お料理教室(スペイン料理)-8回目

12月10日、お料理教室に行ってきました。

前回に引き続き、カタルーニャのクリスマス料理です。

スペインでは12月25日がクリスマスで祝日、翌26日は「サン・エステバンの日」という祝日です。
25日に家族で集まって料理を食べ、その次の日も家族で食事をするそうです。

先生のお宅ではクリスマスの日に鶏肉の煮込み、その他牛・豚の煮込みなどを作って食べ、翌日はその残りのお肉を使ってカネロニにするんだそうです。

それを再現するのがこの日のテーマ。

煮込みからみんなで作るとなるとものすごく時間がかかるので、煮込みは先生が事前に作ってきてくれました。
e0238838_17162297.jpg

e0238838_17165958.jpg

このお肉をミンチにするのですが、
先生持参のこの道具!年代物の香りがしますね~^^
e0238838_17183672.jpg

どう使うかと言いますと、
上の穴からお肉を入れ、ハンドルを回します。と、このようにミンチになって出てきます。
e0238838_17201328.jpg

大量にできました。お肉と一緒にゆで卵も入れました。
e0238838_17204250.jpg


このお肉をカネロニ用のパスタに包みます。
パスタはこちらを使用。
e0238838_17213920.jpg

ラザニアの要領で油を少し加えて茹でてから使います。5cm四方くらいの小さめですが、茹でると一回り大きくなります。

このパスタに先ほどのミンチを真ん中に棒状に置き、クルっとひと巻してトレーに並べます。
e0238838_1729432.jpg

e0238838_17293449.jpg

これをひたすら繰り返してたくさん作ります。
e0238838_17301931.jpg

今回は持ち帰り用にアルミトレーを使いました。

上からベシャメルソースをかけ、チーズをふり、オーブンへ。
e0238838_1731295.jpg

先生はベシャメルソースをバターではなくオリーブオイルで作りました。これもおいしいです!!

完成☆
e0238838_17324765.jpg

お肉がしっとりして、いいお味です^^


この日は同時にサラダも作りました。「シッチェス風シャト」という名前。ドレッシングにはアーモンドやヘーゼルナッツ、アンチョビが入ります。
e0238838_17353257.jpg



持ち帰りのカネロニがかなりの量だったので、その日の夜食べる分と、クリスマスにゲストが来た時用に分けて、クリスマス用は冷凍保存しました。

後日ゲストに出したときのブログはこちら。


大人数が集まって手がたくさんあればできるかもしれませんが、これを一人でやるのはちょっとキツイかな。。
しかも煮込みを作るところから始めなくっちゃだしねぇ。。
でも事前に作って冷凍しておけば、お客さんが来た時も当日バタバタしないですむのでいいかも♪

日本ではカネロニ用のパスタがなかなか買えないので、ラザニア用のパスタで代用できそうです。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-02-19 17:52 | 料理(Cooking)

お料理教室(スペイン料理)-7回目

11月16日、料理教室に参加しました。

今回はカタルーニャ地方で伝統的なクリスマス料理です。
鶏肉を丸々一羽使います。

鶏はスーパーでも普通に売られています。
その場合、頭がなくて、内臓もきれいにしてあります。

先生による鶏のさばき方を、説明とともに見せてもらいます。
e0238838_45378.jpg

豚肉は骨付きを使用。
e0238838_462694.jpg

鶏と豚でスープ兼煮込みを作ります。
e0238838_472157.jpg

ミートボールも作り、そのスープに加えます。(小麦粉をうっすらまぶして)
e0238838_483765.jpg

e0238838_4134920.jpg

野菜もたっぷり。
e0238838_416290.jpg

具とスープを分けます。
e0238838_4165835.jpg

Galets(ガレット)と呼ばれるシェル型をしたパスタにひき肉を詰め、これを先ほどのスープを分けた鍋に入れていきます。
e0238838_413655.jpg

e0238838_4213564.jpg

上品な出汁の効いたおいしいスープが完成。
e0238838_4223897.jpg


鶏肉の煮込み(プルーン・ナッツ入り)も完成。
e0238838_4173944.jpg


肉ばっかりの品目でした。
でも地方独特のクリスマス料理を教えてもらえておもしろかったです。

鶏を一羽買ってきて自分でさばく勇気が出るかどうかは微妙ですが。。^^;
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-02-03 04:25 | 料理(Cooking)

