カテゴリ:日常(Daily Life)( 35 )

アリの大量発生

9月15日の夜。。。

シャワーを浴びようとしたら、足もとでアリがひょこひょこと歩いているではないですか。

「あれあれ、困ったねぇ~」と思いながら、紙でアリをすくって窓から逃がしてみました。
さて、じゃぁシャワーに、って思ったら、よくよく見るとウヨウヨとたくさんいるではありませんかっ!!

イヤー~っ!!気持ち悪いっ!!!

十数匹?、いや数十匹?
いいや百匹以上はいたかもしれません。

どこから沸いたのかわかりませんが、小さなアリが大量に。
気持ち悪くてシャワーどころではなく、まずはアリと格闘することになってしまいました。。

逃がしてあげたいけど、そんなに多いのはムリ。
申し訳ないけど。。。ねぇ。。><
だからエイっヤァっ!!って、目をつぶって。

夜中に復讐で襲ってやこないかとちょっと不安になってしまいました^^;


翌朝、眠気まなこで顔を洗い、コンタクトを入れてまたまたビックリ。
昨日退治したはずなのに、また大量に出現。。

今回は同じバスルームのタイルのすき間から沸いて出てくるのを確認。。

この日の処理は夫に任せて、、。

大家さんに真っ先に連絡しなくちゃ!と思ったのだけど、大家さんはスペイン語しか話せず、私はスペイン語はまだ無理なので、こんな時こそ日本人の不動産屋さんの力を借りることに。

不動産屋さんは「(黒板に使う)チョークが何故か効きますよ~」なんて悠長なことを言って、それで終わらせてしまいそうな雰囲気でしたが、「バスルームに入るたび怖くて怖くて、、」って神妙であることを伝え、必ず大家さんにすぐ連絡をとってもらうようにお願いしました。

無事に連絡は取ってもらえたものの、大家さんの都合がつかず残念ながら即座に対応してはくれませんでした。
だからトイレに行くたびドキドキ、ヒヤヒヤしながら中に入ってました。。


夫と同じ学校の日本人先輩奥さんとメールをやり取りした時にそんな話をしたら、他にもやっぱりそういう話をかつて聞いたことがある、と言っていました。

そういう時はスーパーでも買えるスプレー(殺虫剤)で対応するのがいいよ、と教えてくれました。

そうと聞けば真っ先にゲットしに行き、バスルームのすき間と思われる場所を隅ずみまでスプレー。


バラの香りの優しいにおいでしたが、その後は何とか無事でした!
たまに1~2匹お見かけすることはあったけど。。

とりあえず落ち着いてよかったぁ~^^


後で聞いたところによると、同じ時期にやっぱりあちこちの家で大量のアリが発生したようです。
しかも何故か夜行性らしく、夜出てくるんですよね。。

後日、同じマンションに住んでいる大家さんの妹が来た時に聞いたのですが、やっぱりその家でも同じ時期に発生して、スプレーで退治したとのこと。
「バルセロナはどこでも出てくるのよ~。年に2回くらいだからもうしばらくは大丈夫よ」なんて明るく言われました。。。^^;

確かに出ている家もあるけど、出てない家もあるし、、その差は一体何なんでしょう。
できれば出てこない家に住みたかったなぁ。。


ポジティブに考えれば、自分たち用のバスルームだけで他は大丈夫だったので、それはラッキーだったかな、と思います。
キッチンだったら最悪だったろうなぁ~。。
食器とかまた全部洗い直ししたくなるだろうし。。

しばらくは平穏な日々が続くことを願います。


ちなみに、ゲスト用のバスルームには一匹も出なかったので皆さまご安心を♪
[PR]

by miepoohsuke2 | 2011-10-12 04:40 | 日常(Daily Life)

Orientation Week

9月12日(月)、夫の学校がいよいよ始まりました。

8月31日から2週間、スペイン語の集中コースがあって学校には通っていたのですが、MBAの学校として始まったのがこの日。

この日ばかりはみんなスーツで登校。
学校が新しくて!きれいすぎ☆
e0238838_20204929.jpg

e0238838_20215634.jpg


この週はOrientation Weekなので、様々なガイダンスが行われたり、仲間との交流を深めあったりするウォーミングアップ週間でした。

私のようなPartners向けにもイベントが企画されていて、初日は2年生の奥さまが自分たちの去年一年を振り返って、色々なアドバイスをしてくれたり、Q&Aコーナーの時間を設けてくれました。
南米圏から来た人はいいけれど、私たちのようなアジア圏から来ている人は何と言っても言葉が大問題。なのでいい学校はないか?という質問には多くの関心が集まりました。
他にスポーツクラブについてとか仕事についてとか、様々な質問が出ました。

