カテゴリ:旅行(Travel)( 85 )

Valencia2

2週間半ほど不在にしていた夫が今週帰ってきました。

シンガポール一週間、上海4日間、日本4日間、移動3日間くらい(?)

日本からバルセロナまで戻ってくる際、

羽田→上海 (3時間フライト)  (上海では空港間の移動あり)
上海→シンガポール (5時間フライト)
シンガポール→バルセロナ (13時間フライト)

Door to Door で約35時間ほどかかりました。

さすがに相当お疲れの様子でした。
昼も夜もずっと寝てました。
しかも体調崩したようで。。><

長距離フライトは体にかなり負担がかかるということですね。




さてブログの続きです。

おいしいパエリアを食べた後、その日泊まる予定のホテルへ。

バレンシアからバルセロナに戻るちょうど中間地点らへんのペニスコラという町ににパラドールがあったので、そこで一泊することにしていました。

ナビの設定がうまくできず、本来ならばすぐ高速に乗るはずだったのに、どうもナビがさす方向が変な方向で、「ん~おかしいなー。。」と思っていました。

そうこうしていたら、橋の上で検問をやっており、そこを通過する羽目に。
スペインで検問って初めて。

ま~でも悪いことしてないし、言われた通りにするだけよね、って思っていました。

イギリスからスペインに登録変更の手続きはRACCという車関係のサービスをやっている会社で一通り済ませているし、保険もRACCで入っているし車検もちゃんとやってるし、何の問題もないはずでした。

が、しかし。。

保険には入っているものの、それを証明する書類を持ち合わせていなかったのです。
それで警察は無線で警察が持っている情報を確認し、なぜか私たちの車には保険がかかっていない、と言われてしまいました。

確かに書類はなかったけど、でもちゃんとRACCにお金も払ってちゃんと保険に入ってますっ!!と、つたないスペイン語で一生懸命抗議するも、
「こっちで確認した。この車には保険がかけられていない。あなたは嘘をついている」
って言うんです。

いやいや、そんなことはない、って抵抗しようとしたものの、
向こうはどんどんレッカー用のでっかい車を用意し、「荷物を持って降りろ」「保険がない以上走らせられない」
と言い、私の言うことなど耳も傾けてはくれない。

RACCに電話するもちっとも通じず、
イライラは募る。。

状況を説明するだけのスペイン語がなかったのもいけないかもしれないけど、向こうは強気だし、証拠がない以上どうあがいたって納得するわけもない。
(せめてRACCに電話が通じて、その車は保険に加入していますよ。って言ってくれれば何とかなったかもしれないが)

どうすることもできず、
あ~あ~。。。って車を見送るしかありませんでした。


その後の手続きとして、

・まず保険に入ること
・その後警察署に来ること。

ということでした。


で、、
どうしよう。。。。

車がなくなって、今夜の宿泊先は遠くだし。

とりあえずタクシーを止めて、ここに行きたいんだけど、、ってパラドールの住所を見せると、
「本気でここまで行くつもり?!? ここから200キロくらいあるから200ユーロ以上はかかるよ。」
と言われました。
「僕はいいけど、電車で行った方が早いし安いと思うけど。。」
(このタクシーの運転手さん、いい人でした^^)

そうだよねぇ~。。高いよねぇ。。。

と考え、とりあえず駅まで行ってもらうことにしました。

駅で当日分のバレンシア→ベニカルロ(ペニスコラ)と、翌日の朝戻ってくるためのぺニスコラ→バレンシアの切符を購入。
(時間によって料金も変わってきます。)

電車の時間までは2時間くらいあったかな。
近くのBARで気分を紛らわすためにビールを注文。

その頃RACCとも連絡が取れ、証明になるような書類をEmailで送ってもらえることになった。
とりあえずそれで翌日、警察とかけあうしかない。

電車に乗っている間、夫はいい感じで酔っ払った様子で、隣でガーガー寝ていたけど、私はなんだか悔しくて酔っ払うどころか目が冴えてしまって。。

そんな私を夫は「ま~仕方ないじゃん」って笑ってました。

確かにそうですよね。
もう起きてしまったことは仕方ないし、事故にあったとかそういう最悪の事態ではないのだからこれで済んでよかったとしよう。
これも外国で住む経験のうちの一つだよね、と気持ちを切り替えることにしました。