お料理教室(スペイン料理) -6回目 (Paella)

10月26日、お料理教室でパエリアを習いました。

スペインと言ってまず思いつくのはやっぱりパエリア。
これは習っておきたいと思っていたメニューなので嬉しい^^

玉ねぎとニンニクを多めのオリーブオイルで炒め、
e0238838_1391431.jpg

モルテロ(黄色い器)に移してペースト状になるまでつぶします。
e0238838_1401439.jpg


鍋にアサリとムール貝を入れ、出汁をとります。
(もちろん貝も食べます)

同時進行で、フライパンで具を順に炒めていきます。
豚肉、海老、イカ。
トマトソースを加え、ペースト状にした玉ねぎとニンニクも加えます。
e0238838_145411.jpg


具を全部戻し、お米を加えます。
e0238838_1484279.jpg


貝の出汁を適宜足していき、お米に火を通します。

貝や海老をきれいに並べたら、その後は混ぜない!
ゆする程度です。
e0238838_1514340.jpg

華やかな黄色の色づけをするために、こんなものを使いました。
e0238838_1524199.jpg

ただ、味に変わりはないし、添加物はあまり使いたくないので、自分で作るときは多少色が冴えなくてもいいかな、と思います。
実際、レストランで食べる時も結構茶色っぽい色だし。

できあがり☆
e0238838_1542862.jpg


出汁の味もしっかり効いてとってもおいしいくできました。
試しに市販の出汁を使ったパエリアと二種類を作ったのですが、やっぱり貝から取った出汁を使ったパエリアの方がおいしかったです。

見た目豪華なので、おもてなしにピッタリです。
(ただ、目が離せないので、キッチンにこもりきりになりそうですが。。)
[PR]

by miepoohsuke2 | 2013-01-28 01:58 | 料理(Cooking)

¡Feliz Navidad!

12月24日、ロンドンから友達夫婦が遊びに来てくれました。

クリスマスイブとあって、何を作ろうか悩みましたが、クリスマス料理とカタラン料理をテーマに準備してみました。

全部の写真を撮らなかったのですが、

前菜にチーズとイベリコ豚の生ハム、
タラのエスケイシャーダ(サラダ)、
ズッキーニのスープを作り、

メイン一つ目はカネロニ。
e0238838_4222155.jpg

カタルーニャで定番のクリスマス料理だそうです。

前回のお料理教室でみんなで作ったものを冷凍しておいて、それを解凍してベシャメルソースとチーズをかけてオーブンへ。

これはものすごく手間がかかるんです。だから一から自分で作るのは到底ムリっ!

本来25日に家族、親せきが集まってパーティをし、その時にチキンや牛肉などの煮込みを作ります。その残りを翌日はミンチにしてカネロニを作るんです。先生のお宅ではいつも100個くらいのカネロニをみんなで巻くんだとか。
餃子を家族で作る雰囲気ですかね?

