Sant Jordi

4月23日は「サン・ジョルディの日」で、バルセロナはお祭りのような賑わいを見せます。

休みではないのですが、ウワサによると仕事も半日で終わるとか。
ちなみに夫の学校は残念なことに通常通り午後までしっかりありましたが。

カタルーニャでは恋人たちの日、ともされていて男性は女性にバラを贈り、女性は男性に本を贈るのだそうです。
(カタルーニャではバレンタインデーは大した盛り上がりはなく、このサン・ジョルディの日の方が大切なようです)


「サン・ジョルディ」は伝説?のヒーローです。

そのお話はこんな感じ。。

昔々、カタルーニャのある村に恐ろしいドラゴンいて、村の女性を次々に食べていまいした。
王様の娘、プリンセスもドラゴンの餌食になってしまうことになり、皆で悲しんでいるとき、、馬にのった騎士ジョルディが現れて、ドラゴンと戦います。
ジョルディはドラゴンを突きさし、勝利しました。ドラゴンの傷口からは血が流れ落ち、その地面から赤いバラが咲いたので、そのバラをジョルディがプリンセスに贈りました。



その伝説から、男性が女性に赤いバラを贈る日、となったわけです。

女性から男性に本を贈る、という習慣は本屋さんが決めたことのようですが、「ドン・キホーテ」の作者、サルバンテスが1616年4月23日に亡くなったのと、偶然にもシェークスピアも同じ日に亡くなったとされていて、本に関係する二人もの偉大な作者の命日とあって、本を贈ることになったようです。


この日は市の中心の方へ行ってみるといいよ、と何人もの人から薦められたので、行ってみました。
午前中の方が人が少なくていい、と言われたので、10時半に友だちとプロベンサで待ち合わせ。
カタルーニャ広場の方へ南下することに。

やってるやってる♪
e0238838_2345418.jpg

ちっちゃな子たちも。
超かわいい~❤❤
e0238838_2353635.jpg

今思えば、この時間帯は確かにゆとりがあったなぁ。。
e0238838_2371433.jpg

絵本。
e0238838_2375920.jpg

料理本。
e0238838_2383999.jpg

1Q84!!
e0238838_239159.jpg

村上春樹はバルセロナでも人気があるんだそうですよ。

子どもたちも買ってますね。
e0238838_23103432.jpg

サン・ジョルディの絵がついた、かわいいエコバッグ。
e0238838_23112687.jpg

ちなみに、赤と黄色のしましま模様の旗は、カタルーニャ州の旗です。

スカーフのバラ。
e0238838_2320998.jpg


12時のランブラス大通り。随分混んできたよ~。。
e0238838_2319781.jpg

こういう時はスリにご注意。

一緒に行った友だちのかばんにスリの手が伸びてきたそうです。
でもその子はすぐ気が付いたので何も取られずに済んだけど。。
取ろうとしたその人の顔をあとから私も見たけれど、小柄な女の人だった!
ちょっと意外。。年も私より上のようだったし。

見た感じ、まさかそんなことをするような人には思えないけれど、、油断は禁物ですねっ!!

色々あるけど、やっぱりこの日は赤のバラがいいな♪
e0238838_23264478.jpg

ケーキ屋さんで。
e0238838_23275577.jpg

e0238838_23294327.jpg


家に帰ったら、、

ちゃんと買ってくれてありました^^
e0238838_23302084.jpg

代わりにあげる本を色々と探したのだけど、スペイン語かカタラン語で書かれた本ばかりが売られているので、結局買えず。

その代わりに、夕食は「サン・ジョルディ風」サラダうどんにしてみました。
カタランの旗と、
e0238838_2333685.jpg

バラ。
e0238838_23334443.jpg


そうそう、最後の最後に記念と思って、自分用に絵本を買いました。
かわいいし、これくらいのスペイン語なら読めるかな、と思って^^
e0238838_23352149.jpg

本当は、サンジョルディのお話が書かれた絵本を買おうと思っていたのだけど、すべてカタラン語で書かれていて、スペイン語は全然なかったです。そもそも「サン・ジョルディ」を祝うのがカタルーニャの文化なので、仕方ないかな。。

カタルーニャではこの日の本の売り上げが一年の約半分ほどになるそうです。
この日だけは5%から10%割引されるんですよ。

"Sant Jordi" とは英語で "Saint George" で、イギリスでも4月23日は "Saint George's Day" となっていますが、何のお祝いもしません。

カタルーニャ文化、なかなか独特でおもしろいです^^♪
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-04-24 23:45 | バルサ(Barcelona)

Palau de Pedralbes (Museu Textil i D'lndumentaria)

