838_0435469.jpg

e0238838_046491.jpg

黄色のバラの縁がほのかにサーモンピンク色だったので、スプレーバラをその色と合わせてみたのですが、黄色のバラが大きくて印象が強くて、ちょっと元気すぎるアレンジなってしまったような気がします^^;

カードを添えて。
e0238838_0471210.jpg


暗くなってから作り始めたので、出来上がったのは7時頃。
7時半くらいにカルメンの家に持って行きました。(階段を上がるだけです)

突然私が訪れたので驚いていたけれど、お花のプレゼントにとっても喜んでくれました。
もともと植物が好きで家にはたくさんの観葉植物があり、ベランダもシクラメンなどできれいにしてあります。

「中に入って入って」と促され、リビングやキッチンを見せてくれました。
どこもかしこも驚くほどピッカピカ。
それにセンスもいい!

カルメンはデザイン関係の仕事をしていることもあって、いろいろこだわって装飾してるんだと思われます。
それにしても掃除が行きとどいていて、自分の家と比較してとても反省。。。

「お茶でも飲んで行って」って誘ってくれ、すごく嬉しかったけど、これから夕飯の時間だったのでお断りしちゃいました。
では別の日に是非!ということに^^

自分の手元にはルスカスと多少のラナンキュラスしか残らなかったけど、やっぱりお花が家にあるのって気分が高揚します。
近くを通るたびに目が行って癒されるし。

これからはちょくちょくお花を買おう!
と決意したのでした^^♪
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-02-20 01:05 | 日常(Daily Life)

この頃

昨日から急にあったかくなりました。

今年の冬はバルセロナも寒くて(いつもはこんなに寒くなることはないらしい)、朝夕は氷点下、日中も5℃くらいまでしか上がらなかったり、家に閉じこもりたくなる日が続きました。

でも昨日、今日は雲一つない青空が広がって、日の光もやわらかであったかい!
朝から嬉しくなります。

ずっと湯沸かし器と暖房の調子が悪くて、おとといようやく直してもらったというのに、途端に必要なくなっちゃった。。^^;

このまま春になってくれるといいなあ。。


スペイン語の学校に行き始めて早くも3週間が過ぎました。
バルセロナ大学のスペイン語コースに通っているのですが、たまたま私たちのクラスはサンツ校舎で、鉄道の駅しかない殺風景な場所にあるし、建物は古いし、かなりトーンダウンしてました。
でも、自宅から歩いて20分ほどで行けるとわかってからは、なかなか快適です。
バスとかを待たなくていいし、歩きだと時間も確実に読めるので。

帰りは途中買い物などしながらのんびり帰って来ます。


驚いたことがひとつ。
トイレが変っ。

トイレの扉を開けると一つの部屋になっていて、いくつか個室があり、その扉に男、女のサインがあるだけ。もちろん天井もつながっていて、手を洗う場所も男女一緒。。

?!?!?!?

ビックリよ。
できれば使いたくないっ!

先生に聞いたら、そういうのはスペインでもあまりないけど、この校舎はどこのトイレもそういう作りだそう。職員用のトイレですら。。

その発想がわからない〜っ。。

クラスの人数は結構たくさんで、全部で18人はいます。
でもその中に、超やる気のない、&態度の悪い20才のアメリカ人がグループで6人(男女)もいて、彼らが来るとクラスのペースが乱れます。

テキストをまだ買ってないし、宿題は当然やってこないし。。
何のためにこのコースをとってるんでしょう。。

「4ヶ月の留学」と言っていたので、遊び感覚なんでしょうね。
今日はこぞって彼らが全員休んだので、かなりいい感じの授業でした(o^^o)

週9時間、6コマ。
先生は二人います。
これはなかなかいいシステム!