メイン二つ目はチキンのコーラ煮。
久しぶりに作りましたがいつもおいしい^^ これは日本にいるときに習ったレシピ。
e0238838_4263718.jpg


締めにフィデウア。パエリアのパスタ版です。
e0238838_4272812.jpg


デザートはカフェオレのパンナコッタと洋なしのフラン。


ちょっと作りすぎちゃったようでおなかがパンパン。。
でも喜んでもらえたのでよかったです^^


彼女たちは今年の5月にロンドンに引っ越したばかりですが、住所を聞くと私たちが住んでいた場所のすぐ近くでした!
なのでローカルな話題で盛り上がったりして嬉しかったな~。
またロンドンに遊びに行きたくなりました。

早くロンドンもあったかい季節にならないかしら。
でも冬至も過ぎたし、気持ちも明るくなっていく時期。
前向きに頑張りましょう~☆


今日(12月25日)は夕方になって近所を歩いてみました。(お昼すぎまで寝ちゃったので。。)
お店はほとんど閉まって、車通りも人通りも少ないので静かでした。
e0238838_4342413.jpg

e0238838_4351853.jpg


今日は日本でいうお正月のような日ですね。家族、親せきが集まって賑わう日。
昨日はスーパーやお肉屋さん、お魚屋さんが大混雑でまさに大晦日の雰囲気でした。

では皆さま☆Bon Nadal☆
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-12-26 04:40 | 料理(Cooking)

お料理教室(スペイン料理)-5回目

5月25日。

5回目のお料理教室♪

今回は、クロケッタ(コロッケ)と豆のサラダ、それとイワシのオーブン焼きです。

クロケッタのタネ。
クリームコロッケのような感じ。
よく冷ましておきます。
e0238838_1535573.jpg


豆のサラダ。
豆で作ったソースを豆にからめ、
e0238838_1572211.jpg

食べる直前に再びソースをかけます。
e0238838_1554318.jpg


イワシのオーブン焼き。
魚やさんで頼めばさばいてくれるところもあるようですが、混んでる場合はお店が嫌がってやってくれない時もあるようです。(安いしね。。)
e0238838_1592068.jpg

(↑この入れ物、先生がお母さんから譲りうけたものだそうです。すごくかわいいですよね♪)

コロッケもきれいに揚がりました!
e0238838_203659.jpg


たくさんできたので、コロッケのタネはそれぞれ持ち帰り。
家で丸めて衣まで付けて、冷凍庫に入れて保存しました。


イワシは簡単だし、おいしいし、魚を食べなきゃだし(ついつい肉料理になりがちなので。。)、是非ともまた作りたい!
さばくのが面倒だけど。。

健康のために頑張るかっ!
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-06-15 02:04 | 料理(Cooking)

お料理教室(スペイン料理)-4回目

4月13日、お料理教室に行ってきました。

今回のメニューはガスパチョ(冷たいスープ)、リブリート(カツレツ)、クレマカタラナ(デザート)でした。


まずはデザートのクレマカタラナから準備。(冷ます時間が必要なので先に)
カタルーニャの名物デザート。
ほとんどクレームブリュレ(フランス)と同じです。
どちらがオリジナル(先)なのかどちらも譲らないとか。。笑

今回お役立ち情報ゲット!
卵を買うとほとんどの場合、殻に数字やアルファベットがたくさん印字されていますが、その最初の数字に大きな意味があります。(その他はファームのID番号とかだと思いますが。。)

0から始まる番号・・・オーガニック(放し飼い、餌もオーガニックのものを使用)
1から始まる番号・・・放し飼い。でも餌は0ほどいいものでない。
2から始まる番号・・・
3から始まる番号・・・小屋で飼育

(1が一番良くて3が大量生産されているもの。1と2はその間。)

3でも以前よりはにわとりの数を制限しているようで、全体的に卵の値段が高くなっているようです。

で今回使う卵は?
e0238838_025912.jpg

3でした。。~~;

クレマカタラナの容器ですが、たいていこんな感じの器で出てきます。
e0238838_027566.jpg

この入れ物を直接火にかけることもできるんです。
なので、これを使って、肉を焼いたり、エビのオイル揚げを作ったり、またはこの大きなサイズでパエリアを作ったり、いろんな用途があり便利! しかも安い!!(小さいのだと1ユーロくらい)

それぞれが器を買って持参したのですが、それぞれ微妙に形が違いました。
上の写真の、
左がカタルーニャの形(側面と底面が直角)
右がアンダルシアの形(取っ手付き)
奥がバレンシアの形