つづきです。

テキスタイル・衣装博物館へ。

階段を上がって真っ先に目に飛び込んでくるのは、、

マネキンの体がいっぱい。。
いろんな「仕掛け」がありますね^^
e0238838_0312186.jpg


中へ進むと、衣装のスタイルの変遷がわかるように、16世紀から現代まで、時代ごとに展示してあります。

16世紀~。
e0238838_0355781.jpg

ウェストをめっちゃ引っ張ってる~(笑)
e0238838_0391040.jpg


18世紀。
e0238838_0431842.jpg

e0238838_05105.jpg


18~19世紀。
フランス革命により、衣装も変化をとげ、随分シンプルになったそうな。
貴族の象徴だったコルセットやハイヒールなどは、ナポレオンの指示で排除されたとのこと。

肌の露出が多くなり、体のラインが分かるようなデザイン。
e0238838_0542211.jpg

ウェストラインがかなり上に移動。
e0238838_055469.jpg


19~20世紀。
産業革命により、洋服生産のプロセスが大きく変化。
ブルジョア(中産)階級が5年ごとに流行りを変えていった。

e0238838_132883.jpg

e0238838_14298.jpg

e0238838_144345.jpg


手前のオレンジのがイッセイ・ミヤケだったかな。。^^;(忘れました。。)
ちなみに、奥のが奇抜でちょっとビックリ。。
e0238838_192918.jpg



女性の衣装と体についてのおもしろい説明がありましたのでご紹介♪

☆19世紀半ば(1845-1868)、"Bell Shaped Women"

ウェストを細くして、スカートを大きく膨らませたスタイル。これを着ると座ることもできなかったし、ドアを通りぬけることもできなかった。
e0238838_121425.jpg

断面図。
e0238838_1225759.jpg

このスタイル、普通ではありえないっ!
e0238838_1241283.jpg

ウェストの締めすぎで、健康に深刻な影響があったようです。
完全に変形してる。。><
(左が普通の体、右がコルセットによる締め付けられた体)
e0238838_1245386.jpg



☆20世紀。"No more corset!!"

コルセットをなくし、シンプルなデザインになり、下着は快適なものへと変わった。
e0238838_135462.jpg

ウエストラインは下の方へ。
e0238838_1355856.jpg

e0238838_1363242.jpg

e0238838_1372116.jpg


昔の人は大変なご苦労がありましたねぇ。。
今の時代は自由でよかった^^

展示を見るだけでもおもしろいし、絵付きの説明で分かりやすく楽しんで見学できました。


一度に3つの博物館を回るのはちょっと腰が痛くなるけれど、どうせなら見ておきたいですよね。
毎月第一日曜日と、平日も午後遅い時間なら入場が無料になるようです(ご確認ください)。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-04-22 01:49 | バルサ(Barcelona)

Palau de Pedralbes (Museu de les Artes Decoratives)

つづきです。

陶器博物館の後はお隣の装飾美術館へ。

e0238838_0224299.jpg

e0238838_0223389.jpg

これはベッドらしい。。
e0238838_0233521.jpg

e0238838_0233362.jpg


あれ、写真が極端に少ない。。^^;
疲れてたからかな。

サラっと見てしまいました。


では、最後にテキスタイル・衣装博物館へ向かいます。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-04-22 00:27 | バルサ(Barcelona)

Palau de Pedralbes(Museu de Ceramica)

