Semana Santa (Capri→Sorrento→Positano)

4月4日、カプリ島からアマルフィ海岸にあるポジターノへ移動です。

ポジターノへはカプリ島から直接フェリーで行けるのですが、この時期はまだ観光客が少ないためか、夕方一便のみでした。

仕方がないので、ソレント経由で行くことに。
カプリ島からソレントまではフェリー、そこからポジターノまではバスが出ています。

まずはフニクラに乗って港へ。
e0238838_15433394.jpg


港でフェリーを待っている間、日本人団体ツアーの方と一緒になったので少しおしゃべりしました。

なんでも、「今朝一番にナポリからカプリ島までフェリーで来て、そのまま船を乗り換えて「青の洞窟」へ。それが終わって今からソレントにフェリーで渡り、今夜はまたナポリで泊まる」とのこと。

超ハードスケジュール!!
目がまわりそう。。^^;

カプリは街を見ず洞窟だけ見て帰っちゃうんですね。

でもこの日もとってもいいお天気で、「青の洞窟」に入れことに感動して興奮してました^^
60歳から70歳くらいの女性ばかりでしたが、「狭い洞窟に入る時のスリルもまたいいのよ~」ともおっしゃってました。

旅は人を元気にさせてくれますね♪


さて、ソレントへそろそろ到着、というところ。
e0238838_15493637.jpg

水がきれいだなぁ~。
e0238838_15504018.jpg

お決まりの一杯。。^^;
e0238838_15515355.jpg

街が地図によると近そうだったので、バスを待つくらいなら歩いてしまえっ、と思い、歩きだしましたが、
目の前にはこんな急な坂。。
e0238838_15544535.jpg

途中まで来ちゃったので後戻りできず。。
がんばれえ~っ。
e0238838_15552417.jpg

さっきまで居たところ。
e0238838_15561836.jpg

お昼の時間になったので、広場の前のレストランで。
e0238838_1558563.jpg

e0238838_1558562.jpg


オレンジが生ってる!
e0238838_15595465.jpg

藤の花もきれい~^^
e0238838_16315.jpg

e0238838_162828.jpg


バス停はヴェスヴィーオ周遊鉄道駅の前にあります。
町の中心をちょっと抜けた辺り。

わりとすぐ乗れたのでよかった^^
右側の座席が海側なのでいい、ということだったので、早速確保。

でもみんな考えることは同じで、右側ばかりに人が集中。
アマルフィー海岸の崖からバスごと落ちないかとちょっと心配しました。。^^;

車窓。
e0238838_1671990.jpg

急カーブが多いです。バス酔いするかも。。
e0238838_1682136.jpg

e0238838_1691274.jpg

e0238838_16101226.jpg

バス停を降りたところ。
e0238838_16152281.jpg

ポジターノにはバス停が二つあるのですが、どちらがよいかよくわからず、メジャーな方で降りてみました。
が、大失敗。。

道はほぼ一本道なのですが、何せこの高低差。
荷物を持っていると、坂を下るのですら大変。
素直に最初からタクシーに乗っておけばよかった。。

途中になってつかまえようとしても、タクシーが通らないし。。
親切なおじちゃんが、(市内循環の)ミニバスがもうすぐ来るよ~って教えてくれました。
20分くらい待ったかなぁ、、やっとバスが来て、乗車。
ホテルの目の前まで行けたので助かった!

で、後から発覚したのですが、ポジターノのもう一つの方のバス停で降りていれば、そこから坂をちょっと下るだけでホテルがありました。
そういうの、ホテルの情報としてHPに載せて欲しいし、事前に行き方についてメールで別途問い合わせをしたのだから、その辺まで詳しく教えてくれればよかったのに!!

でもこのホテルはと~っても気に入りました❤
(入口を入るまでも、入った後も階段上ったり下ったりの階段続きですが。。)

広々してて、明るくて、何しろ景色が最高です!
角部屋だったので、テラスも特別広かった♪
e0238838_16223497.jpg

e0238838_16225840.jpg

家具も結構かわいくって。
e0238838_16252718.jpg


街中散策。
マヨルカ焼きのカラフルな陶器のお店。
e0238838_16454753.jpg

e0238838_16465053.jpg

e0238838_16472819.jpg

下まで行きました。
e0238838_16491883.jpg

e0238838_16502695.jpg

夕飯にはまだちょっと早いので、いったんホテルの方へ戻りながら散歩。
e0238838_16553178.jpg

e0238838_16532319.jpg

で、またごはんを食べに海の方へ。
近道発見♪
e0238838_16565466.jpg

普通においしかったです。
e0238838_16574713.jpg

e0238838_16584016.jpg

角のお店に入りましたが、その隣りがどうやら有名店だったらしい。
確かに隣りは混んでいて入れないくらい賑わってました。

ホテルに戻り、せっかくなのでテラスに出てみました。
e0238838_1703580.jpg

レストランの辺りはまだまだ賑やかでしたが、ここまで来るととっても静か。
波の音も聞こえます。

寒くもなかったので、デッキチェアに横になって、星空を眺めながら波の音を聞いていました。
景色を一人占めしてるみたいで贅沢な気分でした☆

部屋の中で夫は爆睡してましたが。。^^;