翌朝、ご飯を食べてすぐ出発。
バレンシアに向かう車窓からはオレンジの木がたくさん見えました。
さすがバレンシア☆
(写真を撮ってみたものの、どれもブレてしまっていい写真がありません。。><)

バレンシア駅到着。
モザイクタイルがたくさんあってとってもかわいい駅です。
e0238838_3464127.jpg

e0238838_347640.jpg

e0238838_347425.jpg

e0238838_348791.jpg

e0238838_3483057.jpg


気を取り直して迎えたこの日でしたが、
またまたとんだ目に。。

なかなかうまいこと行きませんねぇ。。


つづく。。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-02-02 03:56 | 旅行(Travel)

Valencia

11月1日~3日。車旅行第二弾、バレンシアに行ってきました。

バレンシアといえば、、バレンシアオレンジ。それからパエリア発祥の地でもあります。
それに火祭り、トマト祭りでも有名です。

バルセロナからは約350km。プロヴァンスより距離は短いので、(高速代は同じくらいかかりましたが^^;)ちょっとゆっくりめの出発。

途中小さなリゾート地があったので寄り道も。
さすがにこの時期、閑散としています。
e0238838_2312192.jpg


初日はホテルでまったり~。
到着したのがすでに夕方だったこともあり、出かけませんでした。

翌朝、とりあえず一人で散歩。
近くに公園がありました。バレンシアの旗の模様。
e0238838_2335349.jpg

いい天気。
e0238838_2364394.jpg


朝食後夫と町中へ。
バレンシアと言って思い浮かぶのはもう一つ、Lladro(リヤドロ)。
バレンシア郊外にリヤドロの工場があって見学できるらしい。
行けばよかったなぁ~。。。

とりあえず町中のリヤドロのお店に行きましたが、改装中(?)のようで品揃え今一つでガッカリ。
でもゴンドラは素敵。
e0238838_4111118.jpg


市庁舎。
e0238838_4123774.jpg


e0238838_4131224.jpg


市場。
e0238838_414375.jpg

e0238838_4151457.jpg


ラ・ロンハ。15世紀の商品取引所。
柱がらせん状できれい。
e0238838_4163581.jpg


ミゲレテの塔。
e0238838_420011.jpg


レイナ広場。
e0238838_4205885.jpg


バレンシアの飲み物Horchata(オルチャタ)のお店。
オルチャタは白く濁った色で甘い。本によると、カヤツリの根を原料にしているとのこと。
e0238838_422532.jpg


お店にミシンが置かれていて、1分で好きな文字をいれてくれるみたい。
ちなみに"Te Quiero"は"I love you"の意味。
e0238838_4252611.jpg


カラフルでかわいい。
e0238838_426477.jpg


そろそろお昼時。
e0238838_4274459.jpg


本場のパエリアを食べに出発っ!
バレンシアから南へ12kmのところに水田地帯があり、そこはスペイン一の米どころ。
その場所にパエリアを食べさせてくれる El Palmar という村があるということで行ってきました。

川(運河?)脇にあるレストランに入ることに。
e0238838_4323558.jpg


バレンシアオリジナルのパエリアを頼んだら、できあがるのに1時間かかるとのこと。
もう3時すぎだったしお腹ペコペコだったので迷いましたが、せっかくここまで来てるのだから本場ものを食べることにしました。

やっと来ました。時間は4時。やっと食べれる~っ!
e0238838_435257.jpg

色は全然黄色じゃないです。
だからやっぱり味がおいしければ色は気にしなくていいんです!
バレンシアのパエリアには、カタツムリ、ウサギの肉、モロッコいんげんが入ることが特徴。

