カテゴリ:バルサ(Barcelona)( 34 )

グエル別邸

4月13日、自宅前の通りをまっすぐ10分ほど歩いたところにある「グエル別邸」へ。
e0238838_11515378.jpg


週末だけ内部をガイドツアーで見学することができます。

時間によってスペイン語、カタロニア語、英語と分かれているので、英語の回の時間に合わせて行ってみました。

時間になっても係りの人は誰も来ないし、受付場所もないし、全く始まる様子はありません。。
一人だったのでヒマ~。
そのうちにドイツ人夫婦が一組来たので、ちょっとおしゃべりしながら待ちました。

30分くらいのツアーなのに、30分くらい待った気がします^^;
もちろん、「待たせてゴメン」などと言った言葉もなかったし。

最初にお断りがありましたが、ガウディが手掛けたのは門だけで、中に入ってもガウディ作品はありません。ということです。(一応有料なので事前に言ってくれました。たぶん後でガッカリされる方が多いんでしょうね)

門はいつでも誰でも見ることができます。
e0238838_11541635.jpg

e0238838_11575877.jpg


何故ここはレンガで、ここは木にしたか、とか、モチーフの意味などといった説明を聞きながら見て、「へぇ~」、「なるほどォ~」って色々習ったハズなのに、いざ今その内容を書こうと思うとはっきり覚えていない。。^^;
せっかく行ったのに。。
ご報告できずスミマセン。。
やっぱりすぐブログを書かないとダメですね。。><


この「グエル別邸」はグエルさんの家族が夏の間過ごした場所。(それ以外の時期はランブラス大通りにある「グエル邸」で過ごしました)
説明の中で、「夏はカントリーサイド(田舎)で過ごしたんです」という言葉に、私はちょっと違和感を感じてしまいました。
今となってはこの場所も新市街の繁華街近くの高級住宅街なので、カントリーサイドという言葉にビックリ。

当時はバルセロナのゴシック地区近辺だけが栄えていたんですね。

現在残っている「グエル別邸」の敷地は狭いのですが、当時は隣にある「ペドラルベス宮殿」やディアゴナル大通りを渡った「バルセロナ大学(薬学部)」の辺りまですべてが彼の敷地だったそうです。
e0238838_11561247.jpg


家族はその大きな敷地内で馬に乗ったりしながら夏を過ごしたもよう。

グエルさんが亡くなってから、敷地は寄付されたそうです。
現在の「ペドラルベス宮殿」の中心部分が、グエルファミリーが住んだ場所になります。

門の中へ。
e0238838_1244752.jpg

e0238838_1225866.jpg

e0238838_1253776.jpg

e0238838_1271880.jpg


飼っていた馬がここをグルグルまわったとか。
e0238838_1263638.jpg



ツアー終了後、せっかくなので隣にあるペドラルベス宮殿を見に行ってきました。こちらはペドラルベス公園内にあり、宮殿の中は博物館になっています。
公園には無料で入ることができ、宮殿の外観を見る分にはお金はかかりません。

e0238838_129492.jpg

この中央部分の四角い建物が、グエル邸のオリジナル。
(両脇は宮殿として増築)

ガウディ作品発見!
(小さいので見つけづらいです。。)
「ヘラクレスの噴水」だそうです。
e0238838_12163639.jpg

e0238838_12133198.jpg

うーん、ちょっと見にくいですが、こちらもドラゴンです。
お水が出るようになっていたんですね。
e0238838_12144628.jpg


「グエル別邸」は近所だし、もう時間がないし!と思い立って行ってみたけれど、観光で来る場合はわざわざ他の時間を割いて見るほどでもないかなぁ~という気がします。
話の内容は結構おもしろかったんですけどね。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-11-18 12:25 | バルサ(Barcelona)

Easter Holiday (Barcelona)4

3月29日、この日はシウタデリャ公園に行きました。

旧市街の東側に存在する大きな公園で、中に動物園もあります。
東側には用事がないのでなかなか足が向かず、この公園へ行くのは初めて。

ここにはガウディも手掛けたという噴水があります。


バスを降りて少し歩いていると"Torre Agbar"(トーレ・アグバール)が左手に見えました。
ロンドンの「ガーキン」のようですが、これはバルセロナの水道局のビルです。
夜になるとカラフルにライトアップされます。
e0238838_1825362.jpg