シナモンスティックの他、レモンの皮、オレンジの皮も入れたので、とっても爽やかな香りです。
e0238838_057973.jpg

冷蔵庫で十分冷やし、後でキャラメリーゼします。


次にガスパチョ。
ブレンダーを使います。
ブレンダーを買うと付いてくる容器に材料を入れていきます。
固いものを下に。
e0238838_104753.jpg


下からにんにく、きゅうり、赤ピーマン、トマト、そしてパン粉、塩・ワインビネガー、オリーブオイル。
ブレンダーで一気にガーっと混ぜる。(ブレンダーを上下にしながら)
ある程度混ぜたら水を加える。


☆ポイント☆
パン粉を入れることでスープがパシャパシャ(しゃぶしゃぶ)になりすぎるのを防いでくれる。
ワインビネガーは調節しながら。。
(時間が経つと酸がきつくなるので)
オリーブオイルは驚くほどたくさん入ります。。控え目にするとやっぱりおいしくない。。^^;

出来上がったら冷蔵庫へ。


次にリブリート(ハム&チーズ)。
豚肉の間にハムとチーズを挟んでパン粉で揚げる料理。

「リブリート用」のお肉を買うと、最初から切れ目が入っているので便利。
e0238838_16059.jpg

付け合わせに「ピニエントピキージョ」(赤ピーマン)
e0238838_173525.jpg



最後にクレマカタラナの仕上げ。
お砂糖たくさん。。^^;
e0238838_184026.jpg

専用の「ケマドール」を熱して、(ガスコンロがあればガスコンロで)
e0238838_110852.jpg

ジューっと。
e0238838_1105889.jpg

いい色❤
e0238838_1113498.jpg


他のものも盛り付けて。。

細かく刻んだきゅうり、トマト、パン(トースト)をトッピング。
e0238838_1133187.jpg

瓶詰めの赤ピーマンは軽く焼きます。
e0238838_115941.jpg


試食タイム~♪♪


一番のお気に入りはガスパチョ。

作っておけば何日か食べれるので楽ちん。
やはり時間が経つと酸味が強くなるので、適宜水を足せばOK。

これからの季節にピッタリです☆
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-05-22 01:19 | 料理(Cooking)

お料理教室(スペイン料理)-3回目

3月30日、スペイン料理を教えてもらいました。

今回は私たちの要望を叶えて下さり、Arroz Negro(イカ墨のパエリア)と、Esqueixada de Bacalao(タラのエスケイシャーダ(サラダ))でした。


初めにサラダから。
「エスケイシャーダ」とはカタラン語で「引き裂き細かくする」という意味だそうです。
このサラダはタラを細かく裂くので、この名前がつきました。

どこのスーパーでも市場でも、干しだらがよく売られています。
周りに塩がたっぷりついていて、料理しにくそうに見えるのでまだ自分では買ったことがいのですが、
この干しだらは保存が効くので、これを使った料理を覚えておくと便利だと思いました。


まず干しだらは水につけて塩抜きをします。
時々水を変えて好みの塩加減にします(3時間程度)。
(あんまり水にさらし過ぎるとうまみもなくなってしまうので要注意。)

そして細かく裂きます。

野菜も細かく切って、盛り付け。

ドレッシングは、酢(バルサミコ酢&ワインビネガー)とオリーブオイルと塩・こしょう。
とってもシンプルです。

肝心のタラが見えませんが、一番下に敷かれています。
e0238838_2247589.jpg



次にメインの、アロスネグロ。
市場でイカと一緒にイカ墨も手に入ったらそのイカ墨を使えばいいのですが、手に入らない場合、スーパーに売っている冷凍イカ墨(個包装になっている)を使えばいいので簡単です。