おいしかったです!本当に♪
かたつむりは食べない方がよさそうでしたが。。

天気もよくて水辺の近くで気持ちが良かった!
車で来ているのでビールはなしでしたが。。

大満足でこの日の宿泊先に向かいました。


が、、、この後とんでもない事が起きました><

この続きは次回。。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-01-28 04:44 | 旅行(Travel)

Provence3

10月21日(日)

ホテルの敷地内を散歩してみると、雰囲気のいい場所がありました。
e0238838_23193261.jpg

e0238838_23205079.jpg

e0238838_23214749.jpg

朝食はゴルドのカフェで取ることにしました。
雑貨に囲まれたかわいいショップ兼カフェへ。
e0238838_23225993.jpg

e0238838_23231859.jpg

ゴルドの村を見納め。
e0238838_23245849.jpg


次に向かうのは、L'lsle-sur-la-Sourgue(リル・シュル・ラ・ソルグ)。
ここは川と運河の町、そしてアンティークで有名な場所なんだそうです。
アンティークはパリで買うよりお値段が安いので人気だとか。

このアンティーク市は毎週日曜日に開かれるので、これに合わせてプランを組んだわけです。

運河には水車も。
e0238838_23292472.jpg

やってるやってる♪
e0238838_23311794.jpg

e0238838_23294975.jpg

常設のアンティークショップも。
e0238838_23323337.jpg

雑貨屋さん。
e0238838_2333275.jpg

e0238838_2334462.jpg

e0238838_23351265.jpg


この頃から黒い雲が近づいてきて、
e0238838_23361830.jpg

一時ザーザー振りの雨で、あっという間に全部のお店が畳まれてしまいました。
(みんな車で来ているので、片づけて帰って行った。。)
まだ半分も見てなかったのに。。><

雨上がり。
e0238838_23381878.jpg

e0238838_23385565.jpg

e0238838_23393047.jpg


こじんまりしてかわいい町です。やっぱり水のある風景って絵になりますよね。

アンティーク市は終わってしまったので、次の町へ。
この日の宿泊はAvignon(アヴィニョン)近くのオーベルジュ

その途中の道。
e0238838_23484368.jpg


アヴィニョン近くとはいえ、周りは住宅街で、お店もレストランもなーんにもないところでした^^;
着いてすぐウェルカムドリンクのサービスがありました。
e0238838_2350881.jpg


スパ施設もあるので、ジャグジーやサウナに入ったり、夫はマッサージも受けたり。
ほとんど何もせずのんびりしました。

今回は夕食も朝食も付いているプランにしました。
食事も楽しみ☆
プロヴァンスらしい黄色の食器。
e0238838_23531769.jpg

e0238838_23543637.jpg

最後にチーズがドーンと運ばれてきて、選びたい放題。
おなかいっぱいでそんなには食べれませんが。。
e0238838_23561544.jpg

シェフの奥さんが各テーブルを周り丁寧にあいさつしてくれました。

レストランの色合いもスタッフの人柄も、暖かで家庭的な雰囲気でとても居心地がよかったです。


翌日はもう帰るのみ。
3泊して3回連続フルコースディナーはさすがに多いかな。。
でもおいしく頂けて、かわいくて美しい場所をたくさん見れて、贅沢な旅行でした。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-01-28 00:03 | 旅行(Travel)

Provence2-2(Gordes)