もう少し進むと、凱旋門が見えてきました!!
e0238838_18263711.jpg


シウタデリャ公園は凱旋門をくぐってこの大きな歩道を進むとすぐです。
e0238838_18284074.jpg

公園入口。
e0238838_18292637.jpg

中に入るとアートがちらほら。
e0238838_1831440.jpg

e0238838_18312524.jpg

e0238838_1831444.jpg

いよいよ噴水が見えてきました。
予想よりも大きくて立派っ!!
e0238838_18335899.jpg

横の階段を上ってみました。
e0238838_18354064.jpg

真ん中から公園を見渡せました。
e0238838_18371669.jpg

池ではボートに乗って楽しむ人も。
ジャングルクルーズみたい!?
e0238838_183899.jpg

南国だなぁ~と、改めて思う。
e0238838_18384970.jpg

この日もとってもいい天気。
e0238838_18422053.jpg

e0238838_18405321.jpg

オレンジが生ってる♪
e0238838_18431662.jpg


海側の門を出てボルン地区へ。
e0238838_1848742.jpg

この日はイースター(スペインでは"Semana Santa"セマナ・サンタ(聖週間)という)とあって、ほとんどのお店が閉まっていました。。残念。

先日も行ったお菓子屋さんHofmannは営業中でした。ラッキー☆
e0238838_1850782.jpg

e0238838_1852596.jpg

またまた愛らしい子たちがいっぱい♪
e0238838_185331.jpg

ここでTちゃんはおみやげ用にちょっとお買いもの。

その後はまた「サンタ・マリア・デル・マール教会」へ。
e0238838_1855492.jpg


ウワっ!人がいっぱい。。
e0238838_1857432.jpg

行列の先頭には白装束を着た人たち。セマナ・サンタの行事のようです。
e0238838_1858210.jpg


カテドラルへ。
カテドラル正面の右側。これは昔城壁があったことが伺える数少ない場所のうちの一つです。
e0238838_1859449.jpg

カテドラル前広場にあるピカソの絵。
e0238838_1931266.jpg

縦に"BARCINO"と読めます。
城壁で街を囲んでいた時代(ローマ時代)はこの辺りを"Barcino"と呼んだらしい。
e0238838_198472.jpg

カテドラル脇の道。
e0238838_19103738.jpg

e0238838_1911188.jpg

ゴシック地区の小道。
昼間は人もたくさんいるので危なくないし、小さいお店があって楽しい。
e0238838_1914250.jpg

バルセロナの中心、「カタルーニャ広場」。
e0238838_1914562.jpg

そこから北上してグラシア通り。
e0238838_19155577.jpg

歩道のタイル。オシャレですよね^^
e0238838_19164688.jpg

カサ・ミラ。ホリデーとあって入場のための行列ができています。
e0238838_19212068.jpg

カサ・ミラの斜め向かい辺りにあるホテル、「スイーツ・アベニュー」。
ここは建築家伊東豊雄さんによるもの。
e0238838_19202689.jpg


グラシア通りの一本西側にある、ランブラ・デ・カタルーニャ(ラ・ランブラ)通りへ。
休日でも営業しているタパスの名店、"Cervecería Catalana"で夕飯。
e0238838_19262861.jpg

ご飯を食べている途中にふと「今日は金曜日だから噴水ショーがある!」と思い出し、急いで携帯で時間を調べるとちょうどいい時間。
適当に食事を切り上げ、地下鉄に乗ってスペイン広場へ。

この噴水ショー"La Fuente mágica (Magic Fountain)"は、毎週末に行われているショーですが、近いしいつでも行けると思って今まで行ったことがなかったんですよね。。
やっと見る機会が訪れました~。
e0238838_19383496.jpg

e0238838_19392337.jpg

e0238838_19395591.jpg

e0238838_19412518.jpg


シウタデリャ公園に、噴水ショーと、またまた「やり残し」リストから2つも行くことができて充実の一日でした。
翌日にはTちゃん帰宅の日。ロンドンから合わせると一週間。
毎日毎日楽しい日々でした。Tちゃん、いろいろありがとう☆
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-09-15 19:55 | バルサ(Barcelona)

Easter Holiday (Barcelona)3-2

3月28日のつづき。

コロニア・グエルからスペイン広場に戻ってきました。
e0238838_1425994.jpg

ショッピングセンターでTちゃんはおみやげの生ハム購入。
e0238838_14261340.jpg

その場で切ってもらい、真空パックにしてもらいました。

6時半頃、夕食の「カルソッツ」を食べに行きました。
「カルソッツ」とはネギのことです。
11月頃から4月頃まで食べることができるカタルーニャ名物。本場はバルセロナのお隣タラゴナ県。
「ネギを食べに行くってどういうこと!?」と初めは想像がつかなかったのですが、これが本当においしいんです!