このホテルには一泊だけなので、夜も一度きり。
すぐ寝ちゃうなんてもったいないわ~。

ゆっくりできてよかった~^^
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-05-11 17:04 | 旅行(Travel)

Semana Santa (Capri)

4月2日(月)~4日(水)朝までカプリ島に滞在。

今回の旅の一番の目的である「青の洞窟」に入れるか否か。。

洞窟は海に面しているため、小さなボートで入らなくてはなりません。
しかも入口はとても狭くて、波が高いと一切入れないのです。
天気がよくても風があると無理なのです。

事前に見た天気予報では、曇・雨・晴マークが全部付いたような微妙な感じ。。
4月3日の朝、どうかなぁ~、、って窓の外を覗くと結構いい感じに晴れている!
e0238838_1252116.jpg

後は風がないことを願って。。
「午前中の方がいい」と聞いていたので、この日だけは早起きしました。

カプリ島には「カプリ」と「アナカプリ」という町がありますが、私たちは「カプリ」に滞在。
高台にあります。
そこからボート乗り場「マリーナ・グランデ」へはバスかフニクラ(ケーブルカー)で行くことができます。
今回はフニクラで。
e0238838_1272082.jpg

フニクラを降りると、客引きがうるさいくらいにたくさん近寄ってきますが、そういうのは無視して、ホテルの人に教えてもらった青の洞窟ツアーの窓口へ向かいました。

「入れる??」って聞くと"Si"って。(イタリア語もスペイン語一緒で"Yes"は"Si") 
イエーイっ!!

「青の洞窟」だけを見て帰ってくるツアーが13ユーロ、「青の洞窟」を見た後、そのまま船でカプリ島を一周するツアーが16ユーロ。
ホテルの人にも一周したら?って薦められたし、値段も大して変わらないので、「青の洞窟」+カプリ島一周ツアーに申し込み。
(ただし、「青の洞窟」に入る際は別途入場料が必要で、これが一人12.50ユーロもするんです。高くてビックリ!)

9時過ぎについたのだけど、出発は10時。
お茶して待つことに。
e0238838_1302044.jpg

カプチーノ一杯4ユーロ。さすが観光地値段!!
バルセロナだったら、1.50ユーロくらいなのに。。^^;


さて、いざ出発~っ!!
e0238838_1323242.jpg

e0238838_1335962.jpg


洞窟の入口が近づいてきました。
小舟がお客さんを待ちかまえているのが見えますか。
e0238838_1374369.jpg

ツアーの船がそこに着くと、小舟が我先にとばかりに寄ってきます。

で、その小さな舟に乗り換えて、お金を払って、中へ。
これが洞窟の入口。
本当にちっちゃい。。
e0238838_1403692.jpg

小舟の底におしりをつけて座り、入口を通る時は後ろに寝そべらなくてはなりません。
鉄の鎖が岩に付いていて、船頭さんはそれにつかまり手で勢いをつけて船を動かします。
通る瞬間は顔の真上に岩がある感じで怖くて思わず目をつぶっちゃいました。

目を開けると別世界。
幻想的~っ!!
e0238838_144039.jpg

e0238838_1413773.jpg

洞窟内も大きくないので、船は3槽くらいしか入れないみたいです。
夏のハイシーズンは外で最大2時間くらい待たされるのだとか。

この日はまだお客さんが少なかったので、2周してくれました。
(その分多めのチップを要求されたけど。。)

同じボートに乗っていた人の帰りを待ちながら、他の小舟が入っていく様子を見ていたけれど、見ていてヒヤヒヤしました。
本当にギリギリなんだもん。
e0238838_2474156.jpg

e0238838_153088.jpg


その後はカプリ島一周。
かなり揺れました。
酔い止めを飲んでおくことをお勧めします。
e0238838_156020.jpg

この断層すごい。
e0238838_1571581.jpg

e0238838_1581917.jpg

「緑の洞窟」
e0238838_1594658.jpg

奥には入れずここまで。
e0238838_222393.jpg

島の南東にある3つの岩。
e0238838_241563.jpg

真ん中の穴を通過します。
e0238838_244069.jpg

e0238838_262069.jpg


一周して戻ってくるまで1時間45分だったかな。
途中から寒くなって、おまけにトイレにも行きたくなっちゃって。。(朝からコーヒーを3杯も飲んじゃったことを大後悔。)
なので、後半は「もういいから降ろしてぇ~」って感じでしたが、、^^;
有意義な時間でしたヨ。