10月20日のつづき。

Roussillonの次は、この日宿泊予定の村Gordes(ゴルド)へ。

山(丘)の頂上にある村で、「天空の城ラピュタ」のような感じです。
e0238838_444229.jpg

ここも「フランスで最も美しい村」に登録されています。
e0238838_464353.jpg


とりあえずホテルへ向かい、場所を確認した後、近くのセナンク修道院へ行きました。
e0238838_49403.jpg

建物の前に広がるのはラベンダー畑。
咲いている時期に来たら素晴らしいだろうなぁ。。

修道院を見学するには事前予約が必要で、ガイド付きツアーのみ、とのこと。
ショップにだけ立ち寄って、ラベンダーのエッセンシャルオイルやジャムなどを買いました。


ゴルドの村に戻って散策。
e0238838_4133760.jpg

e0238838_4135280.jpg

e0238838_4151419.jpg

e0238838_4161383.jpg

e0238838_4163389.jpg

リネンのお店。かわいかった♪
e0238838_417218.jpg

e0238838_4175197.jpg

e0238838_4182968.jpg

e0238838_4193993.jpg

結婚式のようです。
e0238838_4201165.jpg

e0238838_4203999.jpg

バスなども発着する広場。
e0238838_4214186.jpg


この辺りは「ボリー」と呼ばれる石造りの家が点在していて、ゴルドから少し離れたところには「ボリーの村」があります。
ただの村かと思って行ってみたら入場料が必要な屋外博物館のようになっていました。

ボリーの村入口案内。
e0238838_429782.jpg

コッツウォルズみたいですね。
e0238838_430060.jpg

オリーブの木がありました。
e0238838_4302128.jpg


この日泊まったホテルはその名もLes Bories(レ・ボリー)。
石造りの箇所がいくつもありました。

ホテルの駐車場近く。
e0238838_434913.jpg

今回も部屋はまた「離れ」。
e0238838_4344962.jpg

暖かければここで朝ごはんもいいかも。
e0238838_4353443.jpg

e0238838_4361151.jpg


ここのレストランはミシュラン1つ星、ということで期待していました。
レストランが開く時間に行ったので一番乗り。

奥の方へ通されました。
素敵な雰囲気。
e0238838_4554241.jpg


最初は写真を撮ったりしていたけれど、
しばらく時間がたっても誰も来ない。

メニューも持ってこなければ、飲み物のオーダーすら取りに来ない。。
忘れられてる??

その後もしばらく我慢して待っていたけれど、さすがに待たされすぎ。
いくらなんでもこれはおかしいよねぇ、と思い、ウェイターを探しに行った。

さっき案内してくれた女の人がいたので、「私たちの担当は誰??」って聞くと、ちょっとびっくりした様子。
「は?何か??」って感じだったみたい。
「誰も来ないんだけど、誰が私たちのオーダーを取るの?」と聞くと、やっと状況を把握したのか「すぐ行きます」って。

星付だかなんだか知らないけれど、そもそもサービスがなってないじゃん!!
私たちのことを奥に追いやっておいて、そのまま忘れたのかしら。
せっかく楽しみな夕食だというのに機嫌が悪くなっちゃうよ。。

で、ようやくオーダーを取りに来た男の子に、「場所を移りたいのだけど。ピアノを聞きたいから。」と言って席を変えてもらいました。

食事は盛り付けもおしゃれだったし美味しかったけど、最初の印象が悪くてあんまり味を覚えていません。
残念だったなぁ~。。

サービスって大事ですね。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-01-27 05:00 | 旅行(Travel)

Provence2-1(Roussillon)

10月20日(二日目)。

朝ごはん。
ハロウィンを意識した(?)黄色オレンジ系のテーブル。
e0238838_2334779.jpg

この場所もいい雰囲気です。
e0238838_235471.jpg


遅咲き(?)のラベンダー発見!
e0238838_2355955.jpg


ゆうべのお菓子を。ちょっと寒いけどせっかくなので(無理やり)外で^^;
e0238838_2371218.jpg

あ~、気持ちがいい眺めだー。。
e0238838_2375241.jpg


チェックアウト後、車で敷地内をちょっと寄り道してみたら、
へんな銅像がいました。
e0238838_2310780.jpg

ワイナリー。
e0238838_23113899.jpg


さて、出発。

この辺りはプロヴァンスの中でもリュベロン地方と呼ばれるところ。
山と畑、自然に囲まれどこも美しいです。
(夏はラヴェンダー色に染まるんでしょうね~。それも見てみたい♪)

e0238838_2316650.jpg


「フランスで最も美しい村」協会に登録されている村、Roussillon(ルシヨン)に来ました。
e0238838_2323319.jpg

e0238838_2325715.jpg

ルシヨンは、黄色顔料の原料となるオークルの丘の上に築かれた村、と本に書かれています。
確かに黄色、オレンジ色をしています。
e0238838_23294523.jpg