この日はFGCで"Les Planes駅"に行きました。バルセロナ中心部から少し北上します。
(FGCと行っても、コロニア・グエルやモンセラット等西に行くFGCとは接続していないので注意。)
私が住んでいたエリア"Sarria"からは北に向かうFGCが出ていて、そこからわずか3駅ほど。カタルーニャ広場からも20分程度で行けると思います。
e0238838_14432230.jpg

都心から近いのに、なんだかものすごい田舎にきちゃいました。。
e0238838_14444032.jpg

お目当てのカルソッツが食べれるレストラン"Font de Les Planes"
e0238838_14452584.jpg

またここでも到着が早かったようで(?)お客さんがいない。。
HPを調べてきたのに、、ナゼ!?
そういえば、このHPに書かれている電話番号に電話しても全く応答がないし、住所をGoogle Map で調べても変なところを差してしまい、どうもよくわからなかったんですよね。。

でも友だちのおススメだったので、とりあえず駅からの行き方を聞いて、ちゃんとお店に到着できたのでよかった。
でもその友だちが行ったのは日曜日の昼で、ものすごい混雑ぶりでかなり待たされた、と言っていたのに、この日は閑散としていなのでガッカリ。
カルソッツは昼間に食べるものなのかな。。?

お店はお掃除中で洗剤の臭いもプンプン。「8時からなんだけど。。」と言われてしまいまいました。
でもこのお店も、「まぁいいよ、入っても」と言ってくれました。
周りに時間をつぶす場所なんてないし助かったぁ~^^
結局8時になっても他のお客さんは来ず、私たちだけでちょっとさびしかった。。
やっぱり平日の夜に食べるもんじゃないのかしら。。

まぁ、そんなの関係ないっ!カルソッツが食べれるのなら♪♪
一般的なセットメニュー"Menú Calçotada"を注文。
飲み物、パン・コン・トマテ、カルソッツ(食べたいだけ)、お肉とソーセージ盛り合わせ、デザート、コーヒー、ドライフルーツが付いて一人33.50€
飲み物については最初に頼んだ後(お変わりも多分できる)、途中でCAVAも出てきたし、最後にはデザートワインも出てきてサービス旺盛☆

まず、サングリアで乾杯。
e0238838_1535587.jpg

ここにある大きなトーストは「パン・コン・トマテ」用。
写真にはありませんが、生のニンニクとトマトが付いてくるので、自分でこのトーストにニンニク→トマトの順でパンにこすり付け、最後にオリーブオイルをたらして作ります。

パンの右にあるオレンジのソースはネギ用のロメスコソース。
このロメスコソースはお店によって味が異なり、このソースのおいしさがカルソッツのおいしさに直に関係してきます。ナッツなどが入った濃厚なソースです。ここのソースはとってもおいしかった♪

出てきました「カルソッツ!!」
e0238838_1562413.jpg

ここで食べ方ご紹介。
必ず支給されるエプロンと手袋を着用のこと。でないととんでもないことになります!
カルソッツを片手で持ち、手袋をはめた手でネギの白い部分を握り皮をはがします。
e0238838_1518433.jpg

結構ツルンと剥けます。

それをロメスコソースに付け、
e0238838_1519647.jpg

上向きになってネギの下から食べるっ!!
e0238838_15201393.jpg


ネギがトロットして甘くて、本当においしい。
先ほどの一皿が一人分として出てきましたが、もうちょっと食べたくて追加しちゃいまいした。
ネギだから体にもいいしね^^

カルソッツの後はお肉。
ラム肉だったけど、全く臭みがなくておいしかったです。
e0238838_15234141.jpg

デザート。
私はティラミスを、Tちゃんはカタルーニャ名物「クレマ・カタラナ」を。
e0238838_1527324.jpg

相変わらず誰もいない店内。^^;
e0238838_15282155.jpg

でも最後のコーヒー、ドライフルーツまでちゃんと持ってきてくれて、それなりにゆっくり過ごさせてもらいました。
ちょっと迷惑をかけたかもしれないので、しっかりチップも置いてきましたよ~^^

どれもこれもおいしくって大満足。
Tちゃんも喜んでくれました♪

ほろよい加減で店を出て駅へ向かうと、酔いも一気に覚める出来事が。
なんと、イノシシが出たんです。。><

食べ物を探している様子で、ごみ箱なんかもあさってました。
こっちに気づかれたら大変なので、おとなしく様子を見ていましたが、山へ帰る様子もなく、かといってこっちには気付いていない様子。傍を車が通っても気にしていませんでした。

Tちゃんが「イノシシはまっすぐしか見えないから万一襲ってきたら、同時に二手に分かれることだよ」といって心構えを教えてくれました。
そうは言ってもおっかないよォ。。

しばらくすると坂の上を上がって行きました。私は方向転換し別の車道へ出て駅へ向かうことに。
あぁ~、怖かった。。^^;

こんなオマケはあまり歓迎したくないけど、笑い話としてはよかったかな^^;


コロニア・グエルからカルソッツ、イノシシまで満載な一日でした。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-09-10 15:45 | バルサ(Barcelona)