「マリーナ・グランデ」に戻ってから、バスでアナカプリへ向かいました。

まずはおなかもすいたので腹ごしらえ。
ガイドブックには一軒のレストランしか載っていなかったので、迷わずそこへ。
e0238838_21159100.jpg

ここのピザもおいしかった。
他にサラダとシュニッツェル(カツ)を注文。

食後は、リフトでソラーノ山の頂上へ。
これが予想以上に楽しかった。
まさに空中散歩で気持ちがいい~♪
e0238838_2145616.jpg

頂上から、さきほどボートで通過した3つの岩が見えました。
e0238838_2163965.jpg

すがすがしい眺め!
e0238838_220101.jpg

再びリフトで下山。
下りのリフトの方がもっと気持ちがよくて最高~^^
e0238838_223047.jpg


アナカプリからカプリへはバスで移動。
ホテルに戻ってしばらくして、私は一人でカプリの街中を散策。

かなり細い道。
e0238838_2262170.jpg

おしゃれなショッピングストリート。
e0238838_2264994.jpg

↑この右手にあるのはお友だちのSちゃんがお勧めしてくれた"Aurora"というレストラン。
まだ準備中のようで(ガイドブックには1月からイースターまで休みと記載されている)入れなさそうでした。
残念。

案内板もかわいい。
e0238838_229542.jpg

高級リゾート地って感じ^^
e0238838_2315615.jpg

ホテルに戻ってきました。(奥にあるピンクの建物)
こじんまりしていたけど、かわいいし居心地よかったです。
e0238838_2345571.jpg

夕食を食べにレストランへ。
e0238838_2363017.jpg

e0238838_2364769.jpg

e0238838_2373587.jpg

どこで食べてもおいしいのが幸せ~❤

この日は珍しく朝からよく行動した一日でした。
満足満足^^♪
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-05-04 02:38 | 旅行(Travel)

Semana Santa

4月2日(日)から"Semana Santa" (聖週間)が始まり、学校もそこから一週間休みでした。

"Semana Santa" (聖週間)とはキリストが復活する日(英語でEaster)の前の一週間をさします。
スペインでは特にSevilla(セビーヤ)で行われる行事が有名なようです。

磔にされたキリストを担いで歩く人といくつかの山車や音楽隊などが街中を行進するようですが、前半はキリストの受難、死を表すために、色合いも音楽も暗~いんです。しかも行進する人の格好が見た目恐ろしい。。
ローブを着て、頭には顔がすっぽり隠れる三角頭巾をかぶりそれが目だけが見えるようになっていて、はたから見るとギョッとします。(動画を見ただけですが。。。)
でも聖週間の最後には復活を表す祝福ムードになるみたい。

実際に見てないので詳しくはわかりません。。スミマセン。

バルセロナでもセビーヤほどの規模ではないにしても、同じような催しがあるようです。


そういうのを見に行くのも異文化を知る大切な時間だとも思いますが、、
私たちはそんな行事があることも当初は知らず、2月のうちに旅行計画を立ててしまいました。


今回の行き先は南イタリア。

去年はナポリからイスキア島へ渡ったのですが、今回はカプリ島。
「青の洞窟」が見たい!と思って。

それからアマルフィ海岸にも。
最後にはどうしても見たかった、ポンペイの遺跡にも行ってきました。

去年までは金~月までの4日間の休みでしたが、学校が一週間休みになったので、今年はちょっと長めの月曜~金曜の4泊5日の旅行にしました。

4月2日(月)はお昼過ぎに到着し、適当にお昼でも食べ、ゆっくりカプリ島に渡ろうかな、と思っていました。

がっ、、、

10時20分発のフライトなのに、その時間になっても搭乗口のカウンターに誰も現れない。。
乗客は列を作って待っているというのに。

何の案内もなく、ふと電光掲示板を見ると、出発が11時になってました。
「あらあら。。」と思って、またフラフラお店をのぞいて時間潰しをしていたけれど、何の動きもない。

また電光掲示板を見たら、出発が更に遅れて12時予定となっていました。


お昼は機内で食べるしかないなーと思って、サンドイッチを買い、搭乗。

搭乗が完了し、飛行機も動き出し、「2時間遅れくらい、、こんなこともあるよねー」って思いながら離陸するの待っていました。

が、、飛行機は止まってしまい、、、しば~らく待って、、機長からのアナウンス。
「フランスのストライキの影響で、この飛行機はいつ離陸できるかわからない」 と。


頭の中はハテナ???がいっぱい。
「ナゼ!?」

フランス行きの飛行機ならまだしも、行き先はイタリア。
ここはスペインだし。
何の関係が・・?!?