使うのはモンゴウイカ。
火を入れると小さくなってしまうので、肉厚のものを使います。

皮も剥ぎ、中もきれいに掃除してから使います。
(お店で皮を剥いでもらうと楽チン♪)
e0238838_2253490.jpg

ハサミで目や軟骨などを除き、あとは全部をチョキチョキ切っていきます。(2cm角くらいに)

このような魚介スープを使います。
今回は"Caldo de Pescado"(魚のスープ)を使いました。
(が、後で"Caldo de Marisco"(エビなどの魚介のスープ)の方がマイルドかも。。って先生がおっしゃってました。)
e0238838_22572818.jpg


フライパンに玉ねぎの薄切りとにんにくを入れ炒める。
「モルテロ」と呼ばれるすり鉢のようなものに入れ、つぶす。
e0238838_2302587.jpg


次にエビを殻ごと炒めて取り出す。
(スペイン人は背ワタとか気にしない(笑)。)

イカも炒め、白ワイン、すりつぶしたトマト(またはトマトの缶詰)を入れ、つぶしたにんにくなども加える。

その後お米を加え(洗わずにそのまま)炒め、あたためておいた魚介スープを加えて煮る。
e0238838_2352368.jpg


水分が少なくなったら適宜スープを足す。
塩加減を調整。

お米に火が通ったらエビを載せて完成!
e0238838_2355484.jpg

e0238838_2363892.jpg

お好みでアリオリソース(にんにく入りマヨネーズ)を添えてもよい。

アリオリソースは、卵、にんにく1~1.5片、オリーブオイル(指二本分。結構多いっ!)を容器に入れてブレンダーで混ぜる!
後は適宜、白ワインや塩で味を調整。
e0238838_239573.jpg


シンプルだけど見た目珍しいので、おもてなしに良さそう♪
ごはんでおなかも満足するし!

パエリアも基本的には同じような作り方だそうです。
材料がもっと豪華ですけどね。
(肉・エビ・ムール貝・イカなどが入るので。)

近々自分でも作ってみたいと思いま~す(*^_^*)
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-04-12 23:23 | 料理(Cooking)

お料理教室(スペイン料理)-2回目

2月10日、二回目のお料理教室です。

今回は、近所の市場を見学して、そこで食材を購入。
その後、家に入って料理をする、というコースでした。

「サリア市場」に行きましたが、思っていたより明るくてきれい。
値段は全体的にちょっと高め、とのこと。

まずは魚屋さんへ。
どうやって売ってもらえるか(魚一匹丸ごとなのか、それとも半分にしてくれるか)とか、養殖か海でとれたものかを見分ける方法とか、魚の名前を教えてもらったり。
あと重要なのが、切り身などにしてもらう頼み方!
家で自分でやる手間が省けるし、生ゴミも減るし☆

次はオリーブを買いに。
試食もさせてもらいました。
アンチョビ味のオリーブオイルが気に入りました^^

ハム・チーズ屋さんで、こちら特有のFuetというサラミの細いバージョンのような物や、もうちょっと柔らかい腸詰のもの、チーズも水牛&ヤギが混ざったもの、羊などの読み方を教えてもらいました。

その他フルーツ屋さんにも行き、説明を受け、ここまでであっという間の2時間!


おなかすいたよ~っ^^;


その後パン屋さんにも寄り、ようやく友だちの家へ。

まず、パン・コン・トマテを作り、
ムール貝を蒸す。

買ってきたばかりのハム、チーズなどの前菜を盛りつける。

ここで、試食♪♪
白ワインで乾杯^^
e0238838_2222627.jpg

e0238838_2313464.jpg

e0238838_2231446.jpg

パン・コン・トマテの作り方は、、

・パンをトーストする。
・ニンニクを半分に切り、パンにこすりつける。
・熟れて皮が乾燥したトマト(シワシワになっているくらいのもの)を半分に切り、パンに塗りつける。
・塩を少々ふる。
・オリーブオイルを少したらす。