4月1日。

自宅から徒歩15分ほどの所にあるペドラルベス宮殿に行ってきました。
周りは公園になっていて、いつでも入れるのですが、近いくせに今回が初めての訪問。

ペドラルベス宮殿の中は、陶器博物館、装飾美術館、テキスタイル・衣装博物館の3つの博物館が入っています。

毎月第一日曜日は入場料が無料なので、友だちと見学してきました。

こちら、宮殿のある公園の入口。
e0238838_1114375.jpg

宮殿。意外に小さい印象。
e0238838_1125672.jpg

エントランスホール。
e0238838_1161826.jpg


二階に上がって、右手に陶器博物館、左手に装飾美術館、三階にテキスタイル・衣装博物館があります。

まずは陶器博物館から。
17世紀ごろから現代までの食器やタイルなどがあります。

陶器に書かれた絵がなかなか笑えるのも多くて楽しいです。
e0238838_265452.jpg

e0238838_255524.jpg

e0238838_273010.jpg

e0238838_275523.jpg

e0238838_281823.jpg

e0238838_284769.jpg

お鍋を食べる時に使えそう^^
e0238838_2103132.jpg

この辺りは随分カラフル♪
つやがあってとってもきれい。
e0238838_21214.jpg

Casa Batllo(バトリョ邸)の屋根っ!!
e0238838_1444539.jpg

こういうの、欲しいかも^^☆
e0238838_1454028.jpg

南国にピッタリ。
e0238838_1464637.jpg

こんな風に教えてもらえるのっていいですね。
e0238838_1474297.jpg

ピカソっぽいなぁ~って思ったら、やっぱりそうでした!
e0238838_1482752.jpg

e0238838_1531420.jpg

e0238838_1493184.jpg

e0238838_155933.jpg

ミロの作品も。
e0238838_151942.jpg

e0238838_1515778.jpg

e0238838_1542049.jpg


現代。
ペットボトルを使ってるようです。
e0238838_1592189.jpg

和みますねぇ。
e0238838_1595233.jpg


陶器博物館をざっと見ただけでも結構たくさんあってちょっと疲れました。。

でもまだまだあるので、一瞬だけベンチに腰掛けて、、
さっ!次はおとなりの装飾博物館へGO!!
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-04-14 02:01 | バルサ(Barcelona)

お料理教室(スペイン料理)-3回目

3月30日、スペイン料理を教えてもらいました。

今回は私たちの要望を叶えて下さり、Arroz Negro(イカ墨のパエリア)と、Esqueixada de Bacalao(タラのエスケイシャーダ(サラダ))でした。


初めにサラダから。
「エスケイシャーダ」とはカタラン語で「引き裂き細かくする」という意味だそうです。
このサラダはタラを細かく裂くので、この名前がつきました。

どこのスーパーでも市場でも、干しだらがよく売られています。
周りに塩がたっぷりついていて、料理しにくそうに見えるのでまだ自分では買ったことがいのですが、
この干しだらは保存が効くので、これを使った料理を覚えておくと便利だと思いました。


まず干しだらは水につけて塩抜きをします。
時々水を変えて好みの塩加減にします(3時間程度)。
(あんまり水にさらし過ぎるとうまみもなくなってしまうので要注意。)

そして細かく裂きます。

野菜も細かく切って、盛り付け。

ドレッシングは、酢(バルサミコ酢&ワインビネガー)とオリーブオイルと塩・こしょう。
とってもシンプルです。

肝心のタラが見えませんが、一番下に敷かれています。
e0238838_2247589.jpg



次にメインの、アロスネグロ。
市場でイカと一緒にイカ墨も手に入ったらそのイカ墨を使えばいいのですが、手に入らない場合、スーパーに売っている冷凍イカ墨(個包装になっている)を使えばいいので簡単です。

使うのはモンゴウイカ。
火を入れると小さくなってしまうので、肉厚のものを使います。

皮も剥ぎ、中もきれいに掃除してから使います。
(お店で皮を剥いでもらうと楽チン♪)
e0238838_2253490.jpg

ハサミで目や軟骨などを除き、あとは全部をチョキチョキ切っていきます。(2cm角くらいに)

このような魚介スープを使います。
今回は"Caldo de Pescado"(魚のスープ)を使いました。
(が、後で"Caldo de Marisco"(エビなどの魚介のスープ)の方がマイルドかも。。って先生がおっしゃってました。)
e0238838_22572818.jpg


フライパンに玉ねぎの薄切りとにんにくを入れ炒める。
「モルテロ」と呼ばれるすり鉢のようなものに入れ、つぶす。
e0238838_2302587.jpg


次にエビを殻ごと炒めて取り出す。
(スペイン人は背ワタとか気にしない(笑)。)

イカも炒め、白ワイン、すりつぶしたトマト(またはトマトの缶詰)を入れ、つぶしたにんにくなども加える。

その後お米を加え(洗わずにそのまま)炒め、あたためておいた魚介スープを加えて煮る。
e0238838_2352368.jpg


水分が少なくなったら適宜スープを足す。
塩加減を調整。

お米に火が通ったらエビを載せて完成!
e0238838_2355484.jpg

e0238838_2363892.jpg

お好みでアリオリソース(にんにく入りマヨネーズ)を添えてもよい。

アリオリソースは、卵、にんにく1~1.5片、オリーブオイル(指二本分。結構多いっ!)を容器に入れてブレンダーで混ぜる!
後は適宜、白ワインや塩で味を調整。
e0238838_239573.jpg


シンプルだけど見た目珍しいので、おもてなしに良さそう♪
ごはんでおなかも満足するし!