Easter Holiday (Barcelona)3

3月28日、ショートトリップにでかけました♪

行先はコロニア・グエル

ハイライトはもちろんガウディの最高傑作とされる「コロニア・グエル教会」です。
この地域はグエルさんの繊維工場を中心とした従業員たちのための村。その住民のための教会兼集会所を作ろうと、この建設が始まったようです。未完成に終わりましたが。。

スペイン広場から電車(FGC)に乗って20分ほどのコロニア・グエル駅で下車。そこから歩いて10~15分ほどで観光案内所に着きます。

駅を出ると案内があります。一番下に日本語で「受付」と書かれています。
地面には青い足跡が描かれていて、これを辿っていくと自然に到着します。
かわいいですよね^^
e0238838_1892017.jpg

e0238838_17251184.jpg

ポカポカ暖かくて気持ちがいいし、静かでのんびりした雰囲気の中、歩くのが楽しい♪
e0238838_1727732.jpg

こんなかわいい子に出会いました☆
e0238838_1728532.jpg

e0238838_17283083.jpg


道が狭くなってきましたが、最後まで青の足跡は続いています。間もなく到着。
e0238838_17292711.jpg


まず観光案内所で教会の入場券を購入します。私たちはスペイン広場から電車に乗る際、往復の電車と教会の入場料、村についてのオーディオガイドが付いているセット券を(自動券売機で)買っていたので、ここでは支払はせず、オーディオガイドだけ借りました。
案内所にはちょっとした展示もあります。それを見てから村歩き、スタート!

早速、コロニア・グエル教会へ。
e0238838_1732675.jpg

e0238838_17324610.jpg

e0238838_17332919.jpg

いよいよ中へ!
本来は撮影禁止らしいのですが、特別に(?)許可してくれました^^
e0238838_17343595.jpg

やっぱりユニークですよね。
ヤシの木の下で心も落ち着く気がします。

正面。
e0238838_17362657.jpg

ガウディがデザインした椅子。
座り心地がいいんです♪
e0238838_17372756.jpg

明るいっ!
e0238838_17381520.jpg

しかも、下の二枚が蝶々のように開いて、換気ができるようにもなっています。採光と通気をここでもよく考えられています。

外側から見た先ほどのステンドグラス部分。周りにはモザイク装飾も!
e0238838_1741416.jpg

鐘楼もあります。
e0238838_17422647.jpg

教会の上。本来ここが集会場になるはずだったのかな。。?
e0238838_17432757.jpg


教会の後は村歩き。ちょっとお腹もすいてきたので食べる場所も探しつつ。。
e0238838_17462083.jpg

e0238838_1747119.jpg


広場の辺りでレストランがあったので入ろうとすると、「ランチはまだよ」って。
確かに時刻は12時50分頃でした。
たいていどこもランチメニューを出すのは1時からです。

じゃあまたもう少ししてから戻ってこようか、、と考えていたら、「いいよ、入って」と言ってくれました。
バルなのでお店自体は開いていたけれど、ランチを出す時間が本来1時からということです。

でもすぐに注文も取ってくれました^^

天気もいいし、小旅行だし、ビールの気分♪♪
e0238838_17512462.jpg


食後は再び散策。
オーディオガイドも聞きながら。
e0238838_17531338.jpg

桜が咲いてました~。
e0238838_17535161.jpg

大きくて素敵なお家。
e0238838_17544775.jpg

e0238838_17554596.jpg

e0238838_1756353.jpg

e0238838_17572196.jpg

e0238838_1758297.jpg

小さな村なのですぐに一通りまわれました。

観光案内所に戻り、オーディオガイドを返却して帰ります。
e0238838_1759307.jpg

e0238838_1813458.jpg

歩くのが気持ちよくて楽しくて、ちょっとルートを外れてみました。
また素敵なお家発見。レモンも生ってます。
e0238838_1824517.jpg

高台にあって景色もいい!
e0238838_1841582.jpg

「あれは何!?」と気になって行ってみようとしたけれど、道がなくて近づけず。。
e0238838_1861126.jpg

駅からも見えました。廃墟のお城?
e0238838_18113796.jpg

帰りの電車に乗ったのが15時頃。

バルセロナから手軽に行けて結構楽しい、おススメの場所です。
私も初めて来たので、写真を撮りまくってしまいました。

この後、バルセロナの冬から春にかけての風物詩「カルソッツ」を食べに行きます。


つづく。。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-09-05 18:18 | バルサ(Barcelona)

Easter Holiday (Barcelona)1&2

3月26日の続きです。

BAは後半大揺れでした。
私ももともと飛行機は得意じゃないけれど、友だちはもっと苦手らしく、、
揺れの時は冷や汗でした。。

無事に着いたのでよかったですが、やっぱり飛行機は慣れません。。


二人とも飛行機でグッタリしてしまったし、もう夕方とあってタクシーで我が家へ。

お腹のすき具合も中途半端だったし、遠くまで行く元気もなく、、近所の中華で軽い夕食。

その後、翌日以降の計画を立てようとしたものの、ネットでのサグラダ・ファミリアの予約がうまくできなかったり、疲れもピークで色々考える余裕がなくて、とりあえず寝よう、ということに。。