その後、飛行機が急に動き出したと思ったら、もともといた搭乗ゲート近くの場所へ戻ることになってしまいました。

そこでまた待機。

CAさんがお水を配ってくれました。
おなかもすいたので先ほど買ったサンドイッチを食べていたら、

「離陸は早くても午後4時になります」(その時から更に3時間後くらい)というアナウンス。

で、全員いったん飛行機を降りることになりました。


バスでターミナルビルまで戻り、、
やることがないので、またコーヒーを飲んで、ガラス越しに自分たちの飛行機をぼんやり眺めて。。
e0238838_3463814.jpg

他の飛行機がどんどん飛び立って行くのをうらめしく見てました。


この日、カプリ島のホテルを予約していたので、ホテルにメールをしました。
このままでは本当に飛行機が飛ぶのかどうか保証がないし、カプリ島に渡る最後のフェリーに乗れない可能性もあるし、ホテルの当日キャンセルはお金が全額かかるので、念のため早めに事情を知らせておこうと思って。

ホテルからの返答は速やかで、最終フェリーは午後8時発があるとのことがわかり一安心。


4時。
二度目の搭乗なので搭乗券とリストで名前をチェックしていたので、少し余計に時間がかかったけれど、概ねOK。

今度こそちゃんと飛んでよね!
e0238838_3491687.jpg


約6時間の遅れ。
でもこの日のうちにちゃんと着けたからよかった。
こんなこともあるよね。まぁ仕方ない。


ナポリに到着して、フェリーの港まではタクシーに乗りました。
去年もそうしたし、時間も余裕がなかったし。

運転手がメーターをつけたので、それでちょっと安心して「いくら?」ってわざわざ聞かなかったのだけど、
それが間違いだった。。

気づくと途中から運転手は肘を助手席にの方に乗せながら運転していて、私の場所からメーターが見えなくなってしまいました。

でも、こういう運転スタイルなのかなぁ~なんて気楽に考えていたけれど、それもいけなかった。


目的地に着いた時、「27ユーロ」って言ってきた。
相場はだいたい23~25ユーロだろうから、ちょっと高いなぁ~と思いながらもしょうがないな、と思いました。

小額のユーロ札がなくて、「おつりちょうだい」って20ユーロ札を2枚(計40ユーロ)渡すと、
先におつりを3ユーロ渡されて、残りの10ユーロを待っていたのにちっともくれないので、「あと10は?」と私が言うと、

「37ユーロだから。」
ってふっかけてきた。

そんなワケないじゃん!!
と、急にムカついてきて、「27でしょっ!!」
と返すと、シブシブ10ユーロをよこしながら、「じゃあその(手に持ってる)3ユーロはチップとしてちょうだい」
って言ってきた。

やり方が好きじゃないから、チップだなんて何事!?っていう怒りもあるけれど、そこは素直に3ユーロあげました。


フェリーは結局1時間半待ちで最終便に乗ることに。
一日ずっと待ちぼうけでした。

でもちゃんと乗れて無事にカプリ島に到着できたのでよかったです。


そうそう、すぐ近くに豪華客船が停泊していて、その後乗客が続々と戻ってきて出発して行きました。
素敵な雰囲気だったわ~♪
船は好きじゃないけれど、夜のうちに移動できるっていうのは時間の節約になっていいし、これだけ大きな船なら中でヒマを潰す場所もたくさんあるんだろうし、、いいかも☆
e0238838_423657.jpg



ホテルに着いたのは夜の9時。
チェックインを済ませてまずはレストランへ。

ここは普通に食事の時間が遅めのようなので、レストランも無事に入れました。
マヨルカでのようなことにならずよかったぁ~。

ホテルの人が教えてくれた近くのリーズナブルでおいしいレストランへ。
朝から色々あって疲れたけど、おいしいピザが食べれてホッとしました。
e0238838_48142.jpg

e0238838_484235.jpg

e0238838_49776.jpg


タクシーに乗る時の鉄則: 乗るときに必ず金額を確認すること!そして細かいお金を用意しておくこと!
皆さんもご注意を☆
[PR]

by miepoohsuke2 | 2012-05-02 04:24 | 旅行(Travel)