パエリアも基本的には同じような作り方だそうです。
材料がもっと豪華ですけどね。
(肉・エビ・ムール貝・イカなどが入るので。)

近々自分でも作ってみたいと思いま~す(*^_^*)
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-04-12 23:23 | 料理(Cooking)

Mallorca3-2

(マヨルカ旅行3日目のつづき)

バルデモサはパルマから北に18km、丘の上にある村です。

結構上ってきましたよ。
e0238838_22441921.jpg

e0238838_22385638.jpg

村の中心地に到着。
e0238838_22453646.jpg

どの道も小さくてかわいい^^
e0238838_22462927.jpg

e0238838_2247570.jpg

e0238838_22493372.jpg

早速コーヒータイム♪
e0238838_22512723.jpg


家もかわいくしてありますね。
e0238838_22523469.jpg


そうそう、玄関の扉にキリスト教関係と思われるタイルが飾ってあるのをあちこちで見かけました。
e0238838_2374415.jpg


余った時間に思いついて訪れた場所でしたが、予想以上にいい所でした^^
とっても落ち着く~♪
おととしに行った南フランスにある鷲の巣村に雰囲気が似てるな、と思いました。

ガイドブックによれば、ショパンが過ごした「カルトゥハ修道院」とか「サンチョ王の宮殿」など、見どころもあるようです。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-04-10 23:15 | 旅行(Travel)

Mallorca3

3日目(3月23日)。

朝方ふと目が覚め、「日の出っ!!」と思い立って、急いでベランダへ。

間に合った^^v
e0238838_041182.jpg

e0238838_05411.jpg

e0238838_044535.jpg

食後にまたちょっとだけ散歩。
白い砂浜がきれい。夏は大賑わいだろうな。
e0238838_074383.jpg


ホテルをチェックアウトし、いざパルマへ!

すぐ高速のような大通りに乗るかと思いきや、
なんだか小さな道を抜けていきます。
e0238838_0104275.jpg

両脇が石垣になって、コッツウォルズっぽい!?


村がありました。
e0238838_012250.jpg


視界良好♪ 気持ちいい!
e0238838_0164594.jpg


パルマ到着。
カテドラルが見えてきました!
スゴイっ☆
e0238838_0191842.jpg


車を停めて、カテドラルの中へ。
e0238838_022194.jpg

ステンドグラスがたくさんあって、中がとても明るい印象。
e0238838_0244153.jpg

e0238838_030353.jpg

正面中央にある天蓋飾りはガウディの作品。
やっぱり独特でおもしろい!
曲線がガウディって感じ♪
e0238838_0272169.jpg

出口から外へ行くと、なぜか細い道に出た。
人通り少なく、気持ちのいいものではないけれど、かわいいお店の入口発見。
まぁ、買わないけどね(笑)
e0238838_0374825.jpg


ハーバーが目の前にあるレストランへ。
いい天気だったのでテラス席にしました^^
e0238838_0453879.jpg


帰りの飛行機までまだ少し時間があったので、ショパンが過ごしたというValldemossa(バルデモサ)という村に行くことにしました。

(つづく。。)
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-04-09 00:54 | 旅行(Travel)

Mallorca2

ゆっくり起床、ゆっくり朝ごはん。

夕べと同じレストランでのビュッフェだけど、今回はのんびりごはんを楽しめて嬉しい♪
食後はホテルの目の前の海を散歩。

どんより曇り空だし、波も高い。。
e0238838_5483326.jpg

サーフィンをしているお二人。
e0238838_5503786.jpg

しばらくすると太陽が出てきました~^0^
e0238838_5521677.jpg


e0238838_672237.jpg

e0238838_68945.jpg

e0238838_692924.jpg


島の東端にあるこのホテルを選んだ理由は、「ドラック洞窟(Cuevas del Drach)」に行きたかったから。
入場は1時間ごと。私たちは12時の回でした。(1時の回は昼休みにつき?ナシ)
e0238838_5552048.jpg


入場までの列。
私たちの後ろにも観光バスで到着した団体客が続き、相当な人数が訪れていました。
e0238838_5583666.jpg


結構大きな洞窟で、意外に歩きました。
滑りやすいので注意が必要。
内部では写真NGだったので、お見せできないのが残念。。

中には世界最大級のマルテル湖があり、そこでボートに乗った数人のミニコンサートが開かれます。
(観賞用に椅子があります)
洞窟内の暗闇で、奥からライトアップされたボートがバイオリンなどの音楽とともに近づいてくると、湖の青さが際立ち、なかなか幻想的で優雅なひと時でした。

その後、ボートに乗りたい人は向かって左側へ行き、数十メートルだけボートに揺られ、すぐに下りて出口へ。
ボートに興味がなければ向かって右側へ進み、そのまま出口へ行けます。

当初興味のなさそうだった夫も結構楽しかった様子。よかった♪

マヨルカ島にはいくつかの洞窟があるようで、実際ここへ向かう途中にも他の洞窟の案内があって、ちょっと紛らわしかったです。
他を見ていないのではっきりとは言えませんが、ドラック洞窟が一番いいという噂を聞きました。

その後ホテルへ戻って、お楽しみのマッサージ☆
その前に、私はプールへ、夫はジム。

マッサージでほぐれた後は、もう夕食の時間。
早々食べ始めて、早い時間に就寝。

最終日はパルマへ向かいます。
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-04-08 06:16 | 旅行(Travel)