これまでの4日間の疲れと、飛行機のダメージは何気に大きかったみたい。。^^;


3月27日。

まずはサグラダ・ファミリアを見なくてはっ!
念のためLa Caixa(銀行)のATMで予約ができないか再度チェックしてみましたが、夕方遅い時間しかなかったので、とりあえず向かってみよう!ということに。

到着すると、いつもよりは列が短いものの、並んでる人が手に紙を持っている様子。
列の後ろまで行って聞いてみると、チケットを購入するための整理券が配られていました。

そこには時間が記載されていて、その時間に戻ってくれば列に並べるとのこと。
私たちがもらった整理券の時間までは1時間半~2時間弱くらいあったので、その間グエル公園に行ってみることに。
グエル公園をそんな短時間でバタバタして見ちゃうのはもったいない気もしたけれど、行けるときに行っておいたほうが後々安心感があるなーと思って。

グエル公園到着。
エスカレーターを使って坂道を上がってきたので、ちょっと脇から(上から)入場しました。

左にはグエルのマーク。
e0238838_11344484.jpg

e0238838_11355262.jpg

左のお家はまだ工事中。。
e0238838_11364037.jpg

モザイクタイルの、腰にフィットするベンチ。
e0238838_1138381.jpg
e0238838_11385340.jpg

e0238838_11394337.jpg

これはサグラダ・ファミリアに使われている装飾のコピー。
e0238838_11405080.jpg

おみやげ屋さんが新しくなって大きくなっていました。
新商品というシルバーのピアスをおそろいで購入。

先ほどのベンチのある広場の下(裏)。
e0238838_11432229.jpg

大人気のトカゲ(ドラゴン?)
e0238838_11451159.jpg

e0238838_11471758.jpg


だいたい主要どころは見て、そろそろサグラダ・ファミリアに戻る時間。
結構ギリギリでちょっとヒヤヒヤしたけど、ちょうど間に合いました。ホッ。。^^
(いつも時間にルーズなスペインですが、こういう時はどこまで正確に見るんだろうか。。)

そこから少し並んでチケットを購入(私は入らず)。
この日は強風だったかエレベーター故障だったか、とにかく塔には上れませんでした。
e0238838_11522668.jpg

Tちゃんが見学している間、私は近くのスタバで休憩。
一緒に中まで入りたい気持ちもあるのですが、もう何度も見ているし、入場料はそれなりにするので。。^^;


見学を無事に終えて帰ってきたTちゃんと、ランチタイム♪
この頃既に午後3時。
さすがにお腹ペコペコです。

ガイドブックに載っていたお米専門のお店へ。
お店に向かう途中、素敵な教会がありました。
e0238838_1225318.jpg

ロンドンにはない清々しい青空がここにはありました~(笑)

さて、ランチですが日替わりプリフィクスメニュー(menú del día)を注文。
前菜、メイン、デザート、飲み物付きで15€くらい。
安いところでは10€くらいで食べれるので、ちょっとここは高め。でもロンドンに比べればダンゼン安いっ!

私の前菜はエスカリバーダ。
ナス、赤ピーマン等を焼いてオリーブオイルで漬けた定番料理。
e0238838_12505025.jpg

メインはご飯ものを。
名前を忘れてしまいましたが、魚介スープのおじや風。
e0238838_12222629.jpg

Tちゃんフィデウアを(パエリアのショートパスタ版)。
e0238838_1223124.jpg

おいしく頂きました。
サグラダ・ファミリアから歩いて近いし、サグラダ・ファミリア見学とパエリアをセットで体験するのにちょうど良いと思います。


食後は旧市街の方へ。

カタルーニャ音楽堂。
e0238838_12155580.jpg

e0238838_1216283.jpg


今まで食べたことのなかった、名物チュロスをつまみました^^
e0238838_12165265.jpg

アツアツでおいしかった☆

サンタ・カタリーナ市場。
e0238838_12182251.jpg

ピカソ美術館のある辺り。
この辺は雰囲気あって大好き♪
e0238838_12191469.jpg


ボルン地区。
サンタ・マリア・デル・マール教会。
以前銀行で出会った女性は、カテドラル(大聖堂)よりこっちの方が好き、って言ってました。
e0238838_12201936.jpg

e0238838_12525710.jpg

教会の正面辺り。
e0238838_12273747.jpg

"bubo"
ここのお菓子はおいしいです☆ 高いケド。。
e0238838_1229287.jpg


お昼が遅かった上にボリューム満点だったので、まだおなかがすかず、夕食は取らずに立ち飲みバルで一杯だけ。
EL XAMPANYET(エル・シャンパニエット)へ。

ここは以前別の友達が遊びに来た時に入ろうとしたら、冬季休業だったお店。
入るのは初めてです。
大人気店で人がわんさか。。
e0238838_12321393.jpg