中心部へ行ってみます。
e0238838_2330451.jpg

e0238838_23314429.jpg

e0238838_23325626.jpg

e0238838_23345100.jpg

e0238838_23383969.jpg

e0238838_23354749.jpg

(左の旗はカタルーニャの国旗でしょうか。。?)
e0238838_23362166.jpg

カフェで。
e0238838_23405539.jpg


赤色の建物に囲まれて、青空にも恵まれて色鮮やかな印象でした。
テーブルリネンを扱うお店ではプロヴァンスらしい色調で、どれもかわいくて楽しめました。

この後Gordes(ゴルド)へ向かいます。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-01-19 23:46 | 旅行(Travel)

Provence1(Gargas)

10月19日から22日、車で南仏、プロヴァンス地方をまわってきました。

休憩なしで行けば5時間くらいで着くようです。私たちはちょくちょく止まりながら、かなり時間をかけてゆっくりと行ってきました。

秋になり、そろそろ寒くなり始めた時期でした。
日中はまだ大丈夫でしたが、夜は結構冷えました。(夜は暖房必須。)

車でスペインを出るのは初めてでしたが、国境では何の手続きもありませんでした。EU圏内ですからね。
ただ、ちゃんと「ここからフランス」というのはわかり、検問をする場所もあります。
私たちはそのまま通過できましたが、止められている車もありました。

Avignon(アヴィニョン)到着。
e0238838_0504893.jpg

この城壁の中に町があるようです。
が、宿泊場所はまだしばらく先にあるためここは通過するのみ。

だんだん雰囲気出てきました~
e0238838_0523463.jpg

e0238838_0544623.jpg

e0238838_0544632.jpg


一日目のホテルに到着。
ここはブドウ畑の中にホテルがあり、同じ敷地内でワインも作っているようです。なのでとっても広い!
e0238838_058991.jpg

エントランスを抜けて、
ホテルの受付はだいぶ先。
e0238838_0592919.jpg


私たちの部屋は「離れ」でした。ブドウ畑が目の前でとっても素敵です!
e0238838_122823.jpg

葉っぱがキラキラしています。ちょうど赤く色づき始めてとてもきれい。
e0238838_134572.jpg

部屋はとっても広いし、かわいいし、素晴らしいっ!!
e0238838_134963.jpg


早速敷地内を散歩。
丸っこいのはすべてラベンダー。触ったらいい香りがしました~♪
e0238838_153586.jpg

本館と離れを結ぶ道。
e0238838_164975.jpg

ラベンダーの時期に来たら、優しい色と香りに包まれて幸せだろうなぁ~^^

こんな見晴らしのいい場所もありました。
が、もう寒すぎです。風が強くて。。
e0238838_195222.jpg

e0238838_1122623.jpg

ここはまた別の「離れ」のよう。
e0238838_1135198.jpg

風が強いことがおわかりでしょうか。木も雲も。
e0238838_1152476.jpg

収穫されなかったブドウ発見!
e0238838_1174574.jpg


部屋に戻り夕食の時間まではのんびり過ごしました。やることがないし行くとこもないので^^;

食事のために本館へ行こうとした時間にはもう真っ暗。
ブドウ畑には明かりがないためか真っ暗闇で、星がたっくさん見えて感動しました☆

ただ、レストランまでの道が暗すぎてちょっと怖かったです。。(足元の光くらい用意してくれてもいいのに。。)