トマトはこんな感じ。
e0238838_2275837.jpg


簡単でおいしい。
このパン・コン・トマテに生ハムをのせてもいいし、普通のハムもよし、チーズもグッドでした^^

あと先生が、ししとうのオリーブ炒めも作ってくれました!
これもタパス料理の定番。
大好きです☆
ししとう、といっても全然辛くありません。(たまに辛いのもあるらしいケド)
e0238838_230253.jpg


その後、メルルーサ(たら)とアサリのグリーンソース。
ムール貝を蒸した時のダシ汁を使います。

アサリからも出しが出るのでかなり贅沢なソース。
パセリが入るので「グリーンソース」という名前です。
e0238838_233419.jpg



12時半に集合して、終わったのが7時過ぎ。
その間ずっと立ちっぱなしだったので、腰が痛くなりました。

でもとっても楽しかったです。

次回はどんなメニューかな~^^♪
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-02-19 02:36 | 料理(Cooking)

お料理教室(スペイン料理)-1回目

お料理教室に参加しました。


友だちが日本で知り合った日本人女性のダンナ様がバルセロナ出身のスペイン人で、その方が日本でシェフとして働いていたそうです。

今はバルセロナ在住で、シェフの仕事をメインでしているわけではないようですが、都合がつけば教えてもらえます。

シェフ(先生)は、日本語は少しの単語程度ならわかるようですが、基本はスペイン語。
私たちも多少スペイン語を習っているとはいえ、、全然理解できない><

なので、その日本人奥さまも通訳として来てくれます。(将来的にはシェフのみ、としたいようですが。。)
(場所は参加者の誰かの家で行います)

1回目はもう随分前の話ですが、、11月25日、ネギのスープとトルティーヤ(スペイン風オムレツ)を作りました。

その時の写真。
e0238838_0492024.jpg

・ジャガイモと玉ねぎのトルティーヤ
・マッシュルームのトルティーヤ
・ピーマンのトルティーヤ
・アーティチョークのトルティーヤ

を作りました。

定番のジャガイモはもちろんおいしかったし、マッシュルーム、ピーマンがとても気に入りました!

アーティチョークは切ったそばから灰汁が出て黒っぽくなってしまうし、中の「わた」をとらなきゃいけないし、結構手間がかかります。
e0238838_101565.jpg

・まず外側の固い皮をはがす(結構たくさんはがすこと。もったいないと思って残すと、筋っぽくて全然おいしくないです)
・小さく切る。
・中の「わた」を取り除く。
・レモン水に漬けておく(灰汁取り)

トルティーヤにした時もなんとなく黒っぽい出来上がりだし、ちょっと苦みもあって、(あと、筋っぽさもあり。。)手間がかかる割に、たいしておいしくもないな、、って言うのが正直な感想。

だから我が家の食卓に並ぶことはないでしょう。。^^;

でもアーティチョークはどうやって料理すればいいのかわからず、ずっと気になっていたので、それを教えてもらえて、ちょうどいい機会でした。

タパスの定番であるトルティーヤ、その作り方を知れたのは大きい!
それに、日々のちょっとした疑問も気軽に聞くことができるので一石二鳥でした。

楽しかった♪♪
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-02-19 01:09 | 料理(Cooking)

万長ラーメン

「万長ラーメン」ってご存知ですか??

愛媛で長年愛されているラーメンらしいのですが、夫と同じ学校の愛媛出身の方が、先日一時帰国した際に、全員におみやげで買ってきてくれました。
e0238838_0321564.jpg


スープは練り状になって入っていました。
早速作ってみました。
e0238838_0333837.jpg

おいしいっ^o^
しっかりめの塩味のスープに、まっすぐの麺で素朴な感じ。でも麺もおいしい。

全員に配ったなんて、かなり重かったはず。。
優しいなぁ~o^^o
ラーメンってやっぱりみんな大好きですよね。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-02-19 00:41 | 料理(Cooking)