とにかくこの学校の学生は「大変!!」ということで有名なので、Partnersとしていかに彼らを支えるか、または自分自身がどう楽しむか、みたいな話になっていました。

別の日にはPartners向けに教授によるセッションもいくつか用意され、「異文化を知る」「自分を知る」「自分のキャリア形成」などなどいくつかのテーマに分かれた授業を受けることができ、とても興味深かったです。


初日の9月12日は夜のイベントが豪華でした。
世界遺産にも登録されている「カタルーニャ音楽堂」でのコンサートに招待されました。
一応それなりの格好で☆向かいました♪
これは学校が企画し、新入生とその家族が招待されたプライベートなコンサートでした。
e0238838_2035240.jpg


会場に入るとあらゆるところが豪華で、「うわぁ~~」って圧倒されました。
e0238838_2038199.jpg

e0238838_20402078.jpg

e0238838_20411984.jpg

e0238838_20432998.jpg

天井。
e0238838_20464788.jpg



ステージでは4人の歌手(混声)とピアノ奏者が登場し、4人で歌ったり、ソロだったり、2人だったりと組み合わせ色々。
曲目は割とメジャーどころも多かったし、歌手の表情が豊かで、ちょっと演技も入ったりで内容も理解しやすく、もちろん声もすばらしくて、あっという間でした。

最後の方では、それぞれがグラスワインを持って登場し、実際にCAVAを開けて注いでいました♪
(当然飲まなかったでしょうけど、飲むふりを)
陽気な雰囲気で楽しかった!!
e0238838_22484243.jpg

e0238838_22494212.jpg


この後はラウンジに移動してカクテルパーティー。
っていうか、各自飲み物と共に適当にしゃべってるだけ。。
そして流れ解散だったし。
この辺の適当な感じがとてもいいです^^

コンサートが始まったのが8時、終わって飲み始めたのが9時半ごろだったかな。
歓談していたら既に結構いい時間になり、日本人同級生とその後ごはんを食べに行ったので、月曜の初日から遅くまで外出してちょっとお疲れモード。。

とはいえもちろん楽しかったし、なかなかできない貴重な体験だったと思います。
感謝、感謝。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2011-09-29 23:02 | 日常(Daily Life)

引越し

8月18日にPiso(Flat)の契約。
今回もFurnished(家具付き)の家です。

7月に探しに来た時は、前住人(多分フラットシェアしていたと思われる)たちの私物があふれていて、何が私たちに引き継がれるのかわからなかったのですが、大家さん(スペイン人のおばあちゃん)が、私たちが二人で住むことを考えて、多少アレンジをしてくれました。

例えば、ベッドを一つ撤去してそこを勉強部屋にしてくれたり、リビングにはサイドボードを新たに買ってくれたり、ベッド用のシーツも新しいのを揃えておいてくれたり(趣味はちょっと。。微妙だけれども、、)、タオルも少し用意してくれたりと、なかなか親切。
もちろん全部IKEAでしたけどね^^

その日は家の契約が済んだ後、外に出てしまったのだけど、あとから考えればこれが大失敗。。

この家のキッチンには今までの人が置いていったと思われる、どう見てもきれいとは言えない食器(欠けていたり洗ってないものも。。)やカトラリー、調理器具などがた~くさんありました。
でも私はあらゆるものを持ってきているから何一つそこから借りる必要はありません。
だからはっきり言ってジャマ!

当日も「これはいりません」って言ったのですが、「とりあえず必要ないのなら別にして置いておいて。スペースはたくさんあるし。。」と言われました。
スペースはたしかにたくさんあるけれど、私たちの荷物は本当に多いからなぁ。。

その不要な物を契約後に片付けておくべきだった。。

あとはお掃除が全然されていないことをもっとちゃんと認識しておくべきでした。


翌朝、時間通りに引越し屋さんが来てくれ、荷物がどんどん運び込まれてきました。
(前夜はまだホテルに泊まったので、私たちも引越し屋さんの時間に合わせて家に到着)

事前に何番の段ボールはキッチンへ、リビングへ、ベッドルームへ、、という指示表を記入して渡したし、段ボールの蓋のテープをすべてカッターで開けてくれていたので、利用者思いのとてもサービスの良い引越し屋さんだと思います。

私はキッチンにこもり、頑張って箱から食器を出していたけれど、それよりもまずは置くスペースの確保からしなければなりませんでした。
さらに欲を言えば、何をどこに置いて、、っていうのを普段の動線なども事前に頭に浮かべながらイメージしておけばよかった。。