レストランはこんな感じでした。
e0238838_1224639.jpg

食事の写真も撮ったには撮ったのですが、暗くて何が映っているかよくわからないのでここに載せるのはやめておきます。

ワインはもちろんココので。
e0238838_1254113.jpg


食事の量が多くて、最後の焼き菓子はどうしても食べれず、、
残ったワインと一緒に部屋に持ち帰らせてもらいました。

結局、翌朝部屋でコーヒーを淹れて飲みました。
部屋にNespressoのコーヒーマシーンがあり、ミネラルウォーター、ミルクもあり、すべて無料でした。
これはとっても嬉しいサービスです。


大きなバスタブもあったので、ゆっくりお湯に浸かって暖まりました。


つづく。。。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-01-19 01:42 | 旅行(Travel)

Madrid再び3

9月30日、マドリッド三日目。

晴天です!

この日は日曜日で、観光局主催の日本語ガイドウォーキングツアーがあったので、一人で参加しました。

開始30分前くらいにマヨール広場の観光案内所に到着し、チケットを購入。
この日は8人くらい参加しました。

観光局の職員と日本語少し話すスペイン人(奥さんが日本人だそう)と一緒にスタート。

まずはマヨール広場。
e0238838_6454747.jpg

e0238838_6461525.jpg

サン・ミゲル市場を通り過ぎて王宮へ向かいます。
e0238838_6482472.jpg

この木はマドリッドのシンボル、山桃の木。
街路樹としてあちこちにあります。
e0238838_6495378.jpg

e0238838_6501495.jpg

ゴヤが住んでいたとういう家。
e0238838_6543842.jpg

途中の広場。以前ここに教会があったそうです。
e0238838_6552851.jpg

たまたま通りがかったパン屋さん。
e0238838_65689.jpg

王宮前の広場。
e0238838_6573161.jpg

e0238838_6582123.jpg

賑やかだなぁ~と思って近づいてみると馬にのった兵士が続々と。
翌日にどうやら式典(?)があるらしく、その予行練習をしているところでした。
e0238838_712310.jpg

厳戒態勢だったので、この日は王宮の見学はできないとのこと。残念。。

王宮横の大聖堂。モダンな感じです。
e0238838_725986.jpg

裏側。
e0238838_735659.jpg

マドリッドは高い場所にありました。市内を歩いている限りそんな感覚はなかったですが。
e0238838_753118.jpg

サン・イシドロ教会。
前の道が狭くて、なんとか撮った一枚。
e0238838_7122261.jpg

サン・イシドロとはマドリッドの守護聖人。
バルセロナ(カタルーニャ州)ではサン・ジョルディを大事にしているように、マドリッドではサン・イシドロなんだそうです。

カタルーニャの典型的な名前が「ジョルディ」なので、もしやマドリッドも!?と思って聞いてみると、やはり「イシドロ」という名前が多いそうです。
同様に女性の名前も聞いたのですが、忘れてしまいました。。><

それと、昔はスペインの首都はトレドにありましたが、トレドは教会の力が強すぎて政治がしにくかったようです。そのためトレドから離れ、スペインのど真ん中であるマドリッドを政治の中心としたそうです。


こんなところでツアーは終了。
再びマヨール広場に戻りました。

ここで夫と合流。
広場近くにあるシャンピニオン専門のバルに前々から行きたかったのですが、お休みでした。。
仕方がないので広場でお昼ご飯。
e0238838_7165640.jpg


この後ホテルに戻り荷物を持って、再びAVEに乗って帰りました。

2度目のマドリッドでしたが、トレドを含め新しいところを散策できたので楽しかったです。
首都だけあって洗練された雰囲気があって、マドリッドも結構好きです。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-12-11 07:23 | 旅行(Travel)

Madrid再び2(Toledo)

続きです。

駅からてくてく歩いて15分ほど(?)