ここはシャンパニエット(微発泡ワイン)が名物。
食べ物も何か試してみたかったけど、おなかがいっぱいでそのシャンパニエットだけ注文。

雰囲気が何より楽しいので、入ってみることができてよかった。
ガイドブックにも載っているお店です。


精力的に動き回った一日。
前日何もできなかった分、充実感たっぷりでした^^
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-09-03 12:55 | バルサ(Barcelona)

Barcelonaぶらり

マドリッドではもちろん美術館にも行きました。
王道プラドとレイナ・ソフィア。

マドリッドからは再びAVEに乗車。

(ジャングルのようなマドリッド・アトーチャ駅)
e0238838_2135785.jpg



3月12日はバルセロナ市内をぶらり。

レイアール広場へ。
e0238838_21452462.jpg

ガウディがデザインした街灯があります。
e0238838_21461699.jpg

ここにもドラゴンのデザイン。
e0238838_2147145.jpg


広場からは細い小路が伸びています。
通ったことがないのでせっかくなので行ってみます。
e0238838_21494155.jpg

昼間なので人通りもあり安全でしたが、夜間は念のため通らない方が無難かもしれません。

フェラン通りのおみやげやさん。
e0238838_21504182.jpg

店名がモザイクタイルでできていて素敵。
e0238838_21551436.jpg


その後、ボルン地区を散策。
ボルン地区にはピカソ美術館やサンタ・マリア・デル・マール教会などが名所ですが、小さなかわいいお店が点在していて散歩が楽しいエリアです。

Hofmannというお菓子屋さん。
ほんとにここに入るの!?と一瞬ためらってしまいそうな狭い路地にあるのですが、人気店のようで人の出入りが意外にも頻繁です。
e0238838_2159965.jpg

e0238838_2203459.jpg

e0238838_2224484.jpg

e0238838_221757.jpg

中で食べるスペースはないようですが、クロワッサンとコーヒーを買って外のベンチで一休みするのもいいかも♪

義母と一緒の観光はこの日で終了。翌日に帰国しました。
遠くから乗り換えもあるのに、一人でバルセロナまで来れるのはスゴイな、と思います。
おかげで私もあちこち観光ができて楽しい時間でした。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-08-21 22:05 | バルサ(Barcelona)

バルサ戦観戦

2月10日(日)。

朝はゆっくり寝ていました。
なぜだかよく眠れてしまうんですよねぇ。。^^;

夫は「ちょっと走ってくる」と言って先に起きて出かけたのですが、私はそのまま寝続けて11時頃にやっと起きました。

ちょうど夫が帰ってきて、帰ってくるなり、「今からバルサ戦を見に行こう!」って言うんです。

どうやら外はバルサファンがゾロゾロとカンプ・ノウ・スタジアムに向かっているらしいのです。

慌てて、ホームページを開いてチケットを購入し、1時からの試合を観戦することになりました。

私にしてみたら起きてたった1時間でバルサの試合を観るなんて、頭がぼーっとして訳わからない感じもありましたが、とにかく急いで着替えて、先日買ったユニフォームを着て小走りで向かいました。

いつもは夜中に行われることが多いのですが、この日だけは1時からのデーゲーム。
冬の寒い日には日中の方が助かります。

相手はALVAROというチームでした。全く知りません。。
でもバルサのメンバーはメッシもイニエスタもピケも有名選手がほとんど出て、見ていて楽しかったです。
e0238838_3261026.jpg


相手が下位のチームとあって、得点量産。
点が入ると毎回盛り上がりがすごいので、やっぱり点が入ると楽しい☆

終わってみれば6-1で勝利。
e0238838_3284285.jpg


いい気分で家に帰りました☆
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-05-07 03:30 | バルサ(Barcelona)

Barcelona Sightseeing2

続きです。

翌日も引き続きバルセロナらしからぬ曇りがちで寒い一日でした。
しかも頭痛がまた私を襲い、私は家で一日ゆっくりすることにしました。

その間友だちは一人でサグラダ・ファミリア、カサ・ミラなどを観光してくれました。

夜になってワインの品揃えで有名な La Vinya del Senyor(ラ・ビーニャ・デル・セニョール)で待ち合わせ。

布団でぐっすり眠ったので私もかなり元気になり、無事合流できました。
ワインがグラスでも豊富にそろっています。おつまみもあるし。
お互いにそんなにお腹もすいてなかったので、生ハムだけ注文しました。
e0238838_2414425.jpg