一人の先生でハズレだったらツライですからね。

でも二人ともいい先生です。
日本人も名前と顔がいまだに一致してなかったり、当て方にかなり偏りがあることがイマイチですが。。

今のクラスは火・水・木の朝9時10分から12時。
朝も比較的ゆっくりできるし、とってもいいペースです。

週末も長いので、旅行とかも行けちゃう!?
な〜んて夢見たけれど、夫が忙し過ぎてそれどころじゃない。。

そうなら、私もしっかり勉強しないと!
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-02-16 23:28 | 日常(Daily Life)

節分

昨日2月3日は節分でしたね。

「恵方巻き」ってここ数年で関東の人にもなじんできましたが、私は今まで特に食べたことはなかったです。

ですが、昨日は思い立って、海苔巻きを作ってみました^^v
e0238838_21485711.jpg

卵・きゅうりしか見えませんが、他にちゃんとスモークサーモンと焼き肉も入ってます♪
(ここでは、近くのお肉屋さんで「薄切り」が買えますっ!!)

結構ボリュームあって、一気に食べるのは大変でした。。

方角は「北北西」だったのですね!
なぜか「北北東」だと思いこんで、そっちの方向向いて食べちゃったよ。。
せっかく地図まで出してきて、方角を確認したっていうのに。。

残りが一本あるので、今日のお昼は「北北西」を向いて食べようかな。
もう遅いって。。??
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-02-04 21:53 | 日常(Daily Life)

マグカップ

モノは増やさないっ!!って決めたのに。。。

昨日、夫と夕方たまたま一緒に近所のショッピングモールへ買い物に行った時に見つけてしまいました。

見覚えのある懐かしい~気持ちにかられて、、
e0238838_22413680.jpg

ロンドンの交通博物館で売ってそうでしょ?

でも良く見ると。。
e0238838_22442697.jpg

HOLLAND PARK W11 ⇒HOLLANDAISE PARK W11
OXFORD CIRCUS W1 ⇒OXTAIL CIRCUS W1

その他にも
SHEPHERS BUSH ⇒ SHEPHERS PIE
EALING BROADWAY
⇒ EALING BROADBEANS

など色々あって、いっそのこと6種類くらい揃えちゃおうかしらん、なーんて思ってしまった。
夫が買う気マンマンで、私もついつい。。ね ^^;
マグカップなんて自宅用の揃ってないものばかりたくさんある、っていうのになぁ。。


[追記]
上記の他に、、

BAKER STREET ⇒ BAKING STREET
CHARING CROSS ⇒ CHARING CROSS BUNS
VICTRA STREET ⇒ VICTRIA SPONGE

っていうのがありました^^
[PR]

by miepoohsuke2 | 2011-10-26 22:53 | 日常(Daily Life)

Estoy estudiando espanol.

10月3日から、スペイン語の学校に毎日通っています。

月・水・金: 9:00~13:00(休憩25分)
火・木: 9:00~14:00(休憩25分+10分くらい)

長っ!
と、2週間以上経った今でも感じています。

スペインはお昼の時間が2時なので、こういうスケジュールが存在するのだと思われます。
途中の休憩時間に何か食べないと、おなかグゥグゥです。。^^;

お昼が2時なので、朝~2時までは"Buenos Dias"(おはようございます)といいます。


今の時期、まだ夏時間なので、朝がとても遅いです。。
本日の日の出時間は8:07。
(ちなみに日の入りは19:04。 夜はまだ長くて嬉しいのですが。。)

7時でもまだまだ真っ暗で、起きるのがツライっ!!

7時半の我が家の外の様子。
少し明るくなってきた。
e0238838_064436.jpg


私はESADEという学校に行っていて、ここも結構有名なMBAの学校です。
で、その中に語学センターもあり、一般の人でも通うことができます。

私と同じスペイン語のクラスに、もともとは香港のMBAに通っている学生で交換留学で今季だけESADEに来ているクウェート出身の男性もいます。

ESADEは夫の学校にも近いので、今朝は一緒に7:40頃家を出ました。

ESADEも夫の学校に負けず劣らずピカピカです☆
まずは正面入口。奥に受付があります。

(注:この写真は今朝ではなく別の日(昼間)に撮った写真です。)
e0238838_23302962.jpg

最初入った時はビックリしました。
タイムマシンに乗っちゃったみたいっ!と思って^^;