見えてきました。
e0238838_0322713.jpg

トレドの古都は三方向、川に囲まれています。
前方の高台に見えるのは「アルカサル」、かつての要塞、現在は軍事博物館です。

まずは橋を渡り、右奥に見える急な階段を上がります。
e0238838_0512313.jpg

入口。
e0238838_0524934.jpg

この階段、思った以上にしんどくて、しかもこの道で正しいのかもよくわからず、、でも行ってみるしかないと進んでいったら、結果大丈夫でした。(せっかく頑張って上ったのに降りることになったら悲しいですよね。。)
高いだけあって眺めがいい!
e0238838_0554252.jpg


町の中心、ソトゴベール広場に到着。
e0238838_058286.jpg


散策開始♪

ドン・キホーテの作者、セルバンテスの銅像。
e0238838_1027.jpg

e0238838_103732.jpg

e0238838_111187.jpg

e0238838_124011.jpg

坂が多くて、、小さい町ながらもちょっと疲れます。
でも坂のある街並み、好きです^^
e0238838_145510.jpg

e0238838_153341.jpg

カテドラル。
e0238838_1123710.jpg

e0238838_6221156.jpg

e0238838_1145448.jpg

e0238838_1174929.jpg


町を一望できるというので、川の反対側の山の上にあるパラドール(ホテル)のテラスへ。(タクシーで)
e0238838_1242659.jpg

この景色を見ないで帰るというのは損です。
来てよかった!!
e0238838_1223089.jpg


電車の時間までじっくり景色を堪能しました。

ゆっくりお昼を食べる時間もなく、ちょっと慌ただしいトレド日帰り小旅行でしたが、町まるごと中世の色が残り、かつては首都があっただけに立派な建物が多く、見応えたっぷりでした。
何より町の前景が美しかった!

帰りはまたAVEで。
駅までタクシーに乗ったら、運転手にマドリッドまでタクシーで行かない??って勧誘をされましたが、冗談じゃありませんっ!
タクシーなんて時間がかかるし高くつくし。もう帰りの切符も買っていたし。。
AVEが好きなの~^^って言ってお断りしました。
それ以上しつこくなくてよかったわ。

大満足で一日を終えました。翌日はマドリッドを半日観光します。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-12-01 01:39 | 旅行(Travel)

Madrid再び1

9月28日、ワイン会の後サンツ駅からAVE(スペインの新幹線)に乗ってマドリッドへ。
到着したのは24時過ぎ。

去年同様、夫のサッカー大会がIEというビジネススクール主催であり、それに参加するため行ってきました。

私は応援、というより観光目的(いつもの通り。。^^;)


この日泊まったホテルには、ベッド脇にフルーツが用意されていました。すばらしい~♪
この日は速攻で就寝。

翌朝(土曜日)、雨がしとしと。。。

夫は集合時間通りグラウンドへ向かったものの、試合の開始時刻が大幅に遅れ相当な期間待ちぼうけだったようです。

私はこの日朝からトレドに行こうと思っていたのですが、あいにくの雨で午前中はマドリッド市内のショッピング通り(セラーノ通り)を歩いてみることにしました。

e0238838_3534734.jpg

栗がおいしそう~♪
e0238838_352574.jpg

秋の味覚ですね~^^
ロンドンでは基本的にこのように栗が売られているところはなかったです。
あっても冷凍か缶詰か、甘栗のようになったものの真空パックか。

なので、去年スペインで初めて栗を見たとき、芋栗好きの私はとっても嬉しくてテンションが上がりました。
その他にも柿(kaqui/kaky)も普通に売られています。安いしおいしい♪