ものすごいスピードでどんどん段ボールが到着するのとは対照的に、私の開封作業は全然進まない。。

時々引越し屋さんが「空いた段ボールはありますか?」って聞きに来てくれたのに、なかなか空かず、結局この日渡せた空き箱はほんの数箱でした。
ここでもっと箱を空けられていればスペースも確保できるし、通るのにも楽だったのに。。

しかも本当に暑くて暑くて。。
ちょっと動くだけでも汗がタラタラ。。
久しぶりに汗がかけるのはある意味嬉しいのだけど、でもやっぱり暑いのはツライ。。


何より驚いたのは洗濯機。
ホテル暮らしがしばらくつづいたので、汗をかいたTシャツを洗いたいっ!と思っていました。
(下着程度なら手洗いしてきましたが)

それでいざ洗濯機を開けてみると、洗剤を入れるポケットが古い洗剤の塊がベットリ。
そしてそのポケットを外して中を覗いてみると、、
オエ~っ。。
って、気絶しそうなほどのヒドイ状態。

もう何年も掃除していないのが明らかなほどカビだらけで、ちょっと吐きそう。。
こんなんで洗濯したらかえって病気になっちゃう、、。

あまりにショックでこの日洗濯はできず。。

全体的に、見えるところはまぁまぁなのですが、バスルームなどの水回りはやっぱりものすごい汚れていて、荷物の片付けよりも何よりもまず掃除っ!!

そうでなければ気持ち悪くて仕方ない。。><

翌朝から年末の大掃除の時以上のひどい汚れを黙々と一人掃除し始めました。

まずは洗濯機から!
お酢を有効利用しましたよ。
もちろん日本の米酢など良質なものではなく、数十セントで買える安いお酢で。

それからスケール(石灰)を落とすのにいい強力な洗剤を使って水道、バスルームなどをやり。。


数日後、ハっと気づいて、換気扇を外してみたら、、
ギャーっ!!!
これまた大変。。。

ドロドロのベタベタ。
一度や二度洗っただけでは全然きれいになりません。


もー、なんで他人が付けた汚れを私が掃除しなきゃならないの!?

ほとほと嫌になりました。。><


ロンドンでは家を出る時には必ずプロのクリーニングを入れます。
そうでないと、最終日のインベントリーチェックで合格をもらえないからです。

日本はどうだったかな?と思い返すと、
確かに自分でも一生懸命掃除をしたけれど、結局お掃除の業者を入れる、と言われ、それはもともと契約書にも記載されていて、敷金から差し引きます。ということでした。

だから日本でも新しく住む人は気持ちよく入れますよね。


そう考えるとこの国って。。。

2年後ここを出る時は、特に掃除しないで出てもいいってことよね!?
それで文句言われたらたまったもんじゃないわ。。

ただ、洗濯機の写真は撮ったものの、他は汚れを発見して即座に掃除を始めてしまったものだから、汚かったっていう証拠写真がないのよね。
それはほんとに失敗だったなぁ。。


そんなマイナスの状態から始まってしまった引越し作業、
毎日ものすごーく頑張ってるのに、一向に片付かず、、
夫は「スタバ行かない??」とか、しょっちゅう誘ってくるけれど、
全然行ける状態じゃないっ!!!

作業が進まないことにイライラしながら過ごす日々が続きました。

1週間経っても全然快適に過ごせるようにはならず、
2週間くらいしてやっとゴールが見え始めた、って感じでした。

引越し作業と同時に、住民登録をしに市役所へ行ったり、ビザの更新をすぐにやらないといけなかったので、そういう手続き系を同時進行しなくてはならなかったのも遅れた要因の一つです。(この手続き系がまた相当大変なんです。。><)

それから暑くてしかたがなかったのと、夫もいたからお昼ごはんとかも考えなくちゃならなかったり。。

まぁ、今となっては終わったからいいけど、、
とにかく大変でした。。

あと、荷物が多いのはやっぱり自分のためによくないっ!
ほんっとに大変。心底大変、って思いました。
118箱っていうのはどう考えたって多すぎます。

2年後の引越しに備え、荷物を減らしつつ、絶対に増やさないことを目標にします!!
[PR]

by miepoohsuke2 | 2011-09-19 01:47 | 日常(Daily Life)

「ウシ」発見!

前の記事で、山の上に「ウシ」がいて、、
写真を載せましたが、(↓↓↓)
e0238838_6253920.jpg


今日、スーパーで同じのを発見しました☆
e0238838_6351695.jpg

ねっ!?
同じですよねっ!?