ゆっくりした後は、サグラダ・ファミリアのライトアップを見に行きました。
場所が少し外れていることもあり、夜行くことってなかなかないんですよね。だから「ヨシっ、行こうっ!!」と気合を入れて。
e0238838_242194.jpg

e0238838_2421843.jpg

風がビュービューで寒かったぁ~。
急いで写真だけ撮ってさっさと退散しました。
水面にも映ってきれいだったので、とりあえず満足。


最終日。
やっといい天気になりました♪

この日はスペイン広場へ。
Arenasショッピングセンターの屋上からの眺め。
元闘牛場を改装してできたショッピングモール。360℃ぐるりとまわれて、ここから見る景色が結構好きです。
e0238838_2441829.jpg

Tibidabo(ティビダボ)方面。
e0238838_247175.jpg


お昼は、これまた以前からずっと行ってみたかった立ち飲みバルQuimet & Quimet(キメッ キメッ)。

e0238838_2491570.jpg

お昼のピーク時を外したからか、意外とお客さんは少なめ。カウンターを確保☆

まずはスモークサーモンとヨーグルト。
e0238838_2501740.jpg

これ絶品です。
カリカリのパンにヨーグルトとスモークサーモンが乗せられて、はちみつをかけてあります。
この甘みがサーモンととてもよく合うのです。

店内の様子。
e0238838_2524340.jpg

ワインがズラリっ!
ここは酒屋さんも兼ねていて、この場で飲むこともできるし、ボトルを買って持ち帰ることもできます。しかもかなり良心的な価格。
e0238838_253459.jpg


次はウニを注文。
e0238838_2521360.jpg

友だちが頼んだ品。これ何だったかな。。
e0238838_2542714.jpg

最後にNabajas(ナバハス、マテ貝)を注文。
e0238838_31257.jpg

おいしかったし、楽しかったぁ~♪
最後にコーヒーも飲みました。
デザートはないのだけど、代わりにリキュールたっぷりのカスタードクリームを人さじずつくれました。

また是非来たいと思います。


短い期間だったけど、久しぶりにいろいろ話せて、試したかったお店にもたくさん行けて楽しかった♪
また会う日まで元気でね~^^
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-05-07 02:59 | バルサ(Barcelona)

Barcelona Sightseeing1

1月22~24日まで、ロンドンから友だちが遊びに来ました。
夫が2週間半ほどアジアに行っている期間で暇だったので、この間に来てくれて楽しく過ごすことができました。

お客さんが来たときにまず案内するのはグエル公園。
入場無料のガウディ作品だし、高台にあるので景色もよく、街が一望できるので土地勘も得られると思います。

公園の入り口を入ったところ。
e0238838_2331940.jpg

少し前まではポカポカ陽気だったのに、この日は曇り気味で風が冷たく結構寒かったです。
だからなのか、観光客が少なくて大人気のトカゲを独り占め☆
こんなこと、普通はまずありえません。
e0238838_2334350.jpg

e0238838_2354995.jpg


旧市街をぶらぶら歩き、以前から行ってみたかった有名バル、Cal Pep へ。
19時半に開店するのですが、開店前に並んだ方がいいので19:15分頃から様子を伺っていました。
でもあんまり人がいなくて、近くのお店に入っては列の様子を見たりして。。
結局並び始めたのは19:25分頃。

寒いせいなのか、この日は並ばなくても結局全員入れました。
普段はラーメン屋のように、カウンター席に座って食べてる真後ろに待っているお客さんが並ぶんです。
でもこの日は待ってるお客さんはいませんでした。
後ろからのプレッシャーがないのでゆっくりできてよかったです♪

注文はおまかせにしました。

アサリが大きくてプリプリです。
e0238838_2411149.jpg

トルティーヤ(スペイン風オムレツ)
e0238838_2421051.jpg

スペインバルで定番のタパス料理ですが、ここのトルティーヤは格別っ!!
多分バルセロナ一おいしいんじゃないかと思います。
e0238838_243278.jpg

ふわふわで中はトロトロ。
表面にはガーリックの効いたアリオリソースのようなものが塗ってあります。
最高です☆

マグロのタルタル。
e0238838_2442883.jpg

e0238838_2445048.jpg

お魚。アンコウだったかな。。。
e0238838_2454687.jpg

この日は残念ながら体調がイマイチで、食欲もあまりなく、、私は途中でギブアップ。。
でも隣の人が食べていておいしそうだったデザートを一つだけ注文。
味見だけしましたが、サックサクでおいしかったです。
e0238838_2471087.jpg


お店を出るとザーザー降りの雨。
傘もないし、とりあえず大通りまで走り、タクシーをつかまえて帰りました。

寒い中濡れたら風邪をぶり返すところでした。
あ~よかった。


つづく。。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-04-22 02:52 | バルサ(Barcelona)