Lladroに来ました。
日本では「リヤドロ」と呼ばれますが、"LL"の発音は"Y"とほぼ同じなので「ヤドロ」のように発音します。

この地方ならではの「ドン・キホーテ」。
e0238838_3582478.jpg

ショッピングセンターの入り口。
e0238838_401656.jpg

緑がきれい。
e0238838_41644.jpg

e0238838_4155100.jpg


雨が上がったので、やっぱりこの日のうちにトレドへ行くことにしました。
翌日はもうバルセロナに戻る日なので、電車の時間がうまく合わないこともあり。。

ここでもAVEに乗車。
e0238838_421462.jpg

この車両はTurista(2等)なのに1席+2席でした。快適^^
e0238838_442025.jpg

e0238838_452570.jpg


あっという間にトレドに到着。
駅からしていい雰囲気です!
e0238838_46146.jpg

e0238838_465996.jpg

窓口。(現在使用されてないようですが、、)
e0238838_475712.jpg


駅からはバスでも行けるのですが、大した距離でもなさそうなので歩いて中心部へ行くことにしました。


つづく。。。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-11-24 04:13 | 旅行(Travel)

一時帰国3(信州・安曇野旅行)

両親と弟と4人で家族旅行。

BCNに戻る前にみんなで食事でも、、っていう話だったのが、あまりの暑さに「涼しい所に行きたい」と言った私の望みをかなえてくれました。

安曇野は初めて。
いわさきちひろ美術館があることだけは知っていて、いつか行ってみたいと思っていたのでした。

長野まで新幹線、そこからはレンタカーで穂高・安曇野界隈をまわります。
出発の日、午前中に人間ドックの結果を聞くために病院へ行かなくてはならなかったので、出発時間を午後にしてもらいました。

長野に着いたらやっぱり善光寺にお参りに行かなきゃ!と向かったのですが、4時過ぎで参拝客も少なめで既に店じまいの雰囲気。
東山魁夷の美術館にも入れなかったし。。残念。
e0238838_2202228.jpg


そうそう、善光寺の額に鳩が5羽隠れているというのを初めて知りました。
(善の字に2羽、光の字に2羽、寺の字に1羽)
e0238838_2293337.jpg

帰りに交差点でも確認!
e0238838_2313114.jpg


翌日、朝食後の優雅な時間。すがすがしいっ!!
e0238838_2343459.jpg

母と近くを散策することに。
e0238838_2353188.jpg

e0238838_236699.jpg

e0238838_2364371.jpg

朝の散歩に最適でした♪

この日はまず「いわさきちひろ美術館」へ。
広大な敷地の中に美術館がありますが、この広場では幼稚園児がたくさん水遊びをしていました。
e0238838_2395725.jpg

e0238838_2382616.jpg

ちょうど館長である黒柳徹子作「窓際のトットちゃん」とのコラボ展示がされていたので、すごく興味深かったです。
トットちゃんの本には、いわさきちひろの絵がたくさん使われていますが、本が書かれる前にいわさきちろは他界していました。でもこどもの絵をたくさん書いていたので、ストーリーにぴったりの絵がいくつもあったそうです。

久しぶりにそのストーリーと絵に触れて、ちょっとジーン。。。

建物の後ろにも広大な敷地。
初夏に来れば色とりどりのお花畑が見れるようです。
e0238838_2391736.jpg


その後、古民家を改装しておそばを食べさせてくれるというお店へ。(ほぼ松本に近い場所でした)
立派です。
e0238838_2465552.jpg

e0238838_2474017.jpg

e0238838_248251.jpg


その次は大王わさび農場へ。
e0238838_2492297.jpg

e0238838_2503723.jpg

あまりに暑くて、足早に一回りして、わさびアイスを食べて終了。
わさびアイスは意外にもおいしかったです。

そのまま松本へ向けて出発。
松本で車を返し、特急あずさ号で帰宅。

弟が奮発してくれ、グリーン車に乗せてもらいました。
新幹線よりだいぶ長い時間乗るのでグリーン車はとっても快適で嬉しかったな。


今回の一時帰国、この他にも会社時代の上司や先輩後輩、友人ともたくさん会えて、楽しい時間を過ごさせてもらいました。
久しぶりに見る顔も、時間の経過を感じさせず話に花が咲いて、友人って本当に財産だなと思います。

今までの出会い、そしてこれからの出会いを大切にしていきたいと思います。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-11-14 02:59 | 旅行(Travel)