OSBORNE という1772年から続くワイン作りのファミリー経営の会社だそうです。
で、「このウシ(The Osborne Bull)の像はスペインのあちこちに点在する」と、ワインボトルのラベルに書かれています。

歴史もあるようだし、そんな大胆な広告をするとは、、結構大手なのですね。。


そんなわけで調べてみました。
Osborne Wine について。

ワインはもちろん、シェリー、ブランデーなどのスピリッツや、イベリコ豚の飼育とか、水やスポーツドリンクなど、手広くやっているそうです。

写真を撮るために買ってしまったけど、おいしいといいな♪
[PR]

by miepoohsuke2 | 2011-09-17 06:44 | 日常(Daily Life)

今日から

今日、引越し先の家にようやくインターネットがつながりました☆

本当に毎日不便でした。。><


家探しを日本人の不動産屋さんを通したので、家の契約と同時に電話とインターネットの申し込みをお願いしました。
スペイン語で電話のやりとりをするなんて絶対ムリなので。。

快く引き受けてくれすぐ手配をしてくれたようで、翌々日くらいには早速工事の人が来てくれました。
が、その彼は光ファイバー専門の担当の人で我が家は光ファイバーの接続は不可能とのこと。
「アナログでの接続を別途頼んで」、と言われました。

このやりとりも最初チンプンカンプンで、紙に書いてもらって一語一語辞書で調べて、ようやく「あ~できないんだ」っていうことがわかった始末。

「頼んで」と言われてもどうすりゃいいの。。?
って感じ。(その時はまだ携帯も買ってなかったし。。)

登録を不動産屋さんの電話番号にしてあったので、業者の人が不動産屋さんに電話して、工事ができない理由を伝えてくれました。
不動産屋さんからは直後に別途電話をもらい、できない理由を説明してくれ、また連絡します、と言ってくれました。

で、待つこと3週間。

この時代インターネットがないって本当に不便ですよね。
夫の学校関係の連絡はすべてメールかFacebookだし。

毎日のようにスタバに通いました。。
一ヶ月のBTOpezoneの契約をしたので、スタバなどのHotspotに行けばいくらでも使えるのですが。。やっぱり大変。。
重たいパソコンを運ばなくちゃならないし、近くにあると言えど片道15分以上かかるし。。

不動産屋さんにメールしても電話しても、何故かパタリと連絡が取れなくなってしまいました。

一応、お願いしてしまったから、勝手に新たに自分で契約するのもなぁ~と思って、進捗状況だけでも聞いてみようと思いました。

でもその連絡すらつかず、毎日不便を強いられるので、もうアテにならないっ!
と見切りをつけ、おととい(9月7日)Telefonica(Movister)のオフィスに行ってきました。
(家の近くにオフィスを見つけたので)

最低限のスペイン語を紙に書いて、辞書を抱えて。。いざっ!!

担当の女性は残念ながら英語が話せず、ジェスチャーと筆談でなんとかやりとりして、、。
ものすごく時間がかかりました。
多分担当者も私が外に出てから「あ~疲れたぁ~」って言っていただろうな。。苦笑

でも彼女はすごくいい人で一生懸命に説明してくれたし、「マンガ」が好きなの、とか言って、わずかながらの日本語も披露してくれました。(マンガはインターネットで見るそうです)

申し込んだのは、電話とインターネット(ADSL)とケーブルテレビ。
3つ合わせて1ヶ月55ユーロくらい。
ケーブルテレビでは、BBCとCNN、ユーロスポーツなどを見ることができます。

普段のテレビは全部スペイン語なので、見る気も起きません。。^^;

でも一つだけ、Boingというチャンネルで時々「ドラえもん」が放映されるんです。
なので、その時はテレビの前に座って、辞書を片手に観てます。
スペイン語のいい勉強法でしょ?

それで、契約の翌日(9月8日)に早速電話が来て、「明日(9月9日)に行きます」という連絡が。

素晴らしく順調じゃないの~♪♪

今まで待っていたのがバカみたい。。
さっさと行動すればよかったよ。


そして今日、ちゃんと時間通りにやってきて、無事に接続してくれました~っ!!
あー、なんてメデタイ☆

こんなに順調に進むなんて。。
スペインを見直しちゃうわ~^^


ちなみに、、9月7日の夕方に契約が済んで、「あ~よかったぁ~」と、ひと仕事終えた爽快感を感じていた時、不動産屋さんから電話が入りました。
なんてBad Timing!!

ま、すべてうまく行ったからもう忘れることにします。

とりあえず今日は嬉しい日。


スペイン入国時からバルセロナ到着まで、そしてバルセロナで始まった新しい生活について急ピッチで(ほんとか?)書いていきたいと思います!

ロンドンのブログもまだ書き途中なのでしばらく同時進行で。。

新たなこちらのブログもまたよろしくお願いします
[PR]

by miepoohsuke2 | 2011-09-10 05:48 | 日常(Daily Life)