この学校にあるカフェのテラスから見える眺めが最高です!
海も山も見えます!!
夫と一緒に家を出ると早く着きすぎるのですが、授業が始まる前にこのカフェで、Cafe con leche(Coffee with milk=カフェオレ) を飲むのが楽しみなのです^^

ちょうど朝8時。日の出の時間です。
e0238838_0171844.jpg

e0238838_019511.jpg

遠くにサグラダファミリアも見えます。
e0238838_021817.jpg

この時間のカフェには人が少なくて快適です。
(混むとレジに長蛇の列。。)

9時。
今日もいい天気みたい(*^_^*)
e0238838_0223337.jpg
[PR]

by miepoohsuke2 | 2011-10-20 00:27 | 日常(Daily Life)

Bar Crawl

9月30日(金)

夫の学校でBar Crawl というイベントが夜8時から行われました。

夫たちはチームごとに何軒かのBar(バル)を、テーマごとの仮装をしてCrawl(渡り歩き)して(ルートはチームごとに違う)、最後のゴールの場所(クラブでした)でみんなが大集合する、というもの。

チームの連携を深めるための楽しいイベントと言う感じでしょうか。。

で、Partnersたちもせっかくなので何かしようということになり、一人のアイデアからみんなが「ミスユニバース」の格好をすることになりました。

おもちゃのティアラをそれぞれ購入して、8時に一人の家に30人ほどが集まり、タスキを作成。
本番(?)前ですが既にパーティーの気分で盛り上がってました。
e0238838_5432674.jpg

夜11時ごろ、夫たちがゴールする時間に合わせて最終地点へ向かいました。
普通に道を歩いたので、すれ違う人たちは何事かと振り返ってました(笑)
e0238838_5461068.jpg

最終会場。
e0238838_5511914.jpg

夫は途中のBarでショットを飲まされたらしく、相当酔っぱらってました。
なので、早々に退散。。

私は一杯も飲めずちょっと残念でした。。

が、他の人の仮装を見るのも楽しかったし、普段こんな場所には滅多に来ないので貴重な経験になりました☆
[PR]

by miepoohsuke2 | 2011-10-16 05:52 | 日常(Daily Life)

ものもらい

9月27日。

朝起きてビックリ。

左のまぶたがパンパンっ!!!
ヒドイ顔。。><

また、ものもらい。。
(これって予防できるものなんでしょうかねぇ。。)

1年ほど前にもものもらいができて相当腫れて大変だったので、またかぁ、、って憂鬱な気分。
コンタクトも入れられないし、
しかも、、病院。。。どうしよう><

ロンドンですらローカルの(英語の)病院には行ったことのない私。
(ロンドンは日本語が使える病院がたくさんあったので)

それなのに、いきなり、スペイン語で病院へ行ける!?
いやいやムリでしょ。。^^;

自分が入った保険がどの病院で使えるか、どうやって予約するのかとかも全然わからず。。
ま、「ちょっと様子を見てみようかな。。」って弱気になってました^^;


夫の学校の同級生が少し前に目が赤くなって眼科に行ったと聞いていたので、夫から彼に一応聞いてもらうことにしました。
朝8時くらいでしたが、彼の授業が始まる寸前で申し訳なかったです。


しばらくするとその彼の奥さんが心配してわざわざ電話をくれました!
そして病院の探し方(加入保険の本の見方)を教えてくれたんです。
まさか電話をもらえるなんて思ってもみなかったので、その優しさに本当に感動しました。
彼女だって学校に行く前で何かと忙しかったと思うのに。。

その電話で背中を押され、やっぱり病院へ行こうという気持ちになりました。


本によれば家のすぐ近くに眼科がありそう。
ただ、どうやって予約をとればよいのかわからず、受付の人が英語を話せるとは思えないし、、
う~ん、困ったなぁ。。
ってまた腰が重くなってしまいました。

しかも、この日から朝から晩までペンキ屋さんが来ることになっていて、家を空けられないし。。
あぁどうしよう~。。


ペンキ屋さんの作業の初日であることと、例のアリ対応の業者が入るのでこの日は大家さんの旦那さん(ホセ)も来ることになっていました。
ホセは英語が話せるので、最近の連絡はすべてホセとやりとりをしています。