Freixenet

10月7日、電車に乗ってショートトリップ。
CAVA(スパークリングワイン)で有名なFreixenet(フレシネ)の工場を見学してきました。
開始時間が決められていて、一人が説明しながらグループ単位で見学します。(一人6.50ユーロ)
ガイドは時間によってスペイン語、英語の回があるのでどちらかを選ぶことができます。(ネットで予約できます)

サンツ駅から電車に乗って約40分。サン・サドゥルニ・ダノイアとい駅で降りたら、フレシネは目の前にありました。(もう一つ有名なCodorniu(コドーニュ)へは同じ駅で降り、そこからタクシーで行くようです)

e0238838_7425232.jpg

フレシネバイクに、
e0238838_7441088.jpg

フレシネカー。
e0238838_7443057.jpg


見学用の設備が整っていて、CAVAができるまでの工程をパネルを見ながら説明してくれました。
e0238838_7481751.jpg

発酵にはイーストを使うんですね。

CAVAは次の表のように、Brut Nature、Brut、Seco、Semi-Seco、Dulce など分類されますが、その違いは加える砂糖の量でした!
e0238838_754274.jpg

確かに Brut Nature は辛口で、Semi-Seco はちょっと甘い、というのはこれまでも気づいていましたが、その理由が単純に砂糖だなんてビックリです。


樽が置かれています。
e0238838_7565096.jpg

ここは地下のかなり深い場所。
電車が通る線路のすぐ下なので、地下を深く掘り、電車の振動が届かない場所に置かれているそうです。(振動はワインによくない)
e0238838_804761.jpg


ボトルの種類(大きさ)
e0238838_815040.jpg

通常の750mlサイズは右から3番目。
4番目のマグナムサイズ1.5lでさえ、お店で見ると相当な大きさですが、まだまだ親分がいましたねぇ。
750mlの瓶でも結構重いのに、一番左の特大サイズなんてとても持てそうにありません。。


どんどん進みます。
Cava Real の"Real"とは、「王室の」="Royal"の意味だそうです。
e0238838_895815.jpg

e0238838_8112050.jpg

最後は乗り物に乗って。
狭い場所でも器用に曲がったり方向転換したり。
e0238838_8124654.jpg

一瞬だけ外に出て、そこで終了。
e0238838_8141646.jpg

最後は試飲タイム。
一番の定番Cordon Negroを一杯ずつ(だけ)もらえました。

飲み足りない方は他の味を試すこともできます。有料☆
e0238838_8173047.jpg


同じツアーに日本人の方が一人いらしたので、試飲タイムで少しお話しました。ワインについて詳しそうだったので聞いてみると、日本でメルシャンで働いているのだ、とのことでした。
仕事でスペインに出張で来ていて、この日はちょうどオフの日だったらしい。

せっかくなので、ということで、他のCAVAも試してみることに^^
e0238838_8212567.jpg


その後はお土産屋さんを覗いて、電車で帰宅。

その電車ですが、、その方が「バルセロナに行く電車がもうすぐ来るのだけど走れば乗れる」というので、急いで駅まで走ってちょうど来た電車に乗りました。

まぁ、、ちょっと嫌な予感はしたんですよね。。
あれ、こっちだったっけ??と思いながら、でもちょうどその時刻に来たので乗りました。

で、落ち着いて調べたら、やっぱり逆方向でした。

仕方ないので一駅先で降りて、引き返すことに。


次の電車は何時かな、、と調べると、その駅は各駅しか止まらないマイナーな駅(無人駅)で30分後だったかな。(もっとだったかも。。)
ま、とくにその後の予定も決まっていなかったし、ちょっとの寄り道くらいはいいんです。

その間違いのおかげで、やっとブドウ畑を見ることができたのですから、むしろ正しい間違いでした^^
e0238838_8264458.jpg

e0238838_845753.jpg


次の電車が来るまでまだまだある、と思っていたら、アナウンスが入り「通過列車、止まりません。ご注意を」みたいなことを言っていました(と思うんです!)

でもなんとなく減速しているような気がしたので運転手さんにあいさつのつもりで手を上げたら、その電車、なんと止まりました。
ドアも開きました。

ん?あれ!?乗っていいのかな。。??とよくわからないながらも乗車。でもちゃんと次のフレシネの駅に戻れたし、その駅では時間調整のためしばらく停車していました。

あの時手を上げたから止まってくれた??
それとも、もともと止まることになってるのに、私たちが時刻表を見間違えた??

なんだかナゾですが、無事に帰ってこれてよかったです^^


片道1時間以内で行けるし、電車代も安かったし、見学している間はわかりやすい説明付きで内容も興味深かったし、バルセロナからの小旅行にはちょうどいいと思います。
半日で行けるイメージです。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-01-16 08:49 | バルサ(Barcelona)