で、ちょうどいいのでホセに事情を話して病院に電話してもらおう!!と決めました。
なかなかのグッドアイデア☆


時間通りにホセが来て、アリ退治の人が来て、ペンキ屋さんが来ました。
そうこうしているうちにまたブザーが鳴り、同じマンションに住んでいる大家さんの妹(カルメン)も来ました。
カルメンは多少英語が話せるし、とても陽気でいい人です。
ペンキの指示はこのカルメンがすべてやっているようでした。

カルメンに、病院に行く時間の相談をし、病院への電話もしてほしいということを伝えると、「もちろんよ」っていう感じで即座に電話してくれました。

結果、「急患扱いで夕方5時以降に来てもよい」とのこと。

あ~よかったぁ。。

言葉ができないって、ほんと不便です。。


その後カルメンとペンキ屋さんがちょっと話をしてから、
カルメンは私に、「今日のペンキは5時すぎまでにして、病院は6時からがいいわ。すぐ近くだし一緒に付いて行ってあげるから」
って言ってくれたんです。

エっ! マジで!?
ほんとにほんとっ!?!?

わぁ~っ、何て親切なんでしょうっ!!!

いやいや~、本当に、この上なく助かりました。


今までウチに「来る」と言って来なかったこともしばしばだったので、本当に来てくれるのか正直若干の不安はあったけど。。^^;
でも6時5分前くらいにはちゃんと来てくれました!


病院は科によって建物が違うらしく、入った受付でまずは保険証(保険会社の加入証)を提示。
名前と生年月日、住所を聞かれ、住所は「え~っと、、」って私が言っている間に代わりにカルメンがスラスラ応えてくれました。

その後何やら紙を渡されサインをするように言われました。
これは秘密保持に関する承諾書のようなものだ、ということをカルメンが教えてくれました。

こういうのも間に入ってくれる人がいないと理解するのにいちいち大変です。

しかも、その建物には英語を話すお医者さんがいないらしく、隣りの建物に行けば診てもらえるかも、とのこと。
場所とお医者さんの名前を聞いてその場所へ。

そこでもまた受付のような場所があり、カルメンはまた説明してくれました。
待ち時間は1時間くらい、とのこと。

さすがに夕方の忙しい時間に1時間も一緒に待ってもらうわけにはいかないので、今後の流れだけおおまかに聞き、どんな風に名前を呼ばれてどこに入るのか、を聞いてカルメンには帰ってもらいました。
「何かあったらすぐ携帯に電話して」という言葉を残して。

ここまでの流れ、もし私一人だったら、必要以上に不安だし、意味を理解するのに時間もかかるし、カルメンが一緒についていてくれたことに本当に感謝です。
心強い言葉を最後にくれたし。


予定通り、1時間ちょっと過ぎたころ、名前が呼ばれました。
お医者さんが直接待ち合いの通路に顔を出し、患者の名前を呼んでくれます。
(他の病院は違う方法かもしれませんが)

入ってすぐお医者さんと握手。
(これ、日本ではありえないですよね~。)


病院自体もきれいだけれど、診察室はとても快適な雰囲気でした。
まずは机を挟んで何が起きたかを話し、その後隣りで目を診察。

英語を話すといってもあまり上手な感じではなかったけど、絵を書いて丁寧に説明してくれました。

「薬をつければ4~5日で治るよ」と言われて一安心。

「ものもらい?」って聞くと、「多分ね」という返事。


診てもらった時間がもう夜の7時半頃で、朝に比べてだいぶ腫れも引いてきたかな?という感じがあったけど、放ってほくと以前のように益々ひどくなることもあるので、やっぱり診てもらって、薬も買いに行けてよかったです。

実際、翌朝また腫れたし。。><

でも週末にはほとんどすっかりよくなりました。

たかが「ものもらい」だったのだけど、多少のことでもやはり気になるもの。


今回、様々な人に助けられ無事に行って来れました。
人の暖かさに触れ、助け合っていくことの大切さを身にしみて感じた一日でした。

逆の立場になった時は、同じように対応してあげよう!と思いました。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2011-10-12 05:44 | 日常(